化粧品の冷蔵庫が欲しい!冷蔵庫で保管必須のコスメって?

いつも化粧品類は、どこに保管していますか。日本でも冷蔵庫で保管する人が増えています。そんな人におすすめなのが、化粧品の冷蔵庫! 温度変化などに弱い化粧品を、冷蔵庫で保管できるよう開発された化粧品専用の冷蔵庫は、デザインも可愛く機能性もスゴイと人気ですよ。

海外で大人気の化粧品の冷蔵庫!ついに日本にも冷蔵庫

海外で話題になっている化粧品の冷蔵庫が、ついに日本にも上陸し注目を集めています。化粧品は普通の冷蔵庫にいれておけば大丈夫! というのは、少し古い考えのよう。化粧品の冷蔵庫で保管することにより、より効果的に失敗なく化粧品を保管できるので、四季によって気候や気温の変化が激しい日本には、まさにピッタリのアイテムです。

アメリカやヨーロッパだけでなく韓国でも人気

化粧品の冷蔵庫は日本からブレイクしたわけではなく、元々アメリカやヨーロッパでブレイクしたアイテムです。さらに美容大国でもある韓国でもブレイクし、ついに日本でも! SNSや美容系YouTuberの間でも話題になったことで、一般的にも人気がでました。最近では、小型冷蔵庫を化粧品の冷蔵庫にして愛用している人も増えています。

化粧品の冷蔵庫といえば「PINKTOP」ピンクトップの冷蔵庫

この化粧品の冷蔵庫というトレンドをつくったのが、「PINKTOP」です。最初は、クラウドファンディングに登場し、その可愛いデザインと機能性の高さから人気を集めました。寝室においてもOKというほどに音が静か。軽量でコンパクトなのも評価が高いポイントです! どこにおいても邪魔にならないよう配慮されたサイズ感なので、日本の狭い間取りでも使いやすいと評判です。

即完売し再販されるほど日本でもブレイク中

クラウドファンディングに登場するやいなや即完売するほど大人気のPINKTOP。期間限定の販売だったこともあり、再販が強く熱望されました。そんなラブコールに応える形で、日本でも再販されましたが、その際も即完売という結果に。中には、化粧品の冷蔵庫の使い勝手がよくて、2つ目を購入したという人も少なくありません。

化粧品の冷蔵庫は普通のとどこが違う?冷蔵庫と女性

いったいふつうの冷蔵庫と化粧品の冷蔵庫はどこが違うのでしょう。

最も異なる点は、化粧品を冷蔵庫に保存することに特化した機能性です。ドアポケットにはリップスタンドがあり、仕切り棚は取り外しも丸洗いも可能であるなど化粧品を冷蔵庫で保管しやすい作り。さらに、最適な温度で化粧品を保管できるように、温度が3つのモードで設定できるようになっています。

SNSでも話題!ハッシュタグ検索はこのワードで

化粧品の冷蔵庫は海外でもかなり話題になっています! ぜひ海外のつぶやきもチェックしてみてください。TwitterやInstagramなどのSNSで「#skincarefridge」や「#minifridge」とハッシュタグ検索するとヒットしますよ。最近では、PINKTOP以外の化粧品の冷蔵庫も販売されているので、ぜひ比較してみてくださいね。

化粧品を冷蔵庫で保管するワケ(夏の場合)青空

化粧品の冷蔵庫が便利なのは分かったけど、そもそも冷蔵庫に保管しないといけないのか疑問に感じている人も少なくないはず。実は、日本こそ化粧品の冷蔵庫を使うべきなんです! 日本は四季の変化に伴って気温や湿度が大きく変動します。高温多湿や低温になりすぎることも。特にここ最近は例年猛暑となる夏場は、化粧品の保管には厳しい気候条件となります。注意が必要なのです。

高温多湿と強い直射日光を避けるべき理由

化粧品を高温多湿や強い直射日光があたる場所で保管していると、変色や劣化を招いたり、リップスティックなどは溶けてしまうこともあります。流行りの無添加系やオーガニック系の化粧品は、添加物や保存料が入っていないことにより、劣化のリスクが比較的高いといえます。また、開封済みの化粧品は、酸化や雑菌の繁殖を防ぎ品質を維持するために、保管場所選びに気をつかう必要があります。

化粧品を冷蔵庫で保管するワケ(冬の場合)

冬景色「気温が下がる冬は、特に化粧品を冷蔵庫で保管するは必要ない」と考えている方も多いかもしれません。夏は冷蔵庫で保管するのに、冬は部屋に置きっぱなしという人も。

実際には、化粧品は冬場も保管場所に注意が必要です。お住まいの地域や設備によっては室内でも昼夜の寒暖差が激しかったり、保管場所によってはさらに湿度の変化が激しかったりする場合もあります。(洗面所やバスルームなどは要注意。)また、暖房で、場所によっては想像以上に温度が高くなっている場合もあります。

極度の低温や激しい温度差を避けるべき理由

寒さが厳しくなるだけでなく、朝晩や暖房のON/OFFで保管場所の温度が激しく変化する冬。このような保管場所の条件の変化によって、化粧品は、液体が結晶化したり、油分が分離したりすることがあります。成分の変化を招いてしまうと、期待したほどの使い心地が得られなくなってしまうことさえあり得ます。夏同様、冬も化粧品を冷蔵庫に保管するメリットが盛りだくさんなのですね!

どの化粧品を冷蔵庫で保管すべきなの?化粧品

ちなみに、「化粧品はすべて冷蔵庫に保管すれば安心」というわけではありません。アイテムによっては、温度変化に弱いものや成分もあり、冷蔵庫に保管して出し入れすることで、逆に劣化を促してしまうものもあります。そのため、冷蔵庫に保管する場合はアイテムの選別が必要なのです。

スキンケアの場合、保存料の有無が1つの基準です。保存料なしのものは冷蔵庫に保管することを推奨されている場合も。なお、水分と油分が配合されているアイテムは分離しやすいため、冷蔵庫に保管するのはおすすめできません。

 

 

 

化粧品の冷蔵庫は、乙女心をくすぐる可愛いデザインと機能性抜群の使い勝手のよさから、世界中で人気になっている商品。最近では、PINKTOPだけでなく色々なブランドから販売されていますのでぜひチェックしてみてください。お気に入りの化粧品をベストな状態で保存するために、ぜひ化粧品の特徴をよく調べて、化粧品冷蔵庫を活用してみてください。

 

このコラムをSHAREしよう!