バスグッズは空中収納がおすすめ!つるす収納でヌメりしらずのお風呂に

お風呂場に置いておくと、カビやぬめりが気にケア用品やバス用品。まだ置き収納をしている方は、ぜひ今トレンドの空中収納にトライしてみましょう! トライといっても方法は簡単。空間を有効活用したお風呂の空中収納をぜひチェックしてみてくださいね♪

置いて収納はもう古い! 浮かしてつるすのがいい

バスルーム

お風呂掃除で面倒なのは、シャワーやボディソープなどをいちいち持ち上げて掃除しなければならないことですよね。ボトルの底はぬめりやすく、置いていたところにもぬめりがついてしまうので、両方掃除するのも手間になります。そこで最近では、下に直におくのではなく、つるして空中収納するのがトレンドです。すでに実践済みの方もいるかもしれませんね。

パパっと持ち運べて掃除もラクチン

お風呂でつかうアイテムをつるして空中収納する方法はいくつかあり、それぞれを1つずつつるす方法もあれば、まとめてカゴなどにいれてつるしてしまうやり方もあります。どちらの場合も、お風呂掃除が楽になるだけでなく、ボトルの劣化も防げますのでおすすめです。お風呂掃除の手間が減ると、掃除自体が億劫にならないので、お風呂をキレイに保つことにもなります!

お風呂の収納をつるすメリット

シャンプー

風呂場で使う細々としたアイテムをつるして収納することには、メリットがいくつかあります。つるす方法によってもメリットは変わってきますが、共通して言えることはお風呂掃除が楽になるということ! ただでさえ、お風呂は掃除するところがたくさんあります。お風呂場の壁や床、浴槽に鏡など、意外と時間がかかりますよね! できれば余計な掃除場所は増やしたくありません。

つるせば水切りの手間も省ける

そこで、お風呂で使うシャンプーなどはつるして収納するのです。自然と水がしたたり落ちて水が切れますし、ボトルの乾きも早くなります。置きっぱなしで収納してしまうと、シャワーを使うたびにぬれてしまい、なかなか乾燥しづらいですよね。また、接触面は風通しが悪く水が溜まったままになりやすいですが、つるせば接触を避けられます。

ぬめりやカビ対策も万全

髪の毛や体につけて使用するヘアケア製品やボディケア製品は、できれば清潔な状態で保っておきたいもの。つるして収納することで底の風通りがよくなると、ボトルの底がぬめったり、カビの発生も防げます。また注ぎ口などにもカビが生えづらいので、お風呂掃除の度にボトルを掃除する手間もなくなります。

お風呂の収納をつるすデメリット

シャンプー

逆に、お風呂収納でつるすことのデメリットはあるのでしょうか? 空中収納のデメリットはそれほど多くありません。最初にしっかりと準備を整えれば、あとはほとんど手間がかからないのも人気の理由です。「一度つるす収納をすると直接置く収納には戻りたくなくなる」という声も多いです!

つるすための道具や入れ物が必要

お風呂でつるす収納をしたいと考えた場合、最初にそのための道具や入れ物などを購入してそろえる必要があります。少々お金がかかってしまいますが、最近ではアイディアグッズとして100均などでもたくさん取り扱っていますので、コストをおさえることは十分に可能! はじめに必要なのものさえそろえてしまえば、他のデメリットはあまりありません。

お風呂のおすすめ空中収納方法1:マグネットラック

シャンプー

お風呂でのつるす収納は、色々な方法がありますが、一番簡単なのはラックを浮かせてしまうことです。最近では、壁のマグネットを利用して、ラックごと浮かせるタイプの収納も人気があります。マグネット付きのラックさえ買えば、あとは面倒な手順は不要なので、一番シンプルでおすすめです。またマグネット式なので取り外しがラクチンで、掃除が簡単な点もいいですね!

マグネットでラックを浮かす際の注意点

マグネット式のラックは、各種メーカーから販売されていますが、特に人気が高いのは山崎産業のtowerシリーズです。スタイリッシュなデザインで、どのアイテムもおしゃれなだけでなく機能性も抜群。またラックだけでなく、タオルハンガーやフックタイプもあるので、ありとあらゆるものを浮かせて収納可能。ただし、耐荷重には十分気をつけて下さい。

お風呂のおすすめ空中収納方法2:ワイヤーカゴ

ワイヤーかご

使用する時だけ浴室内に持ち込み、使い終わったら脱衣所に移動させたい場合は、ワイヤーカゴが便利です。最近では、100均や無印良品のものが人気が高く、値段が手頃な上に掃除がしやすいのも特徴でしょう。またワイヤーカゴなら水切れがいいので、かご内がカビてしまう心配もいりません。かごの大きさも様々あるので、小分けにする人もいますよ。

タオルバーにフックでかけてカゴをうかす

ワイヤーカゴによっては、タオルバーなどにつるせるように最初からS字のようなフックがついているものもあります。これなら、浴室内で使用中も置き場所に困りません。また使用後に脱衣所に出すのが面倒な場合でも、タオルバーにつるして置けるのでぬめり対策も万全です。掃除の際のみ、タオルバーからサッと外せばいいので、メリットも多いです。

お風呂のおすすめ空中収納方法3:フック

フック

マグネットタイプや吸盤タイプなど、お風呂用のフックはバリエーションが豊富にあります。どんなものを収納するのかによっても使い分けができますし、家族ごとやアイテムごとに分けて収納できるのも便利です。特に細々としたものは、フックを使っての空中収納がぴったりで、カミソリやヘアキャップ、ボディーブラシなどは適しています

ハンギングフックやS字フックを活用

他にも、シャンプーやボディーソープのボトルごとフックにかける収納もトレンドですよね。S字を利用したり、雑貨店や100均などではボトルハンギングフックなども、販売されています。これはボトルにはめ込んでつけるだけで、タオルバーなどにボトルを引っ掛けられるようになっているものです。また、タオルバーがない場合は、シャワーホルダーに取り付けられるタイプもありますよ!

 

 

 

このようにお風呂の収納術は、浮かせてつるす空中収納が主流になってきています。まだ直置きしている方は、掃除も楽になるうえ、清潔な状態を保ちやすくなるので、ぜひ上記の方法を試してみてくださいね。どんな収納方法が一番合っているのか迷った際は、実際に雑貨店や100均に足を運んでみるといいでしょう。色々なタイプの商品がありますので、手にとりつつ比較検討してみてください!

このコラムをSHAREしよう!