「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」て何が違うの?どれを選べばいいの?

コスメを選ぶときに医薬品や医薬部外品、化粧品という表記を見かけたことはありませんか? これらの表記は薬事法より分類されており、どの程度の効能があるのかが明確に分かれています。今回は、医薬品と医薬部外品、化粧品の違いについて解説していきます。

医薬品とは?

手に化粧品を出す人

医薬品は、人や動物の治療を目的として作られた、厚生労働省に認可された成分が配合されている薬を指します。医薬品は大きく2つに分けられ、お医者さんで調剤する処方箋医薬品と、ドラックストアで購入できる一般用医薬品(OTC医薬品)があります。さらに、一般用医薬品は、使用リスクに応じて以下の3種類に分けられます。

  • 第1類医薬品:副作用のリスクや飲みあわせの注意が特に必要なものです。販売時には薬剤師が対応し、情報を提供することが義務づけられています。
  • 第2類医薬品:副作用のリスクや飲みあわせの注意が必要なため、販売時には薬剤師もしくは登録販売者が対応します。薬の情報提供は、事業者の努力義務とされています。
  • 第3類医薬品:比較的副作用のリスクや飲みあわせの注意が少なくなっています。薬剤師もしくは登録販売者が対応し、情報提供の法的規定はありません。

このように、医薬品には服用のリスクが伴います。説明書や販売時に聞いた情報をもとに、注意して使用することが重要です。

医薬部外品とは?

手に化粧品を出す人

医薬部外品は、厚生労働省に認められた成分が一定の濃度で配合されているものを指します。医薬品よりも作用がゆるやかで、治療ではなく予防や衛生を目的として作られたものです。

たとえば、殺菌作用をプラスしてあせもを防ぐクリームや、育毛効果を謳うヘアケア用品などが医薬部外品に該当します。ほかにも、歯周病予防のために使用するデンタルケアアイテムや、制汗剤、虫よけスプレー、コンタクトの洗浄液なども対象です。

また、医薬品と医薬部外品では、販売方法が異なります。薬剤師や登録販売者による情報提供が必要になることが多い医薬品に対し、医薬部外品はその必要はありません。そのため、ドラックストアやスーパーなどで手軽に購入できます

化粧品とは?

お店

化粧品は、医薬部外品よりもさらに効き目がゆるやかで、長期に渡って使用できるものを指します。見た目を美しくしたり肌を清潔にしたりすることを目的として作られています。身体を清潔にするための石鹸や肌を整える化粧水、髪にハリを与えるヘアケアアイテムなどが化粧品に分類されます。また、ファンデーションやマスカラなどのメイクコスメも化粧品に該当します。

化粧品に表示できる効能は、厳しく狭められています。そのため、医薬部外品に表示可能な「にきびを防ぐ」や「メラニンの生成をおさえてシワを予防する」「肌が白くなる」などと謳うことはできません。ただし、化粧品の中には、しっかりと効果のある成分を配合しているものも多く販売されています。成分表をチェックして、自分にあうアイテムを見分けることが重要です。

医薬品・医薬部外品・化粧品の見分け方

コスメ

ここまで医薬品と医薬部外品、化粧品の違いについて解説してきましたが、実際に購入するときは、どのように見分ければいいのでしょうか? ドラックストアではすべてが同じ棚に並んでいることもあり、パッと見ただけでは違いがわからないものが多いですよね。

医薬品や医薬部外品は、パッケージに表記されていることがほとんどです。医薬部外品は、薬用という表記になっている場合もありますよ。また、医薬部外品は、厚生労働省に認可された成分を「有効成分」として表記しています。

このような表示がないものは化粧品に分類されます。コスメを購入するときは、パッケージをしっかりと確認しましょう。

化粧品よりも医薬部外品のほうがよい?

女性

厚生労働省に認可された成分が入っていると聞くと、化粧品よりも医薬品や医薬部外品のほうが身体によい感じがしますよね。

しかし、一概に医薬品や医薬部外品のほうがよいとはいえません。アイテムによって差がありますが、医薬品や医薬部外品には、副作用のリスクがあります。長期間にわたる使用には向いていないものや、刺激の強いものもあるので注意が必要です。

医薬品や医薬部外品だからといって安心するのではなく、どんなコスメであっても肌の様子を見ながら使用することが重要です。また、医薬部外品のコスメを使用しても症状が改善しない場合は、専門医に相談することをおすすめします。

 

 

 

医薬品と医薬部外品、化粧品には、違いがあることがおわかりいただけたでしょうか。パッケージをよく読むと、そのコスメの分類や成分を把握することができます。デザインやなんとなくのイメージだけで化粧品を選ぶのではなく、自分の基準を持って化粧品を選ぶことが大切です。また、アイテムの説明に従うだけでなく肌のコンディションのチェックも忘れてはいけません。肌を大事に、医薬品・医薬部外品・化粧品と上手く付き合っていきたいですね。

このコラムをSHAREしよう!