花粉症には保湿が大事!カサカサの鼻周りは身近なアイテムでケアできる

花粉症、つらいですよね!ニュースにも出るスギ花粉に続いてヒノキ、イネ、ブタクサなど実は日本では年間を通して花粉症に悩む方が続出します。鼻をかみすぎて痛くなる前にやっておきたい保湿ケアをご紹介。スギの時にチェックできなかった方、お見逃しなく!

悩ましい花粉症の症状

女性

鼻水、くしゃみ、かゆみなど、さまざまな花粉症の症状。気になり始めると、どこに行くにも何をするにも不自由ですよね。頭痛やダルさなど、症状が重くなると、仕事や学業にも支障をきたすケースも。

「医療機関で治療をするレベルになれば対処を考えるけれど、まだそこまでじゃない」と市販薬のアレルギー薬に頼っている、でも、花粉で鼻をかむことによる肌荒れなどのケアは後回しにしてきたという人が多いのでは?

なぜ起こる?花粉症による肌トラブル

女性

花粉症の症状といえば、鼻水、くしゃみ、かゆみなどが一般的。中には肌荒れを起こす人もいますよね。

スギの花粉症に悩まされる方の増える春先以降は、紫外線量が増えていきます。冬を終えて乾燥しきった春先の肌は、ダメージを受けやすい状態になりがち。

乾燥しきって弾力を失った、弱った肌には、紫外線や気温の変化、花粉症のために鼻を何度もかむことによる摩擦は良くない刺激となります。花粉によるかゆみから、頻繁に目をこすってしまうことも肌荒れや色素沈着の原因になり得ます。不安定になりやすい季節の変わり目は、なるべく刺激を与えないように注意したいですね。

鼻をかみすぎてカサカサに!ヒリヒリ痛くなることも

女性

花粉の季節になると、びっくりするくらい多くのティッシュを消費してしまいがち。それだけ一日に何度も鼻をかんでいるということでよね。花粉症で鼻が痛くなるという声も少なくはありません。鼻をかみすぎて、いつの間にか皮がむけてカサカサになってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか

一度皮がむけてしまうとなかなか治らないですよね。どんなに肌触りの柔らかなティッシュを使っても、どうしても摩擦が起きて刺激になってしまいます。弱った肌に摩擦は大敵。カサカサになってしまった鼻まわりのケアをご紹介します。

鼻まわりには保湿が大事?!

女性

鼻まわりのカサカサは、鼻をかむことで起きてしまう摩擦や、ティッシュによって油分が奪われてしまうことが原因。ついつい気になって鼻を触ってしまうことも、肌荒れには逆効果です。

鼻は顔の他のパーツよりも立体的な部分でもあるため、紫外線の影響を受けやすいのも原因の一つ。摩擦や乾燥、紫外線によるダメージを放っておくと、毛穴トラブルにつながることも考えられます。

対策として一番効果的なのは保湿ケア。正しい保湿ケアで、鼻まわりのカサカサを撃退しましょう。

ワセリンで花粉から肌を守ろう

女性

花粉による肌荒れを予防するためには、正しい保湿ケアで肌を守ることが大切。花粉対策の保湿ケアとして、ワセリンが効果的といわれています

ワセリンは肌に油膜をつくることで水分蒸発を防ぐ、天然油を精製してつくられた保湿剤。
保湿剤として使われるワセリンですが、目や鼻のまわりに塗ることで、花粉の侵入を防ぐ効果が期待できます。

  • 鼻のまわりに塗る
    鼻の入り口近くに、ワセリンを薄くのばします。鼻の穴の中に花粉が侵入すると、くしゃみや鼻水がとまらなくなりますよね。それを未然に防ぐために、穴のまわりで花粉をキャッチするように塗ってみましょう。保湿もできて花粉対策もできて一石二鳥かも!
  • 目のまわりに塗る
    上まぶたと下まぶたに、ワセリンを薄くのばします。目の中も、花粉が侵入すると辛い部位の一つ。花粉の影響でかゆみや涙が出る前に、ワセリンでキャッチしましょう。目まわりは皮膚が薄くて乾燥しがちな部分。保湿にも効果的です。

花粉症にはリップクリームが便利

女性

ティッシュのかみすぎて鼻まわりがカサカサになったとき、お出かけ先だとじっくり保湿もできず困りますよね。そんな時に便利なのが、リップクリームです

リップクリームを鼻の下に塗ることで、お手軽に保湿することができます。カサついた唇にリップクリームを塗るのと同じ感覚で、こまめに塗るとより効果的。

メンソールタイプのリップクリーム爽快感も与えてくれて花粉症の怠さも和らぐかも!(もちろん、鼻をかみすぎて痛くなっている肌にメンソールタイプは厳禁! ヒリヒリして痛みが増してしまいますものね。)

 

 

以上、花粉症の症状や肌トラブルと、その対策をご紹介しました。鼻水や乾燥、肌トラブルが気になるとお出かけも楽しめません。ワセリンやリップクリームを使ったお手軽にできる保湿が便利です。もちろん丁寧な保湿ケアも大切。ふだんのスキンケアでしっかり正しく保湿したうえで、試してみてくださいね。

このコラムをSHAREしよう!