乾燥対策してる?春の肌には美容液・日焼け止めをプラスして美肌へ

暖かい日の続く春♪ 気分良く過ごしたかったのに鏡を見たら肌がカサついてびっくり! それ、冬の乾燥のせいかもしれません。こちらの記事では春の乾燥におすすめのスキンケアや紫外線対策をご紹介。季節の変わり目の肌トラブルにお悩みの方、必見です。

ダメージを受けやすい春の肌

女性

冬の乾燥を対策しないまま、春を迎えていませんか? 春の肌はとてもデリケートです。冬が終わり春が訪れる頃、冬の乾燥によって肌はダメージを受けやすくなっています。

肌の表面を覆うはずの、肌の水分と油分の混ざり合った皮脂が水分不足で十分に肌をカバーできなくなると、肌の表面の角層の細胞をつなぎとめる細胞間脂質も十分な働きができません。すると、乾燥と肌荒れの進む「バリア機能」のダウンした肌状態に陥りがちになってしまうのです。

気温が不安定で寒暖差も激しい春は、睡眠や体調の崩れやすい時期でもあります。肌状態が悪くなりがちな時期なのですが、紫外線量の増える時期にも重なってしまい、肌には厳しいタイミング。

春こそ「しっかり正しくスキンケア!」を合い言葉に丁寧に肌ケアしていきたいですね。

春の肌には保湿ケアが大切

手に化粧品を出す人

春夏の暖かい季節には、ついつい保湿ケアを怠ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

寒い冬に比べて、皮脂や汗が出やすくなり、さっぱりとしたケアに切り替えてしまいがちですよね。化粧水しかつけていない…そんな方もいるかもしれません。でも意外と春夏こそ、保湿ケアが必要。秋や冬の寒さや乾燥が、本格的にやってくる前のケアがとても大切です。

春は特に、紫外線や花粉、環境の変化など、トラブルが起きやすい季節でもあります。正しい保湿ケアで、デリケートな肌を守りましょう。

春の肌への美容液

女性

春夏は特に、美容液やクリームなどといったアイテムを省いてしまう方も多いのでは?

暖かい季節は、色々なアイテムを塗り重ねるのが億劫になりますよね。化粧水だけしかつけていないという方も中にはいるかもしれません。

春の不安定な肌こそ、しっかりとした保湿ケアが大切!そこでいつものお手入れに一品プラスしたいのが、保湿美容液です。化粧水で潤いを与え、乳液でフタをする。それだけではなく、その間に潤いを保っておいてくれる役割の美容液をプラスするだけで安心。与えた潤いを抱え込んで逃がさないためにも、いつものケアにプラスしてみてはいかがでしょうか。

ふだんからしっかりとお手入れしている!という方は、導入美容液を取り入れてみるのもおすすめです。いつものお手入れの前に導入美容液を加えることで、浸透力や持続性が高まって、より効果的に感じられます。

春の肌への日焼け止め

女性

夏ほど紫外線が強く感じない春ですが、意外と紫外線量は侮れません。真夏ほど暑くないから……と油断していませんか? 春先の空気が澄んだ状態こそ、紫外線の影響を大きく受けやすい時です。

本格的な暑さを迎える前に、きちんと紫外線対策しておきましょう。肌老化の原因となるUVAは、くもりの日でも、窓ガラスを透過して、肌内部まで届くといわれています。日差しの強い夏の日でなくても、きちんと日焼け止めを使うようにしましょう。

春の肌ケアの必要性

女性

寒い冬の乾燥や冷えに耐え、これから紫外線量の多い暑い夏を迎えるという狭間にいるのが春の肌。

ここで正しいスキンケアをしておくことで、今後のダメージに違いが出てきます。

春先の肌は、冬の肌疲れや乾燥などのトラブルを抱えがち。肌悩みは春のうちにしっかりお手入れして改善しておきましょう。そうすることで、これから始まる暑い夏への準備にもつながります。

夏が近づいてきたら

女性

スキンケアを怠りがちな暑い季節。実はこの暑い夏の季節にどれだけ丁寧に肌のお手入れをできるかどうかによって、秋冬の肌ダメージも変わってきます。紫外線、汗、空調など、暑い季節も意外と刺激は多いもの。やはり、ここでスキンケアをサボらずにしっかりとお手入れできるとベスト!

皮脂や汗が出やすい季節は、なかなか乾燥を実感できないという方も多いかもしれません。春夏の肌は、水分不足になりがち。夏は身体も脱水症状に注意して、こまめに水分補給をしますよね。肌も同じです。身体と同じように、水分補給を忘れないように、保湿ケアをしていきましょう。

 

 

 

春の肌の特徴と、必要なスキンケアについてご紹介しました。乾燥というと秋冬の印象を持っている方も多いかもしれませんが、意外と春夏でも乾燥は大敵!季節の変わり目の正しい保湿と紫外線対策こそが、美肌への近道です。冬のダメージを早めに対処して、夏に備えるのが春のスキンケアのポイント。早め早めの対策で美肌を手に入れましょう!

このコラムをSHAREしよう!