お気に入りのボディタオルはどれ?素材や洗い心地にこだわって肌磨きしよう

身体を洗うボディタオル、どんなものを使っていますか?プチプラでも洗えるけれど、肌ざわり・泡立ちなど多くの種類から自分好みのボディタオルを選ぶのもおすすめ。リッチなバスタイムのために洗い心地にこだわってみませんか?

ボディタオルにはどんな種類があるの?

バスグッズ

体を洗うボディタオルにはさまざまな種類があります。

細長いタオルタイプのものは全身を洗いやすく、もっともポピュラーで価格が安いものもたくさんあります。多くの方はほとんど無意識のうちのこのタオルタイプを使っているのではないでしょうか。

柔らかくて脇の下を洗いやすいボディスポンジは、肌触りもとてもやわらかです。手が届きやすいところを丁寧に洗うには最適かもしれません。

柄が長いボディブラシはとにかく背中をしっかり洗えるのが魅力です。背中ニキビが気になる人や、夏に背中が出る服を着る人はボディブラシで見えないところまでくまなく洗いましょう。

また、素材も多種多様で、軽くてカビにくいナイロン、肌にやさしいコットン、自然派さんに人気の天然素材などがあり、使い心地もそれぞれに違います。

以下、素材や使い心地からおすすめできるボディタオルを厳選して、特徴や価格などをお伝えしていきます。

とにかく優しく洗いたい人に!マーナ うさぎのしっぽのボディタオル

バスグッズ

価格:713円(税込)
素材:ポリエステル100%

マーナは140年以上前から続く「心地よい豊かな暮らし」を追求しているブランドです。
こちらの「うさぎのしっぽのボディタオル」は名前の通り、まるでうさぎのしっぽのような柔らかさ!ふわふわモコモコの手触りは一度使ったら手放せなくなりますよ。
石けんを泡立てるとタオルが肌の上をなめらかにすべって、摩擦がほとんどありません。肌荒れしている人や敏感肌の人にもおすすめできます。カラーも4色あるので、好きな色を選べるのがうれしいですね。

たっぷりの泡に包まれたい人に!matsukiyo たっぷり泡立ちボディタオル

バスグッズ

価格:405円(税込)
素材:極細繊維66ナイロン

こちらはドラッグストアで有名なマツモトキヨシのオリジナルブランドのタオル「たっぷり泡立ちボディタオル」です。ナイロン製ですが極細繊維を使っているので、とてもやわらかな使い心地!スッキリ洗いたいけどナイロンのゴワゴワした感触が苦手……という人にぜひ使ってほしいタオルです。
また、「たっぷり泡立ち」という名前がついていますが、使ってみるとその名の通り、モコモコの泡を簡単に作れます。豊かな泡に包まれてスッキリサッパリと洗い上がる爽快感と肌への優しさを組み合わせた、新感覚のナイロンタオルです。

やわらかさを重視したい人に!ベリーニ Bellini 地中海産 天然 海綿 スポンジ ハニコム No. 12

バスグッズ

価格:2,790円(税込)
素材:地中海産天然海綿

ベリーニ Bellini「地中海産 天然 海綿 スポンジ ハニコム No. 12」は、イタリアの皮膚科学研究所で認定を受けた低アレルギーの柔らかなスポンジ。100%天然素材という自然のままの海綿を使用し、赤ちゃんにもおすすめできるほど繊細な肌触りが魅力。
しかもスポンジには天然の無数の穴が開いているため、石けん成分や細菌が残りにくく、とても衛生的に使えます。
また、素材の採取にはダイビングによる一定のサイズ以上のものに限られており、環境に悪影響を与えない100%生分解性というのも支持される理由です。とにかく刺激を避けたい人は、ぜひ試してみてください。

自然派さんに!ゼンミ (天然素材)トウモロコシ生まれのボディータオル

バスグッズ

価格:658円(税込)
素材:トウモロコシのデンプン由来の繊維

ゼンミ「トウモロコシ生まれのボディータオル」は、トウモロコシ由来の繊維から生まれた珍しいタオル。肌触りは硬すぎず柔らかすぎず、ナイロンが苦手な人でも使いやすいので、家族みんなで使えそう。生地がたっぷりの空気を含んでモコモコの泡ができますよ。これなら良いので肌がデリケートな人でもやさしく洗えます。
また、植物由来の土に還る素材でできているため、燃やしても有毒ガスが発生しません。環境を考える人にもおすすめしたいボディタオルです。

めざせ背中美人!無印良品 ポリプロピレンシャワーブラシ

バスグッズ

価格:790円(税込)
素材:(柄)ポリプロピレン (毛)ナイロン

無印良品は低価格で品質重視のものが揃っていますが、こちらの「ポリプロピレンシャワーブラシ」も優秀です。ナイロン製の毛は水切れが良く、適度な硬さがあるので手が届きにくい背中を洗うのにぴったり。背中ニキビが気になる人はこちらでツルツルの背中を目指してみませんか?

自分に合ったボディタオルでステキなボスタイムを♪

バスタイムに欠かせないボディタオルのおすすめを5つ紹介しました。毎日使うボディタオルだからこそ、素材にも洗い心地にもこだわりたいですね。

とくに敏感肌の人は硬いタオルを使うとヒリヒリ痛むこともありますよね。やわらかくなめらかなボディタオルもたくさんあるんです。お風呂タイムが楽しみになるようなタオルを見つけて、ピカピカの素肌作りをしてみませんか?

このコラムをSHAREしよう!