花粉は一年を通して飛んでいる!代表的な花粉症対策とおすすめサプリメント

辛い花粉症。毎年お悩みの人も多いのではないでしょうか?辛い花粉症の症状や原因、服用薬やサプリメント、効果的な対策方法についてまとめてみました。毎年の花粉症にお悩みの人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

辛い花粉症の諸症状と原因

女性

この時期、多くの人にとっては終わったことになっている花粉症。しかし、スギ花粉以外にも花粉症はあります。例えば、関東地方だと2月から10月くらいまでほぼ年間を通して、アレルギー症状の原因となる花粉が飛んでいます。

 

2月~4月 スギ花粉
4月~5月 ヒノキ花粉
6月~8月 イネ科花粉
8月~10月 ブタクサ・ヨモギなどの雑草類の花粉

引用:Q3|花粉症Q&A集(平成22年度)|厚生労働省 より表を作成

多くの人が気にする春先のスギ花粉だけでなく、その他の花粉で悩んでいる方は、周囲が知らないことで理解を得られず不便を伴うことも。

花粉症の症状に悩まされる方のために、まずは花粉症の主な症状や原因をご紹介します。

鼻水・くしゃみ、肌荒れ・かゆみ

鼻水やくしゃみなどに加え、肌荒れやかゆみに悩まされる人も。鼻水やくしゃみが続くと、体のだるさを感じる人も多いですよね。思うように息ができず、体が疲れやすくなり、免疫力が低下する場合も。花粉の付着やマスクによる摩擦が原因で、肌荒れやかゆみに悩む方も増えてきます。

花粉症の原因は抗体反応?

そもそも花粉症の原因が何なのか、知らない人も多いのでは? 免疫機能は私たちの体にとって大切な役割を担っていますが、その免疫機能が過剰に反応してしまった場合に、抗体反応が起こります。過剰な抗体反応によって、かゆみや炎症を引き起こしてしまうことも。

花粉症対策におすすめの方法

グラスと水

辛い花粉症の症状、緩和させるための対策方法はさまざまですが、間違いないのは治療薬による対策。そんな花粉症対策におすすめの治療薬にはどのような種類があるのか、ご紹介します。

抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬

花粉症の季節が始まる少し前から飲み始める、抗アレルギー薬。花粉によるヒスタミン放出を抑える薬です。

すでに花粉症の症状が始まってしまった後に活躍してくれるのが、抗ヒスタミン薬です。

ステロイド薬・漢方薬

鼻づまりが酷い場合に活躍してくれるのが、ステロイド薬。強力な効果を発揮してくれる薬です。慢性的な鼻炎などの場合には、漢方薬が使われることも。

花粉症におすすめのサプリ

水を飲む女性

花粉症と腸内環境とに関係があるとする考え方もあります。腸内環境を整えるサプリメントを日常的に利用することは、医療機関を受診する手間や時間を抑えられる点で注目されています。

カルピス アレルケア

カルピス「アレルケア」は、カルピスの長年の乳酸菌研究から選び出された独自の「L-92乳酸菌」を配合したサプリメントです。1日2粒が目安。乳酸菌を手軽に摂って健やかな毎日を送りたい方におすすめです。

ヘルスエイド ビフィーナEX

ヘルスエイド「ビフィーナEX」は、機能性関与成分として生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)100億個を配合しています。ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されており、排便回数を変化させたい方におすすめです。

花粉症対策にサプリを使うメリットとは?

水を飲む女性

「花粉症があるなら花粉症の薬を服薬すればいいじゃないか」と必ずしもならない理由は、服薬による副作用があるためです。

アレルギー薬は眠気が出ることがある

アレルギー薬で眠気の副作用が出る場合があります。学生の方や仕事で車を運転する方などは常に起きている必要がありますから眠気を避けたいですよね。

アレルギー薬で集中力が損なわれる場合がある

また、集中力が落ちてしまう場合もあります。「インペアード・パフォーマンス(※)」と呼ばれるもので、日常生活に支障が出る副作用は困りものですよね。そんな時にサプリメントはとても便利です。

※参考:薬を飲むと集中力が低下するのはなぜ?|アレグラFX

以上のような点から、症状を抑えるのに効果があるとは知っているけれども、あえて服薬はせずサプリメントなどで穏やかに身体にアプローチする方法をとる方もいます。

薬やサプリに頼らない対策方法

タオルと洗剤

副作用が心配だったり、身体に合わなかったり、薬やサプリメントに頼らずに花粉症対策をしたい! そんな方のために、対策方法をまとめてみました。

室内に花粉を入れないこと

室内に花粉が入らないようにすることも、対策のうちのひとつです。換気をするのは、早朝など花粉の少ない時間帯にするなど、工夫が必要です。洗濯物を外に干す場合には、午前中の早い時間にしましょう。花粉量の多い日は、室内干しが安心です。

外出を控えること

室内に花粉を入れず、外出を控えることが一番の対策方法です。どうしても外出が必要な場合には、マスクだけではなく、花粉用のゴーグルで目を覆うなどするのが効果的。帰宅後は、室内に入る前に、洋服に付着した花粉を外で払い落しましょう。

対策とサプリで乗り越えよう

女性

薬やサプリメント、マスクやゴーグルなど、花粉症にはさまざまな対策方法があります。薬やサプリメントばかりを頼ってしまっても、身体への影響が心配だったり、かといってマスクやゴーグルだけでは効果を感じられなかったり、難しいところ。

マスクやゴーグルによる対策をしたうえで、負担のない範囲でサプリメントを活用するなど、バランス良く取り入れていけると良いですね。

服薬、サプリ……自分に合った対策で少しでも快適に

花粉症の諸症状や原因と、効果的な服用薬やサプリメント、対策方法をご紹介しました。

花粉症は、毎年のことなので、手早く解決できる方法を知っておきたいですよね。特に、仕事や大事な用事など、いざという時に使える対策方法を知っておくだけでも、安心感が違います。

根本的な原因を理解したうえで、自分に合った対策方法を見つけて、花粉症シーズンを乗り切りましょう!

このコラムをSHAREしよう!