花粉症なら要チェック!花粉症対策として摂りたい食べ物、避けたい食べ物

花粉症対策におすすめの食べ物と、避けたほうが良い食べ物をご紹介します! 長年の花粉症でお悩みの人、体質を改善したい人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

食生活で花粉症を改善したい

野菜

アレルギー反応が原因で起こる花粉症。花粉に対する抗体反応により、ヒスタミンが急増することで、くしゃみや鼻水などの花粉症の症状を引き起こします。そんなアレルギー反応を改善するために、食生活ではどのようなことに注意するべきなのか、ご紹介します。

腸内環境を整える

花粉症の症状を抑える上で注目されているのが腸内環境です。腸内の細菌の集まりである「腸内フローラ」が乱れることは、病気のリスクを高めるといわれています(※)

腸内環境を整えることは花粉症の症状緩和にもつながる可能性があります。そこで注目したいのが、乳酸菌を含むヨーグルトなど、腸内環境を整えてくれる食べ物を積極的に摂ることです。

 

※参考:<連載>腸サイエンスの時代 花粉症も肥満も、腸内細菌が影響?!全身の健康を司る大腸|<腸サイエンスの時代>帝京平成大学教授・松井輝明さんインタビュー(下)|Reライフ.net|朝日新聞

花粉症におすすめの食べ物①ヨーグルト

ヨーグルト

乳酸菌がたっぷり含まれたヨーグルトは、腸内環境を整えるのに効果的な食べ物です。特に、ビタミン豊富なフルーツと一緒に摂ることがおすすめ!ビタミンCが豊富なフルーツを選ぶとより効果的です。

手軽に飲める乳酸菌飲料

朝食におすすすめのヨーグルトですが、時間のない方は飲むヨーグルトや乳酸菌飲料で代用するのもおすすめ。手軽に乳酸菌を摂取できる手っ取り早い方法です。

花粉症におすすめの食べ物②チーズ

チーズ

腸内環境を整える発酵食品でありながら、ビタミンも豊富に含まれたチーズは、花粉症の人におすすめの食べ物です。

おやつ代わりにも、プラス一品おかずに加えても、手軽に取り入れられて便利! いつもの食事をちょっとリッチにしてくれる、食事が楽しくなる効果もありますよね。淡々と健康に良い物を摂るのがつまらないという方には特におすすめです♪

花粉症におすすめの食べ物③納豆

納豆

納豆は、食物繊維が豊富にふくまれた発酵食品。ご飯のお供としても、色々なおかずとあわせても食べやすく、取り入れやすい食材です。

比較的安価で、また、季節を問わず入手できる点も魅力的。和食の強い味方としていつもの食事にもう一品増やすのはいかがでしょうか。

花粉症の時に避けたほうが良い食べ物

乾杯する人

花粉症の症状がある時には避けたほうがよいといわれている飲食持つがあります。一つひとつ確認していきましょう。

①刺激のあるもの

実は、花粉症を罹患している方が食事を通じて口の中などの粘膜でかゆみのような刺激を感じるようになる場合があります。「花粉-食物アレルギー症候群」と呼ばれるものです(※)

必ずしも症状を意識できる方ばかりではないかもしれません。口内が敏感になっている可能性があるため、激辛のカレーや東南アジア系の辛い料理などの刺激のある食べ物・飲み物で弱まった組織を傷めることのないようにしたいですね。

※参考:Q&A – 花粉症と食物アレルギー|藤田医科大学医学部 アレルギー疾患対策医療講座

②アルコール

血管を広げる作用があるアルコールは、花粉症の症状を悪化させてしまうと言われています。アルコールを摂取すると、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの放出を促す可能性があるため、花粉症の季節は飲酒を控えましょう。

③果物・野菜にも注意

食物によっては、アレルゲンに似た構造を持つ物質を含むものがあります。例えば、スギ花粉の方の場合ならトマトには注意が必要です。

花粉症では症状が出るけれども食事では大丈夫という方もいますが、もし果物や野菜で何か異変を感じたら医療機関に相談することをおすすめします。

花粉症の時は食事からも自分をいたわろう

食事を撮影する人

花粉症でお悩みの時期に、おすすめの食べ物と、避けた方が良い食べ物を、ご紹介しました。花粉症にお悩みの季節は、ヨーグルトやチーズ、納豆などといった腸内環境を整えてくれる食べ物を積極的に摂ることがおすすめです。

食生活を見直して体質改善を目指すことで、花粉症の症状が緩和される場合も。腸内環境を整えることにつながる食材を摂るようにしたり、刺激物を避けるようにしたり、工夫をしながら花粉症対策してみてくださいね。

このコラムをSHAREしよう!