花粉で肌荒れが起こるの?花粉による肌トラブルへの対処法のポイント

「最近、肌の調子が不安定。マスク荒れかな?」ひょっとしたら花粉症のせいかもしれません。実は年間を通して飛んでいる花粉。気になる花粉症による肌荒れや、花粉皮膚炎とおすすめのスキンケアなどをご紹介します。

その肌荒れ、花粉のせいかも?

女性

花粉症の症状というと、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどを思い浮かべがち。しかし、肌に付着した花粉によって赤みやかゆみが引き起こされることもあるんです。

もしあなたの肌荒れの原因が花粉なら、正しい花粉対策で肌の調子が回復するかもしれません。

髪の毛の付着した花粉も肌荒れの原因に

「マスクで顔を覆っているから大丈夫」と思うかも知れません。しかし、髪の毛が盲点になっていませんか?

帰宅してからマスクを外している方がほとんどと思います。家でマスクを外した後は、髪に付着した花粉が肌に触れる機会が増えますが、これが花粉による肌荒れにつながることも。

帰宅後にはなるべく早く髪を洗う、帰宅後から入浴までは髪をまとめておくなどの対策を試してみるのがよいでしょう。

花粉皮膚炎とは?

女性

花粉皮膚炎とは、花粉が原因で起こる肌荒れのこと。主に、目の周りや頬、口の周りなどに症状が出る場合が多いです。

花粉皮膚炎になりやすい人とは?

もともとアレルギー体質の人や、肌が弱い人は、花粉皮膚炎になりやすいと言われています。

かゆみを我慢できずに引っかいてしまうと悪化につながりやすいです。皮膚についた花粉が炎症を引き起こすので、

  • 肌に花粉をつけない
  • 肌についた花粉を落とす

などの対策が必要です。

花粉による肌荒れの予防法

女性

まずは、花粉が肌に付着しない対策を考えてみます。また、それでも付いてしまった花粉による影響をなるべく小さくできるようにする方法も合わせて行うのがおすすめです。

花粉から肌をガードする

外出時のファッションに注目。顔や首など、衣服によって守られていない部分をいかにガードできるかが、ポイントです。

例えば、マスクや眼鏡をつけたり、襟なしのカットソーではなく襟付きのシャツを選んだり、スカーフを活用したりするとよいでしょう。

つるつるした素材の服を選ぶと、花粉が付着しにくくて安心です。衣服や寝具を洗濯する際には、浴室乾燥機を使う、衣服乾燥機能のある除湿機を使う、コインランドリーの乾燥機を使う(※)など、極力花粉に触れないように工夫しましょう。

※タンブラー乾燥のできない衣類があります。洗濯表示に注意しましょう。
参考)平成28年12月1日からの新しい!衣類の「取扱い表示」(PDFファイル)|消費者庁

肌のバリア機能を正常に保つ

肌の角質の水分・油分をバランス良く保つことは、肌のバリア機能を正常に保つのに役立ちます。

水分を補うアイテムや、水分の蒸発を防ぎ角層を柔らかくする油分のあるアイテムの両方を使って、コンディションを整えることが大切です。

肌をこすると肌の表面の角層が乱れてしまうため、洗顔などではたっぷり泡立てるなどして摩擦を控えましょう。また、洗顔後は乾燥させないように充分な保湿を心がけるようにしましょう。

花粉による肌荒れ対策

女性

肌のかゆみや赤身、化粧のりの悪さなどの変化を感じたら、早めに対策しましょう。改めてスキンケアや、睡眠・食事の回数・水分摂取などの生活習慣を見直してみるのがおすすめです。

それでも他に原因があるようなら、別の方法を考えるのも大切。悪化してしまってからでは治療に時間がかかってしまう場合もあるので、医療にかかる必要のある花粉皮膚炎のように思えたら、アレルギー科や皮膚科などの医療機関を受診しましょう。

花粉症には正しいスキンケア!

女性

毎日のスキンケア、正しくできていますか? 肌トラブルにお悩みの場合には、毎日のスキンケアの方法を見直すことが鍵になることも! 肌に負担をかけない正しいスキンケア方法で肌を整えましょう。

正しいスキンケア方法

正しいスキンケア方法を語るうえで、絶対に避けて通れないのが、クレンジングと洗顔です。肌に負担をかけずに、やさしく洗い上げることがポイント。タオルを使うときにも、摩擦をかけないようにふんわりと押さえて水分を吸いとるようにしましょう。

肌を清潔に洗い上げたら、適度な保湿が必要。刺激を与えるのは好ましくないため、パッティングは行わないか、行うとしても控えめに。やさしく入れ込むように、化粧水と乳液、美容液、クリームなどを使って保湿しましょう。

日焼け止めで花粉から肌をガード

花粉や外的刺激から肌を守るためにも、外出時は日焼け止めと適度なベースメイクで肌をガードしましょう。メイクをする時も、刺激を与えないように注意が必要です。

肌が不安定なときにはスキンケアを変えない!

女性

肌トラブルを起こすと、「使っている化粧品が合わないのでは?」と考えて即座に化粧品を別のものに替えてしまう人も多いです。

でも、肌が敏感な状態に傾いているときに新しい化粧品に切り替えるのは、慎重にすべきです。使っている化粧品に刺激を感じるのなら使うのをやめてみるのは一つの方法ですが、それまでは問題なく使えていた化粧品であれば別な理由がある可能性が高いです。

また、肌の調子が悪いときに新しい化粧品に切り替えることでのトラブルを防ぐという観点からも、避けたほうが安心です。

花粉による肌荒れには花粉対策&スキンケアが重要!

季節の変わり目の肌荒れ、ひょっとしたら花粉皮膚炎かもしれません。花粉皮膚炎の症状や、花粉による肌荒れに対する対策をご紹介しました。

正しいスキンケア方法やメイク方法を確認して、肌に負担をかけないように見直してみませんか? 正しい予防と対策で、肌に負担をかけずに花粉の時期を乗り切りましょう。

このコラムをSHAREしよう!