春から急増する紫外線を徹底ブロック!今から始めておくべき日焼け対策とは

真夏のような日差しの強さや晴れ間でなくても、一年中降り注いでいる紫外線。特に春以降、肌にダメージを与える紫外線量は夏と同様ピークを迎えるため、早めの日焼け対策が必要です。紫外線から肌や体を美しく守る方法をたっぷりレクチャーします。

春の紫外線量は真夏と変わらない

日焼け止め

地上まで到達する2種類の紫外線のうち、B波と呼ばれる「UV-B」は、肌の表面やメラニン色素にダメージを与え、シミ・そばかすを引き起こす、真夏に最も量が多くなる紫外線です。

一方でA波と呼ばれる「UV-A」は肌の奥にある真皮にじわじわと到達し、日焼けだけでなく、たるみやしわにつながる紫外線。このUV-Aは4月から一気に増加し、真夏と変わらない紫外線量に急増するため、春先からしっかりと対策しなければ肌老化が進んでしまうのです。

日焼け止めはPAに注目して選ぶ

帽子とバッグ

クリームやジェルなどの日焼け止めアイテムを選ぶ際は、SPFやPAの記載を必ずチェックしましょう。

実は「SPFの数値が高ければ安心」というわけではないので注意が必要です。

波長の長い紫外線「UV-A」への日焼け止め対策PAの値をチェックしないといけないんです。日本国内で販売されている日焼け止め化粧品のPA値は4段階のレベルで示されており、+の数が多いほど防御力が高いです。

肌をしっかりと紫外線から守りたいなら、PA値が最も高い「++++」の日焼け止めをおすすめします。

室内でも日焼け止めは小まめに塗り直そう

化粧品を手に出す人

部屋の中や車、電車など直射日光のあたらない屋内で過ごしていても、実は紫外線を浴びていると知っていましたか? UV-Aは、雲や窓ガラスを通り抜けやすい性質があるため、天候や屋内外に関わらずデイリーケアとして日焼け止めは必要なのです。

SPFやPAの値が高いと紫外線の防御力は高いですが、日焼け止めの種類や使用量、体質などによって日焼けの度合いや防御できる時間は異なるので、室内で過ごす日もできるだけ小まめに塗り直すことをおすすめします。

汗や摩擦を感じやすいレジャーや炎天下の下で過ごす際は、2時間に1回のペースを目安に塗り直しましょう。

エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション T

エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション

エリクシール シュペリエル デーケアレボリューション Tは、乳液と日焼け止め、化粧下地の働きを兼ね備えた日中用の美容乳液です。SPF30・PA++++と春のUV対策をしっかり叶えてくれる紫外線防御力で、一日中室内で過ごす日のケアにもおすすめ。大人肌にうれしい、うるおいやツヤも持続します。

均一に日焼け止めを塗らないと意味がない?

日焼け止めを塗る人

日焼け止めに記載されているSPFやPAの値だけで、安心するのはNG。塗り残しや塗りムラがあると、日焼け止めが足りていない部分は紫外線の防御力が弱い状態になってしまい、シミや日焼けを引き起こしてしまうので、均一に塗ることがとても大事なのです。

特に首や腕の後ろ、目の周り、耳などは塗り忘れの多い箇所。汗をかきやすいパーツにも気を配りながら、隙間を作らないように塗ることを毎日の習慣にしましょう。

サンカット プロテクトUV スプレー

サンカット プロテクトUV スプレー

塗りにくい背中や首の後ろ、耳周りやうなじにはスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。サンカット プロテクトUV スプレーは、国内最強値のUVカットで汗や水、皮脂にも強く高密着。レジャーや塗り直し用にも一つ持っておくと便利です。

バリア機能を高めるスキンケアで紫外線から肌を守ろう

化粧品

肌を外的刺激から守るバリア機能が衰えると、肌は紫外線の影響を受けやすい無防備な状態に。紫外線が侵入しやすくなることで、乾燥ダメージやメラニン色素の生成、真皮でハリや弾力を生む繊維芽細胞の損傷が進んでしまうので、角質層にうるおいを与える保湿ケアは日頃から徹底しておきたいですね。

シミやソバカスが気になる人は、メラニンの生成を抑えシミやソバカスを防ぐ効能が厚生労働省より認められている「美白有効成分」を配合したスキンケア製品をとり入れれば、肌老化の予防にもつながりますよ。

トランシーノ 薬用 ホワイトニングリペアクリームEX

トランシーノ 薬用 ホワイトニングリペアクリームEX

トランシーノ 薬用 ホワイトニングリペアクリームEXは、美白有効成分「トラネキサム酸」や、ダメージから肌を守る保湿成分「エクトイン」を配合したナイトクリーム。一晩中じっくりと角質層まで成分を閉じ込め、日中の紫外線ダメージをケアしながらうるおいと透明感に満ちた肌を育みます。

紫外線ダメージを修復するインナーケアにも注目

サプリメント

外側からだけでなく内側からのUVケアもあわせて行うことで、さらに紫外線対策がレベルアップ。UVダメージから肌を守る「飲む日焼け止め」や、紫外線による酸化ダメージを防ぐ抗酸化作用の高い栄養素を含んだサプリメントをインナーケアにとり入れれば、日焼け予防やリカバリーにつながりますよ。

塗る日焼け止めと併用し、内側から修復する力を高めて肌老化や日焼けを食い止めましょう。

ロート製薬 ヘリオホワイト

ロート製薬 ヘリオホワイト

ロート製薬 ヘリオホワイトは、紫外線を浴びることで発生する活性酸素、フリーラジカルを破壊するシダ植物由来の成分「ファーンブロック」を含有した、日本国内製造の美容補助食品。ハトムギエキスやビタミンB群などの美容サポート成分も入っており、内側からの紫外線対策を叶えます。

 

 

 

紫外線対策は春からしっかり始めることで、日焼けや乾燥、肌老化をブロックできます。肌や体を美しく守るためにも、適切な方法で早めのケアを心がけましょう。

このコラムをSHAREしよう!