「SPF」や「PA」とは?今さら聞けない日焼け止めの基本と選び方を知ろう

市販の日焼け止めに記載されている「SPF」や「PA」の意味を知っていますか? それぞれの役割を理解した上で使用シーンや肌悩みに寄り添いながら選べば、自分に合う日焼け止めが見つかりますよ。もう迷わない、日焼け止めの選び方や表記の見方を教えます!

SPFは紫外線B波を防御できる指数

女性

地上にまで降り注ぎ人間の皮膚に影響を及ぼす紫外線のうち、表皮にダメージを与えやすい紫外線B波(UV-B)を防御する効果を示した数値が「SPF」です。

UV-Bは肌に炎症を起こし赤くなるサンバーンや、肌表面を黒くさせる日焼け、メラニンを過剰に生成しシミやそばかすの原因をつくる紫外線。つまり、日焼け止めに記載されているSPFの数値は日焼けに関わる防御力の高さを表すのです。

日本国内では「SPF 50+」という数値が最も最大であり、紫外線B波から肌を守る高い効果も期待できます。

PAは紫外線A波を防御できる指数

女性

地上にまで到達する紫外線の約95%を占めており、人間の皮膚の真皮にも影響を及ぼすのがUV-Aと呼ばれている紫外線A波。このUV-Aを防御する効果を示した指数を「PA」といいます。

UV-Aは短時間で一時的な黒化を引き起こすだけでなく、真皮にあるハリや弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンを長時間かけて破壊し、しわやたるみなどを引き起こす紫外線です。

さらに雲や窓ガラスも通す性質であるため、天候や屋内でも予防は必須です。日本国内では「++++」という値が最も最大であり、紫外線A波から肌を守る高い効果も期待できます。

数値が高くても日焼け止めの塗り直しは必要?

日焼け止めを塗る人

SPFやPAの値はそれぞれの紫外線の防御効果を示す指標であり、数値が高いからといって長時間のUVカットが必ずしもできるわけではありません。

もともともっている皮膚の栄養素や肌質、体質、アフターケアなどによって人それぞれ紫外線による影響や負担のかかり方は異なりますので、油断しないように状況や場所に応じた日焼け止めの塗り直しを行いましょう。

汗や水、皮脂、摩擦なども日焼け止めが落ちやすい要因の一つです。紫外線の防御力を一定に高めておきたいなら、2時間おきなど小まめな塗り直しをおすすめします。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違い

日やけ止めには紫外線を防御するための添加物、「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」が使用されています。

紫外線吸収剤は吸収したUVを熱や赤外線などのエネルギーに変換し放出することで、紫外線ダメージを防ぐ仕組み。紫外線散乱剤に比べUVの防御力が高いメリットがありますが、皮膚の上で化学反応を起こすため、ケミカルな成分で肌荒れを起こしやすい敏感肌の人には負担が強い場合もあります。

一方で紫外線散乱剤は、肌の上で薄い膜をつくりUVを反射・散乱させて紫外線ダメージを防ぐ仕組みです。肌への刺激はやさしいですが、紫外線散乱剤は粘土質の細かいパウダーでできているため、粉っぽさや乾燥を感じる場合もあります。

どちらかではなくどちらもバランスよく含まれている日焼け止めもありますので、肌の調子や用途に合わせて表示を確認しながら選びましょう。

ニーズに合わせて使い分けたい!おすすめの日焼け止め3選

日焼け止め

炎天下や長時間の外出で汗をかく日、室内や曇りの日など、紫外線のダメージリスクは過ごし方や場所によって大きく異なります。肌への負担を減らしながら効率のいいUVカットを叶えるために、自分に合う日焼け止めを上手に使い分けましょう。

ALLIE エクストラUV N

ALLIE エクストラUV

ALLIE エクストラUV Nは、UVカットは国内最高値のSPF50+・PA++++。紫外線を強力にブロックするだけでなく、ジェルベースで全身に使用できる使い勝手の良さにも定評があります。

汗をかくレジャーやスポーツシーン、水に触れるプールや海にも安心なウォータープルーフタイプ。さらに擦れにも強いフリクションプルーフで、長時間塗り直しができないときにも心強い日焼け止めです。

ドゥーエ 日やけ止め ノンケミカル

ドゥーエ 日やけ止め ノンケミカル

ドゥーエ 日やけ止め ノンケミカルは、その名の通り、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルな日焼け止めです。低刺激処方なので、紫外線吸収剤入りの日焼け止めで皮膚がピリピリしやすい人におすすめ。SPF45・PA++++と、日中の紫外線は十分にカバーでき、PAが最高値なので室内で過ごす日や肌老化が気になるときにも安心です。

うるおいバリアをサポートするキシリトール配合で、乾燥からも肌を守ってくれます。

ドクターシーラボ スティックUV

ドクターシーラボ スティック

ドクターシーラボ スティックUVは、外出先でも場所を選ばずスマートな塗り直しができる、スティックタイプの日焼け止めです。バッグの中でもかさばりにくいサイズで液漏れの心配もなく、持ち運び用にも便利。

塗るとサラッとした仕上がりで、皮脂吸着パウダー入りのため汗や皮脂が出やすい人にも快適な使い心地です。UVカット数値はSPF50+・PA++++と国内最高レベルですが、無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコール無添加で、敏感肌さんにも刺激を感じにくい処方です。

 

 

 

日焼け止めの性質や特徴、表記の意味を理解した上で選べば、自分にとってベストな紫外線対策につながります。小まめに塗り直すことや紫外線を浴びた後の肌ケアもしっかり行い、UVに負けない透明感のある素肌をキープしましょう。

このコラムをSHAREしよう!