【メンズメイク初心者向け】自然でバレない!基本のメンズメイク講座

SNSやリモート会議も主流になりつつあり男性でも日常的にメイクを行う人が増えています。そんななか「何を買ったらいいのかわからない」「どう使えばいいの?」 など迷っている方も多いはず。初心者にもわかりやすいメンズメイクの基本を伝授します。

メンズメイクの第一歩はスキンケアから

化粧品を手に出す人

メンズメイクを始める前に、必ず見直しておきたいのがスキンケアです。肌の土台が乱れていると、皮脂が出やすい男性は特に、メイクが崩れやすくなってしまいます。身だしなみを整えるように毎日の習慣にしたい、基本のスキンケアのやり方を解説します。

洗顔は泡でやさしく皮脂を落とす

男性がやりがちなのが、皮脂やべたつきを落とそうとしてゴシゴシと洗うこと。摩擦をかけると肌を守ろうとして余計に皮脂が出やすくなってしまうので、泡で肌表面の不要な汚れをやさしく落とすイメージで洗いましょう。

化粧水で肌にうるおいを与える

洗顔後の肌は乾燥しやすく、そのままにしておくと肌トラブルが起こりやすい状態に。500円玉大程度の化粧水を肌になじませ、肌にうるおいを与えましょう。化粧水には皮脂の分泌を整える役割もありますので、男性にも必須です。

乳液で保湿しながらなめらかな肌に整える

化粧水で与えたうるおいを逃さないようにするために、油分の入った乳液を使います。保湿できるアイテムはクリームやジェルなどもありますが、メイクを始める前に乳液を使うと油分と水分のバランスが整い、なめらかで化粧のりのいい肌に仕上がるのでおすすめです。使用量は10円玉大が目安です。

自然で健康的な素肌に見せるベースメイクのやり方

ファンデ―ションとスポンジ

ニキビや毛穴の開き、青髭、日焼け、クマなど、メンズ特有の肌悩みをカバーするベースメイクに必要なアイテムややり方をレクチャーします。肌をサッと整えるだけでも、フィルター要らずで引き締まったカッコいい表情に見えますよ。

今さら聞けない?基本のベースメイクアイテムを解説

ベースメイクの基本であり女性なら当たり前のように使用している化粧下地やファンデーション、フェイスパウダー。名前だけではなく、実はそれぞれ異なる役割があります。

化粧下地はファンデーションを塗る前に肌の凹凸をフラットにしたり、ファンデーションを密着させて崩れにくくする働きがあります。ファンデーションをそのままのせるより美しい仕上がりが長時間保たれるので、ベースメイクに欠かせません。

ファンデーションには色で肌のムラをカバーし均一に整えたり、摩擦や乾燥のような外的刺激から肌を守る役割があります。

ファンデーションの上に重ねるフェイスパウダーはファンデーションの余分な油分や皮脂をおさえ、崩れ防止や肌質をコントロールするために使用するのが一般的です。

メンズメイクには1本で多機能なBBクリームがおすすめ

ウーノ フェイスカラークリエイター

ウーノ フェイスカラークリエイター(ナチュラル)

ベースメイクアイテムをあれこれ揃えると、時間や手間がかかって難しいもの。メンズメイク初心者さんには1本で化粧下地とファンデーションの機能を兼ね備え、パウダー不要で整うBBクリームがおすすめです。

0.5~1.0cm程度を手の甲にとり、ムラにならないように少しずつ全顔にのせましょう。

少し整えれば清潔感も増すアイブロウのやり方

アイブロウケアアイテム

実は、顔の印象を大きく左右する眉。女性と違い、手を加えすぎるとばっちりメイクしたような仕上がりになってしまうので、清潔感のあるアイブロウに整えるイメージで、自眉をいかしながら自然なメイクをしましょう。

眉毛の処理に必要なアイテムと基本のやり方を解説

眉毛を自然に整えるのに必要な基本の道具は眉カット用のはさみ、毛抜き、コームです。まずは自眉のラインやカーブから大きく外れた眉下の毛を毛抜きで抜きます。痛みが気になる場合や使い慣れている人はカミソリでもOK。

次にコームを使用し、眉毛を毛流れに沿ってとかします。コームからはみ出た毛は長すぎてボサボサに見えてしまうため、はさみで少しずつカットしましょう。毛流れに合わせてコームを当てるのが失敗しないコツです。

メイク初心者はアイブロウペンシルで隙間を埋めて

ルオモ アイブロウペンシル 02 アッシュグレー

ルオモ アイブロウペンシル 02 アッシュグレー

メンズメイクの初心者さんがしっかりアイブロウに色をのせたり、大幅に眉の角度やカーブを変えてしまうと不自然で悪目立ちしてしまいがち。毛と毛の隙間が目立つ部分に一本一本書き加えるイメージで均一に毛流れが整うように、アイブロウペンシルで少しずつ描き足してください。

初めて使用するなら、ブラウンやブラックよりも発色がナチュラルなグレーのアイブロウペンシルがおすすめ。片眉だけを鏡で見ずに、時々鏡から顔を引きながらバランスを見て描いていけば失敗しませんよ。

 

 

 

メンズメイクを始めたい男性におすすめできる、テクニック不要で自然に仕上がるコスメやメイク方法を紹介しました。アイシャドウやアイライナーのような「いかにもメイクをしている!」というアイテムは使っておらず、簡単で今よりカッコよくなれるアイテムや基本のやり方なのでぜひ、試してみてくださいね。

このコラムをSHAREしよう!