今年の「今っぽ眉」はほどよいゆるさがポイント!

マスクをしていると特に目から上が目立ちます。特に表情の変化に一役買っている眉毛は注目されがち。だから、定番の描き方で完璧とはいえないんです。トレンドからずれた描き方だと老けて見られることも! 今っぽい眉メイクで一味違う自分になりましょう!

眉毛にだってトレンドがあるんです!

女性

顔の印象を大きく左右する眉毛。重要なパーツなので人の目がとまりやすいです。となると気をつけたいのが眉メイク。昔、コスメカウンターや雑誌を通して教わった眉の描き方をずっと守っていませんか?

トレンドのアイテムを時々買い足していても要注意。眉毛がいつもと同じでは今っぽいメイクは未完成のままです。アイシャドウやチークにリップなどは色味や素材が注目の的となります。同様に、眉メイクにもトレンドがあり、使うアイテムの素材や色使いなどが注目されています。

いつも同じ眉毛はもう古い

眉メイクアイテムにトレンドがあるのと同じように、眉毛の描き方にも流行廃りがあります。小さな変化だと「別にいつものと変わらない」と思って見逃してしまうものですが、何年も変化させないでいると、時代遅れのあか抜けない印象になってしまいます。

何となく眉毛を描き足して、アイブロウマスカラを使っておしまいにしている人も多いよう。自分の眉の形を活かすのも大切ですが、少し手を加えるだけで、顔の印象はがらりと変わります!

ほんの一手間であか抜けられるので、「眉毛でイメチェン」は断然おすすめです。

眉毛トレンドの歴史もおさらい

女性

眉の描き方のトレンドの歴史をさかのぼると、自分の眉の描き方がどの時代で止まってしまっているのかが、よくわかります。いくらトレンドのメイクアイテムを使っていても、眉毛が昭和・平成のままではアンバランスな仕上がりに。まずは、自分のメイク方法がどこでストップしてしまっているのか確認してみましょう。

あなたの眉毛はどの年代で止まってる?

例えば、1980年代極太眉が流行りました。その後、1990年代になると「アムラー(安室奈美恵のファッション・メイクを真似たファンのこと)」の影響などもあり、極細眉がトレンドに。やがて、2000年代にはアーチ形眉2010年代は困り顔ブームもあり平行眉も流行りました。

あなたの眉、これらのどこかから止まっていませんか?

「令和の今っぽ眉」トレンドはこれ

スクリューブラシを持つ人

令和になってからも、眉毛の描き方は少しずつ変化しています。これまでは、しっかりと手入れをして形を整えている眉毛がトレンドになっていました。が、最近はナチュラルさを残すのがポイントに

インターネットがPCユーザーからスマホユーザーまで幅広く浸透して、視聴する映像もテレビから各種インターネットコンテンツに変わりました。真似をしたくなるファッションも多様化しているので、どんな服装にもマッチする、個性の強すぎない眉がトレンド入りしています

「ナチュラル」+「ちょい足しのみ」がコツ

令和の今っぽ眉にするためには、とにかく不自然になりすぎないのが大切です。自眉のふさふさ感も残しつつ、足らないところに色を足してあげる程度にメイクするがコツになります。眉を描いている感が前面に出てしまうと、お手入れいっぱいのレガシー眉になってしまうので、やりすぎには注意してください。「形を整える&ちょい足し」が目標です!

令和におすすめトレンド眉1:ナチュラル風平行眉

女性

令和の眉は自然体がポイントですが、自眉の形によってデザインは色々あるでしょう。さらに今年っぽさを出すなら、次の3つをおさえておきましょう。まずは、平行眉です。眉の上下が平行になっていて、少し太めで直線的なラインなのが特徴です。そのため、眉の印象が強く出るので、凛とした女性のイメージしたい方におすすめですよ。

眉山の下にちょい描き足すのがコツ

自眉を整えて平行眉に仕上げるには、眉山から眉尻にかけて、まずはなるべく凹凸がないように平行に形を整えて下さい。そのあと、毛の薄い部分などをアイブロウパウダーなどで軽く埋めていきます。最後に眉マスカラでカラーリングしましょう。その際に、眉頭から眉山まで太さが均一に見えるように、眉山の下に毛を描き足してみてくださいね。

令和におすすめトレンド眉2:ナチュラル風カラー眉

女性の目元

最近特にトレンドになっているのは、このカラー眉です。今まではアイブロウマスカラは、ブラウン系のカラーバリエーションがメインでした。最近では、ピンクブラウン系やカーキブラウン系など、少し色味を持たせたアイテムが増えています。眉毛に色がのると、顔の印象がぐっと華やかになり、トレンド感も増しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

初心者におすすめなのはピンク眉

カラー眉は、個性が強くなりすぎないか心配という初心者の方には、ピンク眉から始めてみるのがおすすめ。ピンク系やレッド系のアイブロウマスカラは、程よい赤みがのったブラウンベースの色味になっています。そのため、普段のメイクにも取り入れやすく、眉うきすることもありません。プチプラブランドからも、沢山でていますのでチェックしてみてください。

令和におすすめトレンド眉3:ナチュラル眉

女性の目元

そして、じわじわとトレンドになっているのが、ナチュラル眉です。アイブロウマスカラで色味を変えたり、描き足したりせず、ナチュラル眉はもっと自眉を活かすものです。メイクで作りこんでない素肌感を大切にするメイク方法なので、アイブロウマスカラもクリアタイプを使用します。自眉の流れを整えるだけのシンプルさです。

自眉が薄い人は注意が必要

ある程度形を整えたら、あとはクリアカラーのアイブロウマスカラでツヤを与えて、毛の流れを整えるだけなので、休日にナチュラル眉をとり入れている方も多くいます。ただし、自眉が薄い方は「足りない」印象が強くなってしまう可能性があります。お手本を見ながら、メイクとのバランスに気をつけてください

 

 

トレンドメイクには眉毛の描き方が重要。定番の眉メイクが決まっていたなら、ぜひこの機会にトレンドの描き方をとり入れてみてください! 眉毛の描き方ひとつで、顔の印象はがらりとかわります。好きな有名人の眉毛のタイプをチェックして、真似してみるのもおすすめです。もちろん、顔全体のバランスが整うように、他の顔パーツとの大きさのバランスも、忘れずに確認してみてくださいね。楽しい眉メイクタイムをお過ごしください♪

このコラムをSHAREしよう!