マスク美人になるために!目元メイクのコツ

マスクを着用していると、見えるのは目元だけになってしまうので、目もとのメイク方法で印象ががらりと変わってしまいます。ふだんと同じようにメイクしているだけでは、実は損している場合も。美人顔に見える、マスク用の目元メイクに少し変えてみませんか。

マスク美人は目元メイク美人だった

マスクをする女性

マスクをすると目から下の部分は隠れてしまうため、目元の印象がそのまま顔の印象になってしまいます。そのため、目元のメイクを少し工夫するだけで、あっという間に美人顔に変身できるのもメリットですよね。そこで、マスク着用時に使える、目元メイクのコツをご紹介します。簡単にできるものばかりですので、ぜひとり入れてみてはいかがですか。

マスク映えしたいなら目元の印象UPを!

マスクで顔の半分以上が隠れてしまうので、目元のメイクの印象が薄いと、のっぺり顔に見られがちです。また、目元に色味がないと、まるで化粧をしていないかのような印象も与えてしまいます。

そのため、マスク着用時は少しだけ目元に色味を持たせてるのがコツです。ふだんのメイクよりも少しだけ、色味の強いアイテムを使うようにしてみてくださいね!

マスク美人はこんなメイクがポイントに

マスクをする人

マスクを着用している際、顔のパーツで唯一見えるのが目元です。そのため、目元に立体感やメリハリを持たせるのが重要です! そうしないと「のっぺり」した印象になり、見る人の目線はマスクに奪われてしまいます。

後から「あの人、どんな顔だったっけ?」というような印象になってしまうのは、コミュニケーションのうえでも好ましいとは言いがたいです。「ちょっと気合いを入れよう!」というくらいにアクセントになるメイクを心がけるのをオススメします。

目元の印象=顔の印象になることを忘れずに

目元のメイクが薄くても、メイクをしている際はマスクを外しているので気づかないことも多くあります。そのためメイクが終わったら、あるいはメイクの途中から、一度マスクをして鏡をチェックしてみましょう。マスクをした状態で目元の印象が薄かったり華がないと思ったら、もう少し目力が出るメイクになるよう調整してください。

マスク顔メイクにおすすめ1:ブラウンアイシャドウ

コスメ

マスク着用時のメイクでおすすめなのは、ブラウン系のアイシャドウです。アイシャドウパレットの中に、明るさの違うブラウンアイシャドウが複数入っているものも沢山でているので、ぜひ活用してみてください。ブラウン系のアイシャドウなら、目元の凹凸もつくりやすく、どんな肌色にもなじみやすいのでメイク初心者でも使いやすいです。

オレンジブラウンやピンクブラウンもいい!

ブラウンがベースになっていれば、オレンジやピンク系のアイシャドウもチャレンジしやすいでしょう。ブラウンが入ることにより、明るすぎになったり派手すぎないので、どんな服装にも合わせやすいのもポイントです。またラメ入りタイプのアイシャドウも多数ありますので、華やかさも簡単にプラスすることができますよ。

マスク顔メイクにおすすめ2:くすみ系アイシャドウ

アイシャドウ

くすみ系の色を目元にのせてしまうと、目元の印象が薄れてしまうのでは?と思う方も多いようですが、実は逆です。アイライナーやマスカラをしっかりとつけている場合、アイシャドウの色味が強すぎると、とても派手なメイクの人になってしまいます。目元のメイクが強すぎると、顔全体の印象も濃くなりすぎてしまうため、くすみ系アイシャドウもおすすめです。

ダスティーピンクも大人可愛い

くすみ系のアイシャドウは選ぶのが難しいという方には、ダスティーピンクのアイシャドウがおすすめです。通常のピンクよりも大人っぽさを簡単に演出できる上、ブラウン系のアイラインやマスカラとの相性も抜群です。細かいラメが入っているタイプなら、より上品な華やかさもプラスできますので、ぜひ使ってみてくださいね。

マスク顔メイクにおすすめ3:ジェルアイライナー

女性の目元

マスクを着用していると、メイクが崩れやすくなりますよね。マスクでふさがれることにより、マスク内は高温多湿になるので、汗や皮脂の量も必然的に増えてしまいます。そのため、今までよれることがなかったアイラインやマスカラなどが落ちやすくなり、目の周りが気づくと黒くなってしまうことも。そこでおすすめなのが、ジェルアイライナーです。

汗や皮脂に強いジェルアイライナー

ペンシルよりも肌に密着しやすく、汗や皮脂に強いジェルアイライナー。ウォータープルーフタイプのものなら水分にも強いため、花粉症の方にもおすすめです。またジェルアイライナーは、ペンシルタイプよりも発色がよくツヤもあるため、マスク着用時のメイクにもピッタリです。ブラウンなどの落ち着いた色味も出ているので、ぜひ試してみてくださいね。

マスク顔メイクにおすすめ4:ロングマスカラ

マスクをする人

アイラインをがっつり引くのは少し苦手な方には、ロングタイプのマスカラもおすすめです。しっかりとまつ毛をカールさせて、ロングタイプのマスカラを根元を中心に塗ってあげれば、アイラインをひいていなくても目力がUPします。よりナチュラルな印象になるので、濃い目のカラーのアイシャドウを使いたい場合も、このテクニックは有効的です。

マスカラのダマには注意が必要

せっかく綺麗に目元のメイクをしたのにマスカラがダマになっていては、メイクが下手な印象に。またまつ毛がダマになっていると、ギャルメイクのような感じにも。マスカラを付けた後は、必ずしっかりとブラシを通して下さい。マスクを着用していると、いつも以上に目元に視線がいきますので、より細部にも気をつけてみてくださいね。

 

 

マスクを着用する場合、マスクなしのときのメイク程度では物足りないかもしれません! メイク途中でマスクをつけて鏡をチェックしてみるのがおすすめ。目元の印象が薄い場合は、すべてを濃くするのではなく1つ1つ足しながら調整するのがコツです。ふだんとは少し違ったメイクや色を使ってみることで、顔の印象もガラリと変わりますので、ぜひ色々と試してみてはいかがでしょうか。

このコラムをSHAREしよう!