マスクでもチークを!落ちないチークのススメ

マスクでどうせ見えないからと、チークを省いていませんか。チークはつけ方を少し工夫すれば、よれることも落ちてしまうこともありません。逆に、ちょっとチークをプラスするだけで、よりマスク映えメイクができるので、ぜひコツをつかんで実践してみてください!

マスクだからっていつもNOチークでOK?

スマホを持つ人

マスクをする時は、どうせ見えないから目元しかメイクはしないという人も多いようです。ファンデーションやチークは摩擦でマスクについてしまったり、よれてしまうことも多いアイテム。しかし、ちょっとひと工夫するだけで、そんな心配もなくメイクできます。それどころか、より肌を綺麗に見せてくれるので、実は必須アイテムなんです。

落ちないチークもたくさんあります

最近では、ファンデーションと同様に、チークも落ちにくいアイテムがたくさん登場しています。どんなタイプのチークを使用するかで、マスクによるヨレや色移りもだいぶ差がでます。せっかくチークをつけるなら、なるべく落ちにくいタイプのアイテムを選びましょう。チークをプラスするだけで、顔の印象もパッと明るくなり、血色感もプラスできますよ。

マスク顔のチークは位置がポイント

メイクアップする人

マスクをしてしまっては、せっかく入れたチークも隠れてしまうと思っていませんか。隠れてしまう所にチークをつけるから、マスクにチークがついてしまったりよれてしまうのです。そこで、マスク顔でチークを入れる際には、いつもとは違った場所に入れるのがコツです。少し位置をずらすだけで、簡単にチークをいかしたメイクが完成します。

目のまわりのCゾーンにチークを

マスクをする場合は、チークは目の周りのCゾーンに入れてみてください。目尻少し上から、Cの形を描くように目の下の部分までふんわりいれると、目まわりの印象が明るくなり、肌に血色感もでるので華やかさもプラスできます。選ぶカラーも印象を左右するポイントになるので、肌なじみのいい派手すぎないカラーを選ぶように心がけて下さい。

いつもより少し上にも入れておく

目まわりにチークをいれるのには少し抵抗があるという方は、目の下部分だけにチークを入れるのもおすすめです。通常なら頬骨周辺にいれるチークですが、少し上に上げた場所にチークを入れれば、マスクを着用してても見えますし、よれにくくなります。また、マスクをするとのっぺり顔になりがちですが、チークをいれるだけで凹凸をつくることもできます。

マスク顔のチークは落ちにくいものを

コスメ

チークをいれる位置が分かったら、次にどんなチークを選ぶべきかも知っておきましょう。ふだん使っているチークをそのまま使ってもいいですが、マスクと相性が悪い場合も。できれば、より落ちにくいタイプのチークを使用することで、よりメイクも楽しくなるはずです。最近では、プチプラブランドからも多数出ていますので、要チェックですよ。

超微細パール入りチークは落ちにくい

マスクをつけていると、どうしても顔の印象が地味になりがちです。そのため、超微細パール入りのチークを使うと、目元の印象もパッと華やいで美人顔にしやすくなります。また超微細パール入りチークは、肌への密着度が高いものが多いので、ヨレにくいのも高ポイント。ベージュ系やオレンジ系なら初心者でも使いやすいですよ

最近トレンドの水チークもおすすめ

今までのチークは、パウダーチークやクリームチークが主流でしたが、最近トレンドになっているのは、水チークです。いかにもチークをしているという感じではなく、自然に肌を血色よくみせてくれる発色感が人気の理由。サラサラとしたテクスチャーで色水のような水チークは、マスクにも色移りしづらく使いやすくておすすめです。

マスクにチークをつきにくくするコツ

メイクアップされる女性

落ちにくいチークを新たに買うだけでなく、手持ちのチークを落ちにくくさせるコツもご紹介しておきましょう。チークをいれる位置も重要なポイントですが、それ以外にもひと手間加えるだけで、チークの色移りをぐっと抑えることができます。ふだんのメイクにたった1STEPプラスするのみなので、ぜひ試してみてください。

フェイスパウダーを活用しよう

ファンデーションを塗った後にチークをつけたら、フェイスパウダーを重ねて下さい。フェイスパウダーは、余分な皮脂や汗を吸収してくれるので、チークのヨレも防いでくれます。

プチプラで人気のちふれ「ルースパウダー」もいいですし、チーク前にも後にも使えるイニスフリー「ノーセバム ミネラルパウダー」もコスパ抜群でおすすめですよ。

マスクにつきにくいおすすめチーク

クリームチーク

新たにチークを買い足すなら、エクセルの「スキニーリッチチーク」がおすすめです。クリームチークとパウダーチークの間のような使い心地で、しっとりしているので肌へピタッと密着します。他にもプチプラなら、キャンメイクの「クリームチーク」もいいでしょう。肌に塗るとサラッとした質感に変化します。カラーバリエーションが豊富なのもいいですね。

マスクにチークをつきにくくするアイテムも

ミスト

チークだけでなく、メイクを全体的に落ちづらくするのも手です。コーセーの「メイクキープミスト」や、クラランスの「フィックス メイクアップ」は、メイク崩れを防いでくれるミストで、メイク後にサッと吹きかけるだけでメイクをキープしてくれるアイテムです。まるで化粧水のような使い心地で、外出時にも使えるのでとても便利ですよ。

 

 

 

マスクを着用していても、できればチークもきちんとつけたいですよね。顔を血色よくみせてくれるだけでなく、華やかな印象もプラスしてくれるので、実は欠かせないアイテムです。いつものメイクに少し工夫をするだけで、チークは簡単にヨレにくくも落ちにくくもできます。また専用のアイテムなどもたくさんでていますので、ぜひ店頭で実際に手にとって試してみてくださいね!

このコラムをSHAREしよう!