目指せすっぴん肌!ノーファンデメイクのすすめ

令和のトレンドメイクはナチュラルが主流。もちろんベースメイクもやりすぎは厳禁です。ノーファンデメイクなら、すっぴんじゃないのにすっぴん肌のようなメイク方法なので、いろいろな場面で活用できます。ぜひトレンドのノーファンデメイクにチャレンジしてみませんか。

いまブームのノーファンデメイクとは?

女性

「ノーファンデメイク」は、名称そのままに、ファンデーションを使用しないメイク方法です。ファンデーションを使用しないことで、肌への負担を減らせるだけでなく、マスクを着用する際にもマスクに色移りしないため便利です。そこで、ノーファンデメイクの正しいメイク方法やコツなどもおさらいしておきましょう。

すっぴん風だけどすっぴんじゃない

ノーファンデメイクという言葉の響きから、ベースメイクは全くしないと勘違いしている人も多いようです。しかし、実際にはまるですっぴんなわけではなく、すっぴん肌のようなナチュラルメイクを楽しむのが、ノーファンデメイクです。もちろんベースメイクも、アイメイクも、リップも使ってOKですよ。

ノーファンデメイクのメリットとは?

パソコンを使う女性

ノーファンデメイクの一番のメリットは、やはり肌への負担を軽くできることでしょう。特に、毎日外出する際にファンデーションを使用していると、負担はそれなりにかかってしまいます。それを減らせるだけでも、肌を休ませることができますよね。メイク落としの際にも摩擦が減るので、意外とメリットは多くあります。

マスク着用時にぴったりなメイク方法

また、ファンデーションを使用しない場合、化粧崩れもしにくくなります。最近では、外出時にマスク着用が当たり前になってきているので、マスクと肌との摩擦により、ファンデーションは崩れがちです。しかし、そもそもファンデーションをつけていなければ、崩れる心配もありません。ちょっと飲み物を口にするときなどにチラ見えする、マスクへのメイクの色移りが気にならないのは助かりますよね。

ノーファンデメイクのベースメイクはこう

微笑む人

では、ノーファンデメイクはどんな手順でメイクしていけばいいのか、そのコツやポイントをみていきましょう。ノーファンデメイクは、ファンデーションを抜くだけがやり方ではありません。ファンデーションを使用しなくても、肌を美しくみせるのが重要なポイントです。少しのコツと手間で、ファンデーションがなくてもす美肌感はつくれますよ。

【手順1】日焼け止めは白浮きしないジェルタイプ

まず日焼け止めですが、白浮きしづらいジェルタイプのものがおすすめです。顔全体に薄く広げるように塗り込んでいきます。特に、Tゾーンや頬骨のエリアは日焼けしやすくなっているため、ムラのないように塗っていきましょう。最近では、ベージュタイプの色のついた日焼け止めもあるので、そちらもおすすめです。

【手順2】カラータイプの下地で色ムラカバー

化粧下地を使用する際は、リキッドファンデーションと同様に、5点置きをしてから顔全体にのばしていくと、簡単にムラなくつけることができます。5点とは、おでこ・両頬・鼻・あごになります。顔の内側から外側に広げていくイメージで、優しくなでるようにのばします。化粧下地も、ブルー系・イエロー系・ピンク系などの色付きが便利です。

【手順3】仕上げにフェイスパウダーでヨレや崩れ防止を

いくらファンデーションを塗っていないとはいえ、やはり皮脂や汗で化粧は崩れやすくなってしまいます。そこで最後に、フェイスパウダーをつけておくと、余分な皮脂や汗を吸収したり抑えてくれるので、きれいな肌を持続させることができます。特にテカりやすいTゾーンと小鼻には忘れないようにしてくださいね。

【コツ】それでも物足りないならコンシーラーを活用

コスメ

ファンデーションを塗らない分、シミや吹き出物などが目立ってしまうこともあるかもしれません。そんな時は、コンシーラーも活用しましょう。気になる部分にのみ使うことができるので、ナチュラルさは損なわれません。ただしファンデーションを上からのせないため、ピンポイントの厚塗りはかえって不自然な仕上がりになるのでご注意を!

アイメイクもナチュラルに仕上げる

ヘッドフォンをする人

ノーファンデメイクは、あくまでもナチュラルに仕上げるのがポイントです。そのため、アイメイクが濃くなっては、ノーファンデメイクの良さが半減してしまいます。しかし、全くしてはいけないわけでもありません。肌なじみのいいアイテムを使えば、浮いてしまう事もなく、バランスのいいナチュラルメイクが楽しめます。

肌なじみするブラウン系がおすすめ

アイブロウやアイライン、そしてアイシャドウなどもブラウン系がおすすめです。色味をそろえることで統一感もでますし、ブラックよりも色味が優しいので、ノーファンデメイクにもぴったりです。また、少し明るく華やかな印象にしたい場合は、オレンジ系のアイテムもおすすめ。元気いっぱいのビタミンカラーは、意外と肌になじみますよ。

リップは自然なうるおいをプラスするのみ

女性

アイメイクと同様に、リップもなるべくナチュラルカラーの発色のいいタイプを選ぶのがおすすめです。リップに自然なうるおいがあると、自然と肌もキレイに見えてきます。そのため、つや感がほどよくあるグロスやティントタイプもいいでしょう。また、よりすっぴんメイクに近づけたい場合は、色つきリップも薄づきでおすすめですよ。

 

 

いま流行っているノーファンデメイクは、知っておくととてもメリットの多いメイク方法でした。肌を休ませてあげられるのはもちろんのこと、マスクを着用する機会が多い今だからこそ、とり入れてみたいメイク方法です。特別なアイテムは何一つ用意する必要がないため、すぐにでも始めやすいのもgood! ノーファンデメイクをうまく応用して、明日から美肌感が際立つ、すっぴん風メイクを楽しんでみてくださいね。

このコラムをSHAREしよう!