万能マスクケースでマスクを衛生的に保管しよう!

外出時にマスクを着用していて困るのが、食事などでマスクを外した際のマスクの置き場所です。そのままポケットやバッグにしまうわけにもいかず迷ってしまいますよね。そこで使いたいのがマスクケース! 使い方やおすすめの品をご紹介します。

外出時に持っていると便利なマスクケース

マスク

食事の際などマスクを外すことがありますよね。みなさんは外したマスクをどこに置きますか? 最近では専用のマスクケースも多数でてきており、機能性やデザインも色々です。また、材質も種類が豊富で、一体どれが便利なのか迷ってしまうほど。そこで、マスクケースを選ぶ際のポイントと一緒に、おすすめのマスクケースをご紹介します。

衛生的にしまえる便利なものも

マスクケースといってもただマスクを保管できるだけでなく、除菌機能がついていたり、予備のマスクを入れて置けるマスクケースも出てきています。

ただ、機能や保管できるマスクの枚数によってサイズ感が異なる点は注意が必要です。特に通販する場合は、ふだん持ち歩いているバッグの大きさを参考に、マスクケースの商品紹介をよく確認するのがおすすめです。

マスクケースの選び方はここに注意

マスクをする人

ただ可愛いからといってマスクケースを買ってしまうと、思いのほか使い勝手が悪かったということもあります。せっかく買うなら、使いやすいマスクケースがいいですよね!

そこで、マスクケースを選ぶ際に気をつけておきたいポイントや、選び方のコツもご紹介します。これでマスクケース選びも失敗しませんよ。

抗菌作用のあるものを選ぼう

口の中には雑菌がいっぱい。使用中のマスクを保管するマスクケース内で菌が繁殖しないように、抗菌仕様のものを選ぶのがいいでしょう。また、予備のマスクも保管する場合は、個包装のマスクを入れておくか、入れる場所が別についているものを選ぶと安心です。

携帯しやすいかさばらないものを

マスクケースに限らず、携帯するアイテムはかさばったり大きかったりというような邪魔になるサイズ感だと、何となく使う機会を逃すようになってしまいます。いつも持ち歩いているバッグやポーチのサイズ感にあったマスクケースを選ぶようにしましょう。

マスクケースは、そのままマスクをしまうタイプと折りたためるタイプがあります。どちらがベストなのか検討してみてくださいね。

プラスな機能があるとなおよし

最近のマスクケースは種類も豊富になってきているため、驚くような機能がついているものもあります。

例えば、マスクの嫌なニオイを解消してくれる消臭機能がついているケースや、マスクにいい香りがつく仕様になっているものも。他にも、ティッシュ入れやポーチが一緒になっているデザインもあり、色々と商品をみつけるだけでも楽しくなりますね。

洗える素材のものがベスト

雑菌がついたマスクをしまうタイプのマスクケースなら、できれば洗える素材だとより清潔に保てます。マスクケースを選ぶ際に、いちばん気にかけておきたいのは衛生面です。洗える素材・デザインのマスクケースなら気兼ねなく洗えるので安心です。手洗いできたり、洗剤を使っても大丈夫なマスクケースも多いため、チェックしてみてください。

使えるマスクケースはコレ【1】ティーズ

マスクケース

マスクケースは毎日持ち歩くものだから、コンパクトサイズのおしゃれなものがいいですよね。そんな方には、ティーズのマスクケースがおすすめです。まるでパスケースのようなデザインで、カラーバリエーションも豊富にあります。国内メーカーのSINCOL社製PVCレザーを使用していて、抗菌防臭性にも優れています。汚れてもサッとふけるのも便利です。

使えるマスクケースはコレ【2】エイワンプランニング

マスクケース

とにかくかさばらないシンプルなものがいいという方には、エイワンプランニングのマスクケースがおすすめです。マスクを挟んで四つ折りにできるため、ズボンやシャツのポケットにも入れやすく無駄な厚みもありません。素材はプラスチック製のため、水洗いも可能。コスパが良く、最低限の機能があればいい方におすすめです。

使えるマスクケースはコレ【3】メディク

マスクケース

メディク「ウルトラウェーブ 除菌マスクケース ver.2」は、新しいタイプのマスクケースです。使用済みのマスクを中に入れると、乾燥と除菌をしてくれる優れもの。ケース内で紫外線を照射して除菌をするという仕組みです。不織布マスクだけでなく、布マスクも入れることができます。機能性重視の方には、おすすめの最新型マスクケースですよ。

自宅での保管にはこんなマスクケースも

マスクケース

最近では、不織布のマスクも気軽に購入できるようになったため、使い捨てマスクを愛用している人も増えてきました。まとめ買いすることも多い不織布は、元々入っている紙箱やセロハン袋では、出し入れしづらいことも。そこで検討したいのがボックスタイプのマスクケースです。まとめて入れられる上、1枚ずつ取り出せて便利ですよ。

外出する時に取り出しやすいものを

SNSなどで人気なのが、無印良品のウィットティッシュ用のケースをマスクケースとして使うことです。シンプルなデザインでインテリアを邪魔することもないですし、ふたを開けると1枚ずつマスクが取り出せるので、使い勝手もいいです。また、ふたがきちんと閉まるようになっているため、衛生的にマスクを保管できるのメリットでしょう。

マスクケースのポイントは大きさ・デザイン・機能・素材

コメント

1つ持っていると便利なマスクケースですが、できればデザインだけでなく機能性にもこだわりたいですね!

せっかくマスクを保存できるなら抗菌素材がおすすめ。いつものバッグに入れて持ち歩きやすいのが重要です。最近は、機能性だけでなくデザイン性にも優れているおしゃれなマスクケースもいっぱい出てきていますので、洋服などに合わせてコーディネートしても楽しいですよ。もちろん、長く使うなら洗えるかどうかのチェックもお忘れなく!

このコラムをSHAREしよう!