肌質・肌悩みで選ぶプチプラスキンケア!お手頃だけどライン使いもできちゃうんです

スキンケアアイテム、そろえていますか? 気になったものを都度購入してブランドやラインはごちゃ混ぜという方も多いのでは。しかし、中にはライン使いするのが前提で作られているものもあります。こちらの記事では優秀なプチプラブランドのおすすめラインをご紹介します。

プチプラスキンケアを始めたい!

なんとなく毎日スキンケアをそつなくこなしてきたけど、そろそろしっかりとライン使いをして、真剣に美肌ケアに向き合ってみようと考えることはありませんか。ただしライン使いをしようと思っても、心配なのはその金額の高さです。複数のアイテムを一気に購入するとなると、意外と値段がいってしまうのが化粧品。

そこでうまく活用したいのがプチプラブランドのスキンケアラインです。コスパのいいプチプラブランドのライン使いなら、肌だけでなくお財布にも優しいので、毎日たっぷり気兼ねなく使えますよ。これからご紹介するプチプラスキンケア商品をライン使いして、この機会に肌の悩みを解消してみてはいかがでしょうか。

肌にたっぷり水分補給したいあなたに! ナチュリエ ハトムギスキンケア

ナチュリエハトムギスキンケア

化粧水が爆発的にヒットしたナチュリエのハトムギスキンケアシリーズですが、最近では化粧水以外のアイテムもじわじわと人気を集めています。まだまだ化粧水しかないと思っている人も少なくないようですが、他のアイテムを使わないのは勿体ないぐらい優秀なアイテムもあるんです。

またナチュリエのハトムギスキンケアの商品は、ドラッグストアや大型ホームセンターなどで手軽に購入できるため、買い足したい時にも非常に便利です。毎日使うスキンケアアイテムは減るのも早いので、どこでも購入できるというのは意外と大きなメリットでもあります。

ハトムギのラインに含まれるアイテム

  • ハトムギ化粧水
  • トムギ保湿ジェル
  • ハトムギ浸透乳液

ハトムギのラインには、現在3アイテムありますが、化粧水と浸透乳液の間に保湿ジェルを美容液がわりに使用するとより効果的です。化粧水の後に、500円玉大の量を手にとり、2回重ねづけしてみてください。また乳液やクリームが苦手な方は、かわりにこの保湿ジェルを使用しても潤いを閉じ込めることができますよ。

ラインの特徴

ナチュリエは、水分が美肌づくりの基本と考えているブランドです。そのため、肌への水分補給とその水分を保持することに着目して、このハトムギの基礎化粧品ラインも作られています。

化粧水で肌へしっかりとうるおいを与えて整えたなら、保湿ジェルや浸透乳液をしようして、その水分をキープするという流れになります。だからこそ、この3アイテムをライン使いすることで、角質層が水分で満たされ水分と脂質などのバランスが整っていき、外的刺激にも強い肌作りをしていけるという訳です。またナチュリエのスキンケアアイテムはどれも手頃な価格でSNSでも人気がありますので、ぜひ毎日たっぷりと使って美しい肌を保ってください。

美容にハマって20年の私が注目するアイテムは?

ハトムギ浸透乳液」は、化粧水と同様、そのコスパの良さに驚きますよね。230mL入って825円という驚きの価格ですので、顔だけでなくボディに使用することも可能です。化粧水でたっぷりと水分を浸透させたなら、この乳液でしっかりとフタをするという工程をすれば、表面に油膜をつくってくれますので水分の蒸発を防ぐことができますよ。

また、角質細胞のすき間を埋めるように入りこみ、水分をつなぎとめる機能もあります。そのため、表面だけが乾燥しないわけではなく、肌の内側のうるおいも保持してくれる優秀な乳液になっています。

※角質層まで

5種のヒアルロン酸(うるおい成分)! 肌ラボ 極潤プレミアム

はだらぼ極潤プレミアム

もっちりとした肌感が好きなら、肌ラボのスキンケアはおすすめです。実は肌ラボにはいくつかシリーズがあります。極潤白潤極潤α濃極潤薬用極潤、そして、極潤プレミアムの6種類です。

特にうるおいにこだわって、プチプラでもプレミアムで濃厚な使用感を求めるなら、この極潤プレミアムシリーズがおすすめです。他のシリーズよりも長時間うるおいが続くようにつくられており、乾燥肌の方にも人気がありますよ。

極潤プレミアムのラインに含まれるアイテム

  • 肌ラボ® 極潤プレミアム® ヒアルロン液
  • 肌ラボ® 極潤プレミアム® ヒアルロン乳液
  • 肌ラボ® 極潤プレミアム® ヒアルロンクリーム

化粧水と乳液だけでもしっかりとうるおいを感じることはできますが、よりしっかりと保湿ケアをしたい場合は、乳液のあとにクリームを使用するのがおすすめです。乳液のあとにクリームを重ねづけすることで、うるおいをしっかりと閉じ込めることができるため、一日中乾燥知らずの肌に仕上げることができます。クリームはとても伸びがいいので、少量つけるだけで大丈夫です。また乾燥が気になる部分にのみ重ねづけするのもおすすめですよ。

ラインの特徴

この極潤プレミアムシリーズは、世界で初めて乳酸球菌/ヒアルロン酸発酵液をうるおい成分として化粧品に配合しました。また、7種類のヒアルロン酸を配合することで、高い保水力がある肌へと導いてくれます。

そして、乳液やクリームを使うことでこのうるおいをキープし、ふっくらもっちりとした肌が維持できるようになるという訳です。5つのフリー処方になってもいるため、無香料・無着色・ノンアルコール・ノンオイル・ノンパラベンの、肌に優しいスキンケアができますよ。

美容にハマって20年の私が注目するアイテムは?

肌ラボ® 極潤プレミアム® ヒアルロン液」は、ぜひとも1度は使ってみて欲しいアイテムです。まるで美容液のような使い心地で、独特のとろっとしたとろみのある化粧水になっています。美容液級のうるおいを追求したというだけあり、この濃い使用感に慣れてしまうと他の化粧水では物足りなくなってしまうかもしれません

また7種類のヒアルロン酸が配合されているため、「この化粧水だけでもスキンケアは十分なのでは?」と錯覚してしまうほどです。ただし、濃厚なとろみがあってもべたつきは一切残りません。思いのほか肌なじみがよく、肌にぐんぐん入っていく感じも気持ちがいい化粧水になっています。

ニキビ・吹き出物ができやすい肌に! ミノン アミノモイスト<敏感肌・混合肌ライン>

ミノンアミノモイスト

ミノンのアミノモイストは乳液がとても有名ですが、ぜひともライン使いして欲しいブランドです。女性のゆらぎやすい肌にもピッタリなスキンケアになっており、敏感肌でどの化粧品もしっくりこなかったという方にも大変おすすめです。

アミノモイストには、3つのラインがあります。一般的に有名なのは乾燥肌ラインのピンクのパッケージデザインのものですが、それ以外にもパープルのパッケージデザインのエイジングケアライン、そしてグリーンのパッケージデザインの混合肌ラインがあります。部分的に乾燥したり、吹き物ができやすい方にはこの混合肌ラインがおすすめです。

アミノモイストのラインに含まれるアイテム

  • 薬用アクネケア ローション
  • 薬用アクネケア ミルク
  • バランシングベースUV
  • すべすべしっとり肌マスク

アンバランスな肌のゆらぎにも対応できるラインなため、寒暖差や花粉のアレルギーがある方にも愛用されています。また混合肌用のフェイスマスクがあるのも特徴的で、小鼻の際までしっかりとうるおうようなマスクの形も使いやすいと評判です。

ラインの特徴

混合肌の場合、部分的にかさつき具合が違ったり、保湿をしすぎてしまうと今度はテカリが気になったりすることもありますよね。アミノモイストなら、うるおうだけでなく使用後の肌の手触りがサラッとしていて、水分と油分のバランスをしっかりと保ってくれます

そのためふだんのスキンケアをするのと同じような感覚でこちらを使えばよく、さっぱりとしているのにしっかりとうるおいのある肌へと導いてくれるのが便利なポイントです。肌の状態が整うことで化粧崩れもしにくくなりますので、一石二鳥でしょう。

美容にハマって20年の私が注目するアイテムは?

混合肌用のスキンケアシリーズはよくみかけますが、UV化粧下地まであるのは珍しいですよね。バランシングベースUV」は、乾燥や皮脂によって起こる化粧崩れを防いでくれるだけでなく、肌の色補正もナチュラルにしてくれる優秀な化粧下地です

しかも、SPF30 PA+++のUVケア機能もあるため、これ1本でベースメイクを完了させることもできます。皮脂吸着パウダーも配合されているため、トレンドのナチュラルメイクをする際にも使えるアイテムでおすすめです。紫外線吸収剤を使っていないノンケミカルタイプとなっているので、肌にも優しい処方なのがうれしいですね。

肌荒れやカサつきの気になる肌に! キュレル 潤浸保湿 フェイスケア

キュレル 潤浸保湿 フェイスケア

乾燥性敏感肌のためにつくられたキュレルのスキンケア商品は、不足しがちなセラミドケアができるものになっています。そのため、肌本来のセラミドの働きを補うことで、肌のバリア機能をサポートしていきます。

キュレルには、皮脂トラブルケア・美白ケア・エイジングケアシリーズなどもありますが、まずは肌荒れや乾燥ケアに特化した「潤浸保湿 フェイスケア」シリーズから使ってみてください。毎日のスキンケアで使うことのできる基礎化粧品がそろっていますので、1番使いやすいシリーズです。

潤浸保湿 フェイスケアのラインに含まれるアイテム

  • 化粧水I/II/III
  • 乳液
  • フェイスクリーム
  • ディープモイスチャースプレー
  • フェイスクリーム
  • 美容液
  • モイストリペアアイクリーム など

このラインはキュレルのスキンケアのベーシックなラインとなっているため、ありとあらゆるアイテムがそろっています。そのため、まずは化粧水・乳液・フェイスクリームなどから使いはじめて、肌に合うようでしたら徐々にアイテムを増やしていくのがおすすめです。

他にもメイク落としや洗顔料、UVミルクやリップクリームなどもあります。基本的なスキンケアはすべてこのラインでまかなうことができるようにはなっていますよ!

ラインの特徴

肌荒れや乾燥がおさまらず、何度もくり返してしまう乾燥性敏感肌向けにつくられているため、肌荒れしにくいふっくらとした健康的な肌へとサポートしてくれるアイテムがそろっています。

人によって、乾燥が激しい部分はそれぞれ異なるため、自分好みの組み合わせを試してみることも可能です。例えば、メイク落としならオイルとジェルがありますし、化粧水も3種類あり使用感から選べるようになっています。油分の保湿についても、乳液・フェイスクリーム・美容液・アイクリームと種類がありますので、気分によって変えてみるのも楽しいでしょう。

美容にハマって20年の私が注目するアイテムは?

最近、美容系YoutuberやSNSなどでもよく取り上げられている、「ディープモイスチャースプレー」です。スプレータイプの化粧水はミストで水っぽいものが多く、時間が経つとすぐ乾燥してきてしまうものがほとんどでした。しかしこのアイテムは、微細化したセラミド機能成分が配合されているため、ひと吹きすると肌がしっとりとうるおい柔らかな肌を保ってる優秀なアイテムです。

サイズも3種類販売されているため、1番コンパクトなサイズはメイクポーチに入れて持ち運ぶことも可能です。逆に大き目なサイズはお得感があるため、テレワークで自宅にいる際の乾燥対策にもおすすめですよ。またお風呂上りすぐに保湿したい際にも便利で、まずは顔にシュッとひと吹きしてからボディケアをすれば、お風呂上りにありがちな乾燥も防げます。

乾燥やエイジングサインの気になる肌に! 無印良品のスキンケア・エイジングケアシリーズ

無印良品のスキンケア・エイジングケアシリーズ

無印良品のスキンケア商品は、優しい使い心地とコスパのよさが評価されていますよね。色々な肌のタイプによって使いわけることができるように、敏感肌・エイジングケア・クリアケア・ハーバルの4つのシリーズがあります。

その中でも特におすすめなのは、エイジングケアシリーズです。他のブランドのエイジングケア商品は値段が張るものが多く、ライン使いをしようと思うと躊躇してしまうことも。無印良品ならそんな心配も無用です。

スキンケア・エイジングケアシリーズのラインに含まれるアイテム

  • エイジングケア化粧水
  • エイジングケア乳液
  • エイジングケア美容液
  • エイジングケアクリーム
  • エイジングケアオールインワンジェル

20代や30代から早めにエイジングケアをはじめてみたい方は、まずは無印良品のラインから使ってみるのもいいでしょう。コスパも使い心地もいいですし、まだそれほど高いエイジングケア商品はいらない場合にも便利ですよ。

ラインの特徴

最近リニューアルされたラインで、椿・バラ・柚子などを含めた10種の天然美肌成分と、ヒアルロン酸、コラーゲンなど7種の機能成分が配合されています。そのため、できるだけ肌への刺激を控えつつも、しっとりとしたなめらかな肌に仕上がります。またより美白ケアもしておきたい方には、エイジングケア薬用美白シリーズもありますので、そちらもチェックしてみてください。

美容にハマって20年の私が注目するアイテムは?

無印良品のオールインワンジェルは、チューブタイプのパッケージになっているので便利な上、衛生的です。

しかも、大容量タイプなら200g入って2,490円とかなり格安なため、顔だけでなく年齢がでやすい首やデコルテにまで惜しみなく使えます。オールインワンジェルだけでも十分に保湿力がありますが、化粧水を使用してからこれを使うと、よりもっちり感が実感できおすすめです。

プチプラスキンケアでもライン使い! バランス良く肌をサポートするのが◎

そろそろしっかりとしたスキンケアに取り組みたいと思った場合、まずはスキンケアアイテムをそろえたくなりますよね。一般的な化粧品ブランドをライン使いしようと思うとお金もかかり、いまいち踏み出しづらいことも。プチプラなスキンケアシリーズなら、一通りそろえてもそれほど高くならずおすすめです。まずは自分の肌をサポートする成分が配合されているかどうか、よくチェックして選んでみてくださいね!

このコラムをSHAREしよう!