スキンケアの最後にクリームは必要?肌質は?おすすめプチプラクリーム3選も必見

ニキビや吹き出物ができそうでクリームは使ってこなかったけど、最近乾燥が気になりクリームを使いたいと感じている方へ! クリーム初心者におすすめのプチプラクリームを3つチョイスしました。まずは、コスパのいいプチプラクリームから始めてみましょう!

スキンケアの最後にクリームは必要?

みなさん、毎日どんなふうにスキンケアしていますか?

化粧水と乳液だけがほとんどで、ハレの日やその前日に美容液をプラスだけという方も少なくないかもしれませんね。

でも、待ってください。面倒と思っていても、あえて頑張って使ってみたら良かったということもあるんです! 特に乾燥肌や混合肌の気になる方の場合、美容クリームは見逃せません

最近では、プチプラなのに機能性もいい優秀なクリームも増えています。使わないのはもったいないです! クリームは乳液よりも油分が多く、肌をふっくらと守ってくれる感触があります。肌触りの違いが気持ち良くて、使い慣れると手放せなくなりますよ。

乾燥肌や混合肌ならクリームを使いたい

もし乾燥肌や混合肌なら、ぜひともクリームを試してみてください。

乳液だけでは保湿力が足りず、午後には乾燥してきてしまうこともありませんか?

皮脂は肌の水分と油分が混ざってたもので肌を刺激から守ってくれるもの。しかし、年齢が上がるとともに、肌の水分保持力がダウンし皮脂の分泌量も徐々に減ってしまいます。化粧水で水分を補い、乳液で油分を補うだけでなく、もう一手間、クリームをしっかり塗りこむと、皮脂の足りない分を補って、うるおいを長時間サポートしてくれますよ

クリームの中には、抗炎症成分が入っている医薬部外品のクリームもあります。乾燥が原因で荒れてしまいがちな肌にも効果的です。

他にも、混合肌のテカりがちの部分には、油分が少なめのさっぱりとしたクリームもおすすめです。軽いテクスチャの水溶性成分が多いクリームもありますので、ぜひ色々と試してみてくださいね。

脂性肌でもクリームを使ったほうがいい? 塗り方のコツは?

脂性肌の方、「油っぽい体質だから油分を補ってはいけない」と思っていませんか?

それ、実は誤解なんです。保湿不足をカバーするために、肌を乾燥から守ろうとして過剰に皮脂が分泌している状態というのが実情。そのため、例えば油分を避ける余り何度もクレンジングするなどすると、肌がより乾燥しやすい状態を作ることにつながって、逆効果になってしまいます。

脂性肌の理由には別なものも考えられます。保湿不足以外にも、 食生活の偏りや不規則な生活習慣の影響だったり、ホルモンバランスが崩れている場合もあり得ます。

このようなケースで多いのが、肌の内側が乾燥したインナードライ状態。やはり肌を守ろうと皮脂分泌が過剰になっていると考えられます。

ただし、20歳前後で皮脂分泌の多い方々は事情が違うでしょう。皮脂分泌が多い年代というのが理由と考えられるからです

Tゾーンなど部分的に明らかにテカリ具合が激しい場合は、メイクや余分な皮脂はクレンジングや洗顔料できれいに落とすことも大切。その後に、さっぱりタイプやアクネケアができるクリームなどで、軽めに保湿をするのがいいでしょう。

チューブとジャー、好きなタイプが選べる! 花王「ニベアソフト スキンケアクリーム 」

青缶のニベアは、ベストセラーアイテムになっていて、顔だけでなく手や身体への使用も含めて、1度は使ったことがある方も多いはず。

しかし、顔に塗り広げるには重めのテクスチャーであることや、缶入りで出し入れが面倒なことにより、使わなくなった人もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、ソフトタイプの「ニベアソフト スキンケアクリーム 」です。青缶のニベア同様に、顔だけでなく全身に使用できるスキンケアクリームで、青缶の通常のニベアよりもよりやわらかいサラッとした使い心地が人気です。まるで乳液のようなテクスチャなため顔にものばしやすく、使用後もべたつきがないのもうれしいポイントですね!

ニベアソフト スキンケアクリームの特徴

ニベアソフト スキンケアクリームには、植物性天然保湿成分の「ホホバオイル」が配合されています。そのため、肌の内側の角層に保湿成分が浸透することで、内側からしっかりとうるおいを感じられる肌に仕上がります。

ウォーターベースのクリームになっているので青缶のニベアのように重さはほぼなく、脂性肌の人でも使いやすいでしょう。また、顔だけでなく、首やデコルテなどに塗りのばして使えるのも、プチプラクリームのメリットでもありますよね。これ1本で全身ケアができる、とても便利なアイテムです。

一緒に使えるアイテムはある?

ニベアには、化粧水や乳液などのアイテムはありませんが、クレンジングオイルと洗顔料がでています。特に洗顔料はバリエーションも多く、しっとりとした洗い上りのタイプや、くすみをとるタイプ、またミルクタイプの洗顔料などもありますよ。

また、メンズ用のラインには、洗顔料・化粧水・乳液・薬用クリームなどもあり、ライン使いすることも可能です。他にも、シェービングフォームなどもあるため、一通りニベアで揃えてスキンケアすることもできますね。

スキンケアの順番や使い方のコツは?

ニベアのクレンジングオイルと洗顔料で、まずは肌を清潔な状態にしてください。しっかりと余分な皮脂や汚れをおとしてからスキンケアに入ります。

ニベアには、化粧水や乳液はありません。ふだんお使いのスキンケアアイテムで、まずはしっかりとお手入れしてください。

最後に、ニベアソフト スキンケアクリームで肌の水分が蒸発しないように蓋をするような感じで、やさしく塗りのばしていきましょう。少しハンドプレスをしながら浸透させていくと、より効果的ですよ。

しっかり保湿! 資生堂「アクアレーベル バランスケア クリーム(医薬部外品)」

資生堂の人気プチプラブランドのアクアレーベルには、いくつかのラインがあり、美白ケアやエイジングケアラインも人気が高いですが、真っ赤なパッケージがおしゃれな保湿・肌荒れケアのラインもおすすめです。

その中でも特におすすめなのが、この薬用保湿クリームである「アクアレーベル バランスケア クリーム(医薬部外品)」。角層をしっかりとうるおわせる薬用の保湿クリームです。50g入っており、約1カ月使用できますので、デイリー使いでも気兼ねなくたっぷり使用でき便利ですね。

アクアレーベル バランスケア クリームの特徴

シミやそばかすを防ぐためにメラニンの生成を抑え、乾燥やハリをケアしてくれる、多機能型の保湿クリームです。これ1つあれば、乾燥やシミそばかす対策などのメジャーな肌悩みはカバーしてくれるため、クリーム初心者の方の初めてのクリームとしてもおすすめのアイテムになっています。

しかも、アルコールフリーで無香料・無着色。肌への刺激が少ないのもうれしい特徴です。クリームとしては比較的ゆるめのテクスチャなので肌にのばしやすいですし、使用後もべたつかないため、季節を気にせず1年中使いやすいアイテムでもあります。

一緒に使えるアイテムはある?

アクアレーベルの保湿・肌あれケアのラインには、メイク落とし・洗顔・化粧水・乳液、そしてこの保湿クリームがあります。一通りの基礎化粧品は揃っていますので、はじめてライン使いしたい方にもぴったりです。

アクアレーベルは、ほとんどのアイテムが2,000円以下で購入できるので、気軽に試しやすいのもうれしいですね。またどのラインも同じように基礎化粧品がそろっているため、それぞれ使い比べてみても楽しいでしょう。

アクアレーベル好きの方の中には、アイテムごとにラインを変えたり、季節などによって使い分けている方もいますので、ぜひ試してみてくださいね。

スキンケアの順番や使い方のコツは?

しっかりとメイク落としや洗顔料で肌の汚れを落としてから、化粧水で肌の水分を補いましょう。

そのあとに、乳液かこのクリームを使うのがおすすめです。より保湿力が必要な場合は、乳液をつけた後にクリームを使用しても大丈夫です。

クリームは、両頬・ひたい・鼻・あごの5か所に点づけをしてから、頬やひたいなどの広めの部分からなじませていきましょう。そのあとは、顔の中心から外へやさしくなでるようにすみずみまでなじませてください。特に小鼻の脇や、ほうれい線、目の周りなどはムラがないように、少し時間をかけてなじませるとより効果的です。

韓国コスメのMISSHA(ミシャ)の姉妹ブランド!アピュー「マデカソ CICAクリーム」

韓国コスメは今また再ブームになっていますが、あのMISSHAの姉妹ブランドである「A’pieu(アピュー)はぜひともチェックしておきたいプチプラブランドです。

トレンドアイテムだけでなく、マイルド処方のスキンケアアイテムも取り扱っているため、しっかりとしたスキンケアが初めての方にも使いやすいアイテムばかりとなっています。日本には、2019年に進出してきた新しいブランドで、楽天や公式オンラインショップで購入できるのも魅力ですね。

アピューと言えば「マデカソ」シリーズが有名ですが、その中でも「CICA(シカ)クリーム」がブレイクしたことで知名度がグンと上がりました。

CICAはツボクサ由来の成分で、韓国ではキズの治療成分としても昔から使用されてきています。そのため、CICAクリームの別名は、「肌再生クリーム」。今まで他のクリームではあまり肌質の改善が実感できなかった方は注目ですよ!

マデカソ CICAクリームの特徴

マデカソ CICAクリームには、CICAが50%も配合されています。そのため、みずみずしさが感じられる水分量が多めのテクスチャになっていて、伸びがよくさっぱりとした使い心地も好評です。使用後もべたつきにくいので、化粧前に使用している方もたくさんいます。

ツボクサ由来の成分として、5つ(ツボクサ葉水・マデカッソシド・ツボクサ葉エキス・アシアチコシド・マデカシン酸)の成分が配合されていて、肌荒れを防いでくれます。

また、ナイアシンアミドやアデノシンが肌のうるおいをしっかり閉じ込めるため、長時間うるおいをキープできます。他にも、ラベンダーオイルやグレープフルーツオイルなどの天然香料を配合していて、香りも爽やかです。

一緒に使えるアイテムはある?

アピューのマデカソシリーズには、クレンジングフォーム・CICAジェル・CICAクリームがあります。スペシャルケアアイテムとしては、CICAシートマスクやCICAバーム、そしてもちろんCICA美容液もありますよ

他にも、「アピュー マデカソ パウダーパクト」というフェイスパウダーも人気です。皮脂や汗でテカってしまいがちなTゾーンなどに使用しておくと、余計な皮脂などを吸着してくれるパウダーです。透明感のある肌へ仕上げるだけでなく、化粧もちもよくしてくれます。パクトタイプの入れ物でミラーもついているため、化粧直しをしたい際にも持っていると便利なアイテムです。

スキンケアの順番や使い方のコツは?

CICAジェルやCICAクリームは、ふだんのスキンケアの最後に使用すると、乾燥しづらい肌に仕上がります。

最後にしっかりとハンドプレスをして、手の体温を利用し角質層への吸収を高めてあげて下さい。朝使用する場合は、ベースメイク前に使えば、メイクが崩れにくい保湿力の高い肌に仕上げることも可能です。

顔以外に使用することもできます。特に、ひじやひざなど角質でざらついたり硬くなった部分に使用すれば、肌を柔らかくし内側からうるおった弾力のある肌へとサポートしてくれます。これ1本で全身ケアができますので、色々な場面で使える万能クリームですね。

スキンケアの仕上げはクリームで!保湿アップでツヤ肌を育て上げよう

今までクリームでの保湿を行ってこなかった方は、ぜひクリームで仕上げるスキンケアに挑戦してみてください。最近では、ほとんどのプチプラブランドで保湿クリームが出ているので、活用しない手はありません。どれも安いだけでなく、使い心地や機能性が高く全身にも使える万能タイプのクリームも多くあります。クリームとの相性がいい場合は、化粧水や乳液を買い足してライン使いしてみるのもおすすめですよ!

このコラムをSHAREしよう!