ヘルスケアをアプリで!○○とiPhone・スマホの連携でデータを管理する方法を解説

健康維持や体重管理に役立つ、ヘルスケアのアプリを解説。スマートウォッチと連携すれば、計測や記録だけでなくレベルの高い健康管理やダイエットサポートを叶えてくれます。気になる便利機能や使い方、おすすめのスマートウォッチも紹介します。

ヘルスケアを自動で行うにはスマートウォッチとは

BluetoothやWi-Fiを使ってスマートフォンやタブレット端末と接続することで、腕時計を超える数々の便利機能が連携できる電子機器、スマートウォッチ。タッチスクリーンとCPUを搭載しており、通信機能としての活用や決済、さまざまな記録や確認が可能です。ウェアラブル端末として手首につけながら活動すれば、精度の高い健康維持やダイエットにも役立ちます。

スマートウォッチでできること

スマートウォッチの多くの機種が、歩数や心拍の計測といった活動量計機能を標準搭載しています。移動距離から消費カロリーを導いてくれたり、睡眠時に装着することで眠りの質や健康管理のサポートも可能に。スマートフォン内にヘルスケアに特化したアプリをインストールしておけば、手間のかからない操作と自動計測でいつでも簡単に自分の健康状態や運動記録を確認することができるのです。

健康・美容のためになる!

iPhoneなどのスマートフォン単体でも、ヘルスケア関連のアプリを使えば体重管理や歩数のようなアクティビティの記録ができますが、腕に着用するスマートウォッチを使うことで、より正確な計測装置としての働きを果たしてくれます。バッグの中で置きっぱなしになることもあるスマホとは違い、腕の振りから走る・歩くといった細かな動きや速度、脈拍を高精度で計測。さらに防水機能が備わっているものであれば、フィットネスやスポーツ中も安心して運動記録に役立てることができます。毎日の活動データが自動で保存されていくため、瞬時にデータベース化されるのも魅力の一つ。グラフで体の変化や調子を一目で確認でき、いつでも見返すことができます。ジムやフィットネススタジオに行かなくても、ダイエットや美容、健康管理のパートナーのようにモチベーションを維持させてくれますよ。

スマートウォッチはiPhone・スマホとの連携が便利

スマートウォッチとスマホ・iPhoneを連携させれば、本格的で正確な運動データや体の変化を記録、データ化を実現させることができます。健康状態を細かく可視化することで、ダイエットや健康管理もより精度の高いものに。どのようなデータ管理が可能なのかを詳しく解説していきます。

Bluetooth対応商品でデータを管理しよう

iPhoneアプリやスマホアプリとスマートウォッチをBluetoothでペアリングすれば、スムーズなデータ連携が可能です。計測データをアプリにつないでおくだけで、日々の運動や活動の記録を解析してくれるので、数字だけでは計れない細かな変化や運動パターンに気づくことができ、健康管理の見直しにもつながります。

ヘルスケアデータの例:運動関連

ウォーキングやランニング、スポーツなど、運動に関連したフィットネス情報は、アプリとスマートウォッチを使ったデータ管理が簡単です。歩数や移動した距離、回数、階段の昇降といった基本の歩数計機能に加え、運動中と安静時の消費カロリーの比較や心拍数の記録も可能に。さらに、身長や歩行速度から歩幅や歩行パターンを導き出すことで、バランスや脚力、筋肉の動きが低下していないかをチェックできる機能があるアプリもあります。運動習慣の見直しや、よりパフォーマンスの高い歩行を目指すのに役立ちます。

ヘルスケアデータの例:健康関連

スマートウォッチとアプリを活用するなら、健康状態を測定する機能も見逃せないところ。心拍や体温、血圧、血中酸素濃度などを計測できるスマートウォッチとアプリを連動させておけば、細やかな体調の変化に気づくことができ、日々の健康維持に役立ちます。中には装着したまま眠ることで睡眠の質が計測できるスマートウォッチや、生理のサイクルや状態を管理でき女性特有の体の悩みに寄り添ったアプリも。ストレスや疲労の回復にもつながり、心身の健康をサポートしてくれますよ。

ヘルスケアデータの例:美容関連

習慣にしないとついついサボってしまうダイエットも、スマートウォッチとアプリを活用すれば目標設定や体重管理、エクササイズの記録も簡単に。可視化することで毎日どのくらい脂肪燃焼できているか、体型への変化につながっているかをチェックできます。アクティビティだけでなく水分不足であることまでお知らせしてくれる機能を兼ね備えたスマートウォッチもあり、水分摂取量や必要量の把握も可能に。生活の一部として美容感度を高めてくれるので、仕事や家事に忙しい女性にもおすすめの活用方法です。

iPhoneにはヘルスケアアプリが標準搭載

iPhoneの標準アプリとして搭載されている「ヘルスケア」アプリを活用すれば、よりスマートでスムーズな計測や記録、健康管理ができます。使わなきゃ損!な活用方法や、他のアプリや機器との連携で叶う便利機能を詳しく紹介します。

iPhoneのヘルスケアアプリとは

Appleの「ヘルスケア」は、iPhoneで記録できるヘルスケアデータを表示し、健康状態の把握や管理につなげることができるアプリです。設定をすれば歩行や睡眠にまつわる計測、心拍数などを記録でき、体重や食事のデータとあわせながら体の変化をモニタリングできます。計測結果は自動管理によってグラフ化され、客観的にチェックできるため、健康な体づくりや保持に役立ちます。

Apple Watchで精度の高いデータを集める

在宅時や仕事環境によっては、持ち歩くことが困難なiPhoneですが、Apple Watchを身に付けておけばおうち時間やiPhoneを手放している時間の活動記録も可能に。GPS機能を搭載しているため、移動距離や心拍数も自動で取得でき、毎日の細やかな運動量まで計測してくれます。高精度なデータが集まることで、運動記録が精緻化され、より正確性の高い健康管理が実現。Apple Watch内のアクティビティを開けば、その日の運動量も簡単にチェックでき、便利です。

iPhoneのヘルスケアと連携アプリは豊富

フィットネスや健康維持など、目的にあわせた他社のアプリとヘルスケアアプリを連携すれば、データの一括管理や明確な目標の設定も可能です。特にダイエットに役立てたい人におすすめなのが、食べたものを選ぶだけで摂取栄養素がわかり、食生活の改善が目指せるアプリ「あすけん」。ランニングを習慣にしている人は、ジョギングした距離や消費カロリー、走行ペースのアベレージが一目でわかるアプリ「Nike Run Club」も便利です。また、気になる月経周期や排卵日を予測できる「Flo」も女性の健康サポートに役立つアプリです。

外部機器との連携もできる

iPhoneやApple Watch以外の外部機器と連動させることも可能な、ヘルスケアアプリ。体重計と連携させておけば、毎日手入力することなく自動でヘルスケアアプリにデータが記録され、大変便利です。代表的なのがオムロンの体重・体組成計「カラダスキャン」。乗るだけで個人を自動認識し、体脂肪率や内臓脂肪レベルなど細かい数値を引き出してくれます。Bluetoothの接続で、アプリへの入力の手間を省けますよ。

アプリには有料範囲と無料範囲がある

iPhoneやスマートウォッチと連携すれば、より繊細な体の変化に気づくことができ、ハイレベルな健康維持やダイエットの目標達成を目指すことができる便利アプリはたくさんあります。しかし気をつけておきたいのが、連携できるアプリには無料で搭載している機能と、有料でないと管理できない機能があるということ。せっかくインストールしたのに無料範囲ではデータが活用できなかった、なんてことのないように、無料でできることと有料機能の違いを把握しておきましょう。

無料で管理できるものの例

食事の入力やカロリー計算、体重や歩数のグラフ化、睡眠の傾向、他デバイスを使った心拍数の計測や体脂肪率の測定など、健康管理に関わる数値の記録は一般的に無料です。計測したデータを保管し、データベース化したいならアプリの無料範囲内で管理できます。

有料でないと管理できないものの例

健康維持やダイエット、体の悩みについてチャットで相談できたり、個別にフィットネスや栄養面でのアドバイスを受けられるなど、サポート面の機能は有料の方が充実していることが多いです。記録を続けているもののダイエットが上手くいかない人や、プロフェッショナルな知識を得ながらハイレベルな体づくりを目指したい人は、有料にしかない機能の方が成果につながりやすいことも。中には課金した分ポイントが貯められ、お得なサービスを受けられるアプリもありますよ。

人気のスマートウォッチアイテムとアプリの機能を比較

スマートウォッチとアプリを駆使すれば、健康的な体づくりや体型管理、整った生活習慣を難なく目指すことができます。人気のスマートウォッチの中から、初心者にも簡単に使いこなせるアイテムとアプリの活用術を紹介します。

Apple Watch

多くのユーザーに支持されており、スマートウォッチブームの火付け的存在でもあるApple Watch。iPhoneの標準アプリ「ヘルスケア」で身長や体重、年齢といったデータを事前に登録しておけば、消費カロリーやパーソナルな健康状態が一目でわかります。アプリ要らずで元々搭載されている機能もたくさん。50分間座りっぱなしでいると感知し、アラートで教えてくれるスタンドリマインダーの設定は、運動不足や健康リスクが気になる人におすすめです。iOS14.4とwatchOS7.3のリリース以降は心電図記録機能も追加され、心拍リズムが不規則だと検知されると通知でお知らせしてくれます。

Watchsmith

Watchsmithは、Apple Watchのインターフェイスの見た目を、自分好みにカスタマイズできるアプリです。目的や時刻にあわせて調整することで、必要なタイミングで必要な情報を把握できます。文字盤はそのままに、コンプリケーションの内容を時間ごとに切り替えることも可能。愛用者が多くかぶり率の高いアップルウォッチに使いやすさと個性をプラスすることができます。

有料版でできること

一部、有料のみ使用できるデザインがあります。また、天気予報や風速など天候に関わる機能は有料です。

Fitbit

毎日のアクティビティを記録し、運動や睡眠の質を高めて健康的な生活を目指せる「Fitbit」。アクセサリー感覚で身に付けられるファッショナブルなウェアラブル端末でありながら、活動量計測に特化したスマートウォッチです。新機種の「Sense」では、ストレス管理も可能に。皮膚温センサーやマルチパス光学式心拍数センサーを新搭載し、ストレスの緩和をサポートします。

Fitbit

Fitbitで計測したデータの管理に役立つアプリ「Fitbit」。記録だけなら一般的なスマートウォッチや連動アプリでもできますが、細かい数値の推移を確認できるのが専用アプリの強み。例えばウォーキングやランニングを行った後にアプリを開けば、どのくらい有酸素運動や脂肪燃焼ができたのかをチェックすることも可能です。

有料版でできること

有料版はワークアウトやエクササイズ、健康的なレシピなどをチェックできるのが魅力。パーソナルトレーナーからサポートされているような、充実したガイドプログラムを受けることができることができます。また、睡眠中の心拍数や時間などを詳細に分析し、回復度やノンレム睡眠といった高度な測定値をみることも可能に。瞑想とリラクゼーションにスポットを当て、不安の取り除きや睡眠の質向上にも役立つ「マインドフルネス」機能も有料版で使えます。

Miスマートバンド5

AndroidにもiOSにもペアリングできる「Miスマートバンド5」。縦型の大きなディスプレイが特徴で、24時間の睡眠・心拍数モニタリング機能やジャンルにあわせて設定できる11種類のスポーツモード、女性にうれしい月経周期の追跡も標準搭載されている多機能スマートウォッチです。専用のデータ記録・確認アプリ「Mi Fit」も便利ですが、日頃Googleアカウントを使っている人なら「Google Fit」との同期も簡単です。

熟睡アラーム

仕事や健康管理、運動に忙しいスマートウォッチユーザーにおすすめしたい、睡眠生活サポートアプリです。眠りの浅いタイミングでアラームを鳴らしてくれるので、快適で爽やかな目覚めを演出してくれます。寝つきや寝起きの悪さ、眠りの浅さ、中途覚醒など、さまざまな睡眠時の悩みを改善へと導きます。

有料版でできること

有料版ならアプリ内で有料販売されているアラーム音や、快眠サポートサウンドが取り放題。さらに眠りの悩みを可視化するだけでなく、いびきの録音データが記録できる機能も活用できます。いびきのアルゴリズムを詳しく知ることで低減につなげ、健やかな睡眠状態、リラックスをサポートします。

ヘルスケアをアプリでアシスト! スマートウォッチを便利に活用しよう

運動不足の解消やダイエット、生活習慣を整えるのに役立つヘルスケアアプリは、スマートウォッチとの連動でより便利に、ハイレベルな活用を実現できます。計測や管理が面倒だった人も、スマートウォッチを使って簡単に高精度なヘルスケアを叶えてみてくださいね。

このコラムをSHAREしよう!