オールインワンのスキンケアは時短だけじゃない!肌悩みをクリアする高保湿・美白・シワ改善アイテムをご紹介

手順を重ねる丁寧なスキンケアに対し、ワンステップでOKな「オールインワンジェル」。手抜きケアのイメージもあり、やや敬遠していた方も多いのではないでしょうか?

しかし最近のオールインワンジェルの進化はすさまじく、そのアプローチはシンプルな保湿ケアだけにとどまりません

医薬部外品のしみケアやシワ改善が可能なアイテムが数多くお目見えし、いまや時短ケア以上のポテンシャルを発揮!ここではそんな新世代オールインワンジェルの選び方や商品をご紹介していきます。

オールインワンジェルのメリット

ステップレスケアで時短

ひとつで何役もこなすオールインワンジェルの紹介画像

オールインワン最大のメリットはスキンケアのステップが省略できる点

自分のケアになかなか時間をかけられない子育てママだけでなく、仕事やプライベートに忙しい女性には世代を問わず人気です。

慌ただしい朝の時間帯に、スキンケアが省略できるのは嬉しいですね。もちろん、さっとスキンケアを終わらせてすぐに眠りたい夜でもオールインワンは重宝しますよ。

ひとつでよいなら、コスパ◎

ひとつにまとまり、コスパの良いイメージのオールインワンジェル

通常のスキンケアでは、化粧水・クリーム・下地と最低限3つのアイテムは必要。これだけ揃えても手抜きケアと言われるかもしれませんよね。

きちんとしたケアにはさらに、肌悩みにあった美容液やスペシャルケアのパックを準備する必要があります。

オールインワンならこれらのアイテムをひとつにまとめられるので、お財布にもやさしく経済的です。

いざという時に心強いアイテム

旅行先にも便利なオールインワンジェルのイメージ

出張や旅行先で宿泊先のアメニティが肌に合わない場合に備えて、オールインワンジェルをひとつ携帯していけば荷物もかさばりません

小分け容器に入れるとしても、ゲル状なのでこぼれにくく、詰め替えやすいので便利。

急に外泊が決まった時や長めの帰省を予定している時でも、わざわざトラベルセットを購入しなくてもOK。日頃から使用しているアイテムである安心感もありますよ。

オールインワンジェルの選び方① 時短ケアアイテムとして選ぶ

忙しいママに朝の時短ケアを提供するオールインワンジェルのイメージ

日々のルーティンケアやスペシャルスキンケアとは別に、時短ケアアイテムとしてオールインワンジェルを選ぶのもアリ!

子育て世代を中心に、朝のスキンケアにはオールインワンを取り入れている方も多いようです。

朝のスキンケアに使用する場合は、化粧下地としても使用できるアイテムを選ぶのがベスト。すぐにメイクに移れますよ。

また化粧水・美容液・クリームなどのアイテムに加えて、同じシリーズにオールインワンジェルをラインナップしているブランドも数多く見受けられます。

普段お使いのアイテムでお肌の調子がよいなら、同じシリーズからオールインワンジェルを選ぶのがよいでしょう。

オールインワンジェルの選び方② 基本の保湿力は徹底チェック!

乾燥肌・敏感肌でお悩みの方だけでなく、「保湿」はスキンケアの基本

目当てのオールインワンジェルが自分の肌にあった保湿効果があるか、成分から徹底的にチェックしていきましょう。

まずは肌にしっかりうるおいを与える保湿成分をチェック

うるおいを与える化粧水の役割を持つオールインワンジェルのイメージ

代表的なヒアルロン酸やコラーゲンだけではなく、メーカー独自の製法や原料選定もあり、スキンケア業界には多岐にわたる「保湿成分」が存在します。

その上、オールインワンは複合的なスキンケアだからこそ、基本的な保湿がどのように効いているのかが見えにくいかもしれません。

その場合は今まで使ってきたローションや乳液などのアイテムで、どの商品が自分の肌にしっかりとうるおいを与えたかを振り返ってみましょう。

保湿効果のあったアイテムの成分を再確認して、自分の肌にあった保湿成分をしっかり見極めてくださいね。

【代表的な保湿成分】

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • 植物由来エキス(ローズマリーエキスなど)
  • グリセリン
  • 発酵エキス(豆乳発酵エキスなど)
  • 乳酸菌由来成分(ホエイ(2)、乳酸桿菌など)
  • 糖(グリコシルトレハロースなど)
  • ヘパリン類似物質

また保湿成分はその多くが「化粧品の成分」ですが、最近あらたに登場した「ヘパリン類似物質」は医薬部外品の有効成分として使用することが認められています。

そのためヒルドイドを使用したアイテムは、敏感肌や乾燥肌の方への保湿に特化した「医薬部外品」として販売されていますよ。

次に肌表面のうるおいを逃さない保護成分をチェック!

うるおいを守るクリームの役割を持つオールインワンジェル

オールインワンジェルの多くは、肌に与えたうるおいを逃さず「保護」するクリームの役割も果たします。

こういった保護成分はエモリエント剤ともいわれますが、商品ラベルにはエモリエント剤や保護成分ではなく、「成分」もしくは「保湿成分」としか記載されません

そんな保護成分を見分けるために、代表的な成分を以下に掲載しました。

【保護成分(エモリエント剤)として代表的なもの】

  • ワセリン
  • セラミド
  • スクワラン
  • ホホバ種子油
  • 馬油
  • 植物油脂成分(オリーブ果実油など)
  • ラウロイルグルタミン酸ジエステル系

ホホバ種子オイルやオリーブ果実オイルといった植物性由来のもの、スクワラン(サメ肝油)や馬油などの動物性由来の保護成分なども使われています。

うるおいを与えても時間が経つとすぐ乾燥する、という方はスクワランや馬油・ワセリンなど、保護効果の強い成分が入っているアイテムがおすすめですよ。

オールインワンジェルの選び方③ 効果・効能で選ぶ【美白・シワ改善】

肌悩みにもっとアプローチしたいなら、有効成分が配合された医薬部外品(薬用)オールインワンを選びましょう。

紫外線ダメージが気になるなら美白

美白ケアが可能なオールインワンジェルのイメージ

肌の紫外線ダメージが気になるなら、以下の有効成分が入ったオールインワンジェルを使用しましょう。

【メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを抑える成分】

  • トラネキサム酸
  • アルブチン(ビタミンC誘導体)
  • ナイアシンアミド
  • プラセンタエキス
  • カモミラET
  • 4MSK

ビタミンC誘導体はビタミンCの不安定性などの欠点が改善され、肌内部の酵素によってビタミンCとして働く成分です。

「C5」や「C25」など、さまざまな濃度の商品が販売されていますが、医薬部外品の規定としては上限3%濃度までとなります。

その他ではトラネキサム酸やナイアシンアミドが代表的で、4MSKは資生堂の商品によく使用されていますよ。

表情ジワが気になりだす40代・50代はシワ改善

シワ改善もできるオールインワンジェルのイメージ

さらにここ最近、注目されているのは表情ジワの改善に効能がある「レチノール」などの有効成分

特にポーラ専売特許の「ニールワン」は真皮からのシワ改善の働きが特殊な有効成分として注目されています。

【現在は3つ!シワ改善の有効成分】

  • ナイアシンアミド
  • レチノール
  • ニールワン(ポーラ独自成分)

また、ナイアシンアミドはKOSEでは「リンクルナイアシン」と表記され、美白効果もある有効成分です。

親油性である他の2つとは異なり、水にも溶けるためローションや乳液にも展開されています。

朝の時短ケアに向いているのは「無印良品」×「豆乳イソフラボン」

使いやすいチューブタイプが魅力「無印良品 敏感肌用オールインワン美容液ジェル」

無印良品敏感肌用オールインワンジェルの商品画像

岩手県釜石の天然水をベースとした敏感肌用のスキンケアコンセプトはそのままに、化粧水・乳液・美容液がぎゅっとひとつになったオールインワンジェル。

チューブタイプで適量を手に取りやすく、衛生的。忙しい朝でもシンプル&お手軽ケアを目指したい方におすすめのアイテムです。

商品詳細情報

保湿成分としてはオーソドックスなグリセリンやヒアルロン酸を配合し、肌の脂性に近いオリーブ果実油を保護成分(エモリエント剤)として使用。

グレープフルーツ種子エキスなどの天然由来成分を配合し、5つの無添加にこだわるなど、できる限り肌への負担を軽減した処方です。

役割 化粧水・乳液・美容液
分類 化粧品
保湿成分 グリセリン、グリコシルトレハロース、ヒアルロン酸Naなど
保護成分(エモリエント剤) オリーブ果実油、スクワラン
有効成分
内容量 100g
香り 無香料
特徴 香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコール無添加の弱酸性タイプ

≫≫「無印良品 敏感肌用オールインワン美容液ジェル」の商品詳細はこちら

時短でも濃密うるおいケアが叶う!「とろりん濃ジェル 豆乳イソフラボン」

なめらか本舗とろんと濃ジェルの商品画像

オールインワンジェルだけでも4商品を展開する「なめらか本舗」の豆乳イソフラボンシリーズ。こだわりの大豆由来成分をぜいたくに配合しています。

最もオーソドックスなオールインワンでありながら、十分な保湿力を持ち、化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・化粧下地までこれ1本でOK。朝はこれひとつで、すぐにメイクに移れますよ。

商品詳細情報

保湿成分である豆乳発酵液・ダイズ種子エキス・ダイズタンパクはすべて遺伝子組み換えでない大豆を使用。

ベタつきの少ないテクスチャ―で高い保湿力と浸透力を誇ります。

※角質層まで

役割 化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・化粧下地
分類 化粧品
保湿成分 豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ダイズタンパク
保護成分(エモリエント剤) エチルヘキサン酸セチル
有効成分
内容量 100g / リフィルあり
香り
特徴 ひとつで6役。こだわりの大豆由来成分を3種類使用。

≫≫「なめらか本舗とろんと濃ジェル」の商品詳細はこちら

新たな高保湿成分配合!「カルテHD」×「ニッピコラーゲン」

有効成分としてヒルドイド配合「カルテHD 高保湿オールインワン」

「カルテ」は化粧品メーカーである「KOSE」と外用薬を得意とする製薬メーカーの「マルホ」が立ち上げたスキンケアブランド。

ヘパリン類似物質を配合した商品ラインナップが最大の特徴で、「カルテHD 高保湿オールインワン」は乾燥肌で肌あれしやすい方のスキンケアに適しています。

商品詳細情報

保水有効成分であるヘパリン類似物質は肌のうるおい構造に働きかけ、さらに肌荒れに有効な成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合。

デリケートになりがちな乾燥肌の方のために、無香料・無着色・アルコールフリーの低刺激処方であり、なめらかなテクスチャ―なので摩擦による刺激も抑えられています。

役割 化粧水・美容液・乳液・クリーム
分類 医薬部外品
保湿成分 濃グリセリン、アミノ酸、他
保護成分(エモリエント剤) スクワラン、ワセリン、セラミド、他
有効成分 ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム
内容量 100g
香り
特徴 保湿を高め、肌あれを防ぐ医薬部外品のオールインワンジェル

≫≫「カルテHD 高保湿オールインワン」の商品詳細はこちら

独自コラーゲン配合で高浸透&高保湿をかなえる「ニッピコラーゲン オールインワンプレミアムジェル」

「オールインワンプレミアムジェル」はうるおいを失った肌に3つのコラーゲンが働きかけます。クリームのようなテクスチャ―なのに、浸透力の高いナノカプセルが角質層のすみずみまでアプローチ。

ボトルタイプで使い勝手もよく、洗顔後にワンプッシュするだけで基本のスキンケアにプラス、パック・アイクリーム・化粧下地までカバーします。

商品詳細表

ニッピ独自のナノコラーゲンを、セラミド由来の多重層ナノカプセルに内包した高浸透カプセルコラーゲン(※1)を採用。皮フの細胞膜に似た構造で、肌にすばやく浸透(※2)します。

高浸透カプセルコラーゲンに加え、さらにニッピコラーゲン(※3)・ダメージセンサーコラーゲン(※4)を高濃度配合した処方です。

※1:加水分解コラーゲン・セラミドNP・セラミドAP・フィトステロールズ・水添レシチン
※2:角質層まで ※3:水溶性コラーゲン ※4:加水分解コラーゲン

役割 化粧水・美容液・乳液・ジェル・クリーム・パック・アイクリーム・化粧下地
分類 化粧品
保湿成分 グリセリン、加水分解コラーゲン(高浸透カプセルコラーゲン)、水溶性コラーゲン(ニッピコラーゲン)など
保護成分(エモリエント剤) ワセリン、セラミドなど
有効成分
内容量 60g
香り
特徴 洗顔後にワンプッシュで8役。ニッピ独自のナノコラーゲンをカプセルに内包した高保湿ジェル

≫≫「ニッピコラーゲン」の商品詳細はこちら

美白ケアの鉄板オールインワン「カナデル」×「シミウス」

「カナデル プレミアホワイト オールインワン」

カナデルのオールインワンジェル商品画像

DUOの姉妹ブランドから新感覚のオールインワンが登場!オールインワンでありながらクリームタイプのカナデルシリーズは全て、こってり濃厚に各種成分を配合した証です。

なかでも「カナデルプレミアホワイト」は美白成分配合で、メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐケアにおすすめ。時短ケアだけじゃなく、肌悩みにも応えてくれるアイテムです。

商品詳細情報

美白有効成分「ビタミンCエチル」に天然由来成分を13種類もぜいたくに使用。肌の調子を整え、うるおいを与える成分が濃厚に配合されています。

芳醇なカーミングフローラルの香りで、忙しい朝のスキンケアケアが楽しめる瞬間に早変わりしますよ。

役割 化粧水・美容液・クリーム・マスク・マッサージ
分類 医薬部外品
保湿成分 カンゾウフラボノイドなどの天然由来成分
保護成分(エモリエント剤) スクワラン、メドウフォーム油など
有効成分 ビタミンCエチル(3-0-エチルアスコルビン酸)
内容量 58g / 130g
香り カーミングフローラルの香り
特徴 有効成分により美白ケアが可能。クリームタイプのオールインワンで13種類のボタニカル成分配合で、美肌ケアに攻めのアプローチ

≫≫「カナデル」の商品詳細はこちら

美白成分を増量!肌質別にもアイテムを選べる「シミウス 薬用ホワイトニングジェル EX モイスト」

シミウス薬用ホワイトニングジェルEXモイストの商品画像

美白成分であるプラセンタエキスを従来品から5倍増量した「シミウス」の新アイテムです。それに合わせて保湿成分・美容成分もリニューアルし、しみ・ソバカスにさらにアプローチ!

肌質タイプとしてノーマル・モイスト・スーパーモイストから選べ、さらに容器もポンプ・スリム・ジャーと選択することができます。ぜひご自身にぴったりのものを見つけてくださいね。

商品詳細情報

なめらかで馴染みやすいテクスチャ―なのでフェイシャルマッサージにも心地よく使用できる仕上がり。

美白有効成分として、他社ではあまり見られない「プラセンタエキス(1)」を採用。さらに抗炎症作用のある有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合され、肌あれを防ぎます。

役割 化粧水・乳液・クリーム・美容液・マッサージ・パック・アイクリーム・化粧下地
分類 医薬部外品
保湿成分 コラーゲン、ヒアルロン酸、グリセリン、植物由来エキス
保護成分(エモリエント剤)

TNF(デイリリー/ササユリ花由来/ハス種子乳酸菌由来の発酵液)

有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)
内容量 60g(容器3タイプともに)
香り
特徴 美白有効成分や保湿成分を従来品より増量。肌タイプ別に3種類からチョイス可能。

 

≫≫「シミウス」の商品詳細はこちら

シワ改善にアプローチする「グレイスワン」×「パーフェクトワン」

有効成分リンクルナイアシン配合の「グレイスワン リンクルケア モイストジェルクリーム」

ブランドイメージの高いKOSEから、シワ改善にアプローチしたシリーズ「グレイスワン」が登場しました!「リンクルケア モイストジェルクリーム」は目もと・口もと・首周りの気になるシワ改善に効果を発揮。

有効成分「リンクルナイアシン(ナイアシンアミド)」が、硬くなりがちな大人の肌に表皮と内側(真皮)から働きかけ、肌をふっくらと整えます。

商品詳細情報

有効成分のリンクルナイアシンに加え、濃潤コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・ペプチド・ローヤルゼリーエキス・酵母エキススクワランなどの保湿・保護成分を配合。

ベーススキンケアにマッサージ・アイクリーム・ネッククリームの機能を備えた1品7役のオールインワンジェルです。

役割 化粧水・美容液・乳液・クリーム・マッサージ・アイクリーム・ネッククリーム
分類 医薬部外品
保湿成分 コラーゲン、ヒアルロン酸ナトリウムなど
保護成分(エモリエント剤) スクワランなど
有効成分 リンクルナイアシン(ナイアシンアミド)
内容量 100g
香り
特徴 シワ改善を目指すスキンケア用オールインワンジェル

≫≫「グレイスワン」の商品詳細はこちら

顔・デコルテ周りのエイジングダメージをケアする「パーフェクトワン 薬用リンクルストレッチジェル」

オールインワンジェルなのに肌に触れた瞬間、ローションのような瑞々しさでうるおうテクスチャ―が魅力です。シワ改善と美白ケア※のWアプローチが可能で、高い保湿力も見逃せません。

さらにネッククリームの機能も備え、顔だけでなく首元からデコルテまで、紫外線や重ねた年月によるダメージをやさしくケアしてくれますよ。

※:メラニンの生成を抑え、しみ・ソバカスを防ぐ

商品詳細情報

有効成分としてビタミンPP(ナイアシン)を配合。ビタミンPPには真皮コラーゲンの生成を促進するだけでなく、しみの元となるメラニン生成を抑えることで、しみ・ソバカスを防ぐ機能があります。

さらに40種類もの保湿成分を加え、化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地・ネッククリームの機能がひとつになったオールインワンジェルです。

役割 化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・ネッククリーム・化粧下地
分類 医薬部外品
保湿成分 水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン液(4)、ヒアルロン酸Na(2)など40種
保護成分(エモリエント剤) スクワラン、ホホバ油など
有効成分 ビタミンPP(ナイアシン)
内容量 50g
香り
特徴 基本のケアから化粧下地、ネックケアも可能。

≫≫「パーフェクトワン」の商品詳細はこちら

オールインワンジェルの塗り方【正しい使い方をおさらい】

実は商品によって、オールインワンジェルの使い方は微妙に変わってきます

例えば、「パーフェクトワン」ではスパチュラ1杯分のジェルを顔の下から上に軽く伸ばしていくのに対し、「シミウス」はスパチュラ2杯分のジェルをマッサージしながらかなり丁寧に塗り込むというような違い。

「ジェルなんだから、使い方はどれも一緒でしょ?」とは思わずに、新しいオールインワンを使用する場合は、商品の説明書をよく確認しましょう

オールインワンジェルの基本の使い方

商品によって細かい違いがあることは意識しつつ、オールインワンジェルの基本の使い方をおさらいしてみましょう。

  1. パッケージなどに記載されている量(※1)のジェルを手にとります。
  2. 両頬・鼻・あご・額の5カ所にジェルを置きます。
  3. ジェルは下から上、内側から外側の方向で手のひらや指の腹を使ってプレスしていきます(※2)。

※1:パール大や500円玉大など、大きさで表示されることが多い。
※2:商品によってはこの時、円を描くようにマッサージしたり、リフトアップすることもあります。

時短ケアでも効果をしっかりだすために、少なくとも上記の手順は自然とできるようにマスターしたいですね。

まとめ

オールインワンジェルを使う女性

時短ケアだけでなく、肌悩み別のケアが叶うのがもはやスタンダードな「オールインワンジェル」についてご紹介してきました。

オールインワンジェルの選び方をまとめると?

オールインワンジェルを選ぶ際には、次の3つのポイントを押さえておきましょう!

  • 1本で何役もこなすオールインワンジェルは、まずは肌にあった保湿が可能かをチェック
  • 次に時短ケアとはいえ、肌悩みにアプローチできるアイテムをしっかり選ぼう
  • シミ・シワ・乾燥・肌荒れなど、肌トラブルのケアには有効成分配合の医薬部外品が◎

オールインワンジェルのその他の特徴をまとめると?

こちらの記事では8商品をご紹介しましたが、オールインワンジェルは実に数多くの商品が販売されています。

  • ブランドによってはシリーズ展開のひとつとしてオールインワンジェルを取り扱う
  • 化粧下地まで兼ねるオールインワンジェルと兼ねないものがある
  • 使い方や使用量は商品によって微妙に異なる

以上のような特徴もチェックしておくと、オールインワンジェルを正しく使用することが可能ですよ。

 

 

このコラムをSHAREしよう!