SKIO VC ホワイトピールセラムで肌悩みにアプローチ!ロート製薬のピュアビタミンCの実力は?
PR

忙しい女性の時間を無駄にせず、効率のよいスキンケアと肌悩みへのアプローチができる「SKIO VCホワイトピールセラム」。

ロート製薬の技術の結晶といえる「ピュアビタミンC」が使用されていますが、その実力のほどをセラムの特徴とあわせて見ていきましょう!

SKIO VC ホワイトピールセラムの特徴

ロート製薬の「SKIO VCホワイトピールセラム」は、美白有効成分としてピュアビタミンCであるアスコルビン酸を使用した医薬部外品。

ブースターとしての役割があり、スキンケアの前に硬くなった角質をやわらげ、届けたい成分をダイレクトに肌に届けることができますよ。

そもそもビタミンCとビタミンC誘導体の違いは?

ピュアビタミンCとは?

一般的に医薬部外品の美白スキンケアアイテムには、メラニンの生成を抑え、しみ・ソバカスの生成を防ぐ有効成分が配合されています。

主な有効成分としては、

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • ビタミンC(もしくはビタミンC誘導体)

など。なんとなく、ビタミンCが美白によいというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

確かにその通りですが、ピュアビタミンCとも呼ばれる純粋なビタミンC(※)は化粧品として使用するには安定性がよくありません

そのため、ピュアビタミンCに化学的な修飾がされ、安定性を保つ「ビタミンC誘導体」が多くのスキンケア用品に使用されています。

しかしながら安定性と引き換えに、ピュアビタミンCの即効性がある程度犠牲になったのがビタミンC誘導体です。

※正式名はアスコルビン酸。

SKIO VCホワイトピールセラムに含まれるピュアビタミンCとは?

SKIO VC ホワイトピールセラムには有効成分としてビタミンC誘導体ではなく、「ピュアビタミンC」が配合されています

ロート製薬が長年培った独自技術により、ピュアビタミンCの効果をそのままに、安定した状態での配合バランスが実現できました。

またうるおい成分として「緑茶エキス」、pH調整剤として「サリチル酸」を含み、肌をやわらげてうるおいを与える効果があります。

ブースターとしてロート製薬の独自技術を採用

SKIO VCホワイトピールセラムはロート製薬の独自技術「ディープターゲットデリバリーシステム」を採用。肌を一時的に浸透(※)しやすい状態に導きます。

角質をやわらげ、保湿成分との肌なじみをよくすることで、届けたい成分がダイレクトに浸透され、肌のうるおいをキープ。

そのため、化粧水なしでもスキンケアを完了!もちろん、水溶性で本来は肌になじみにく「ピュアビタミンC」もしっかり肌にいきわたりますよ。

※:角質層まで

SKIO VCホワイトピールセラムとObagiの違いは?

同じくロート製薬から販売されている美容液「ObagiCセラム」。こちらもピュアビタミンCを使用していますが、ビタミンCの濃度違いを各種取り揃え、肌悩みのレベルごとに選べるのが「Obagi」です。

一方、「SKIO VCホワイトピールセラム」のビタミンC濃度は開示されていません。医薬部外品の有効成分の配合量には制限があるため、それほど高濃度ではないと考えられます。

その他の成分の違いもチェック!

ピュアビタミン以外の美容成分にも違いが見られ、SKIO VCホワイトピールセラムには緑茶エキスやサリチル酸、Obagiにはアーチチョークエキスやトコフェロール(ビタミンE)が配合されています。

Obagiは高級志向の美容アイテム、SKIOは手頃な医薬部外品として、どちらもピュアビタミンCをスキンケアに使いたい方におすすめのアイテムですよ。

スキンケアの役割やステップも違う!

「SKIO VCホワイトピールセラム」はブースターの役割がある導入美容液、「Obgi」は美容液として使用するアイテムという違いがあります。

そのため、「SKIO VCホワイトピールセラム」は洗顔後すぐに使用し、これひとつで化粧水+美容液までのステップがクリアできるのに対し、「Obagi」は化粧水をつけた後に使用。

ピュアビタミンCを使用しているのは同じですが、アイテムとしての役割が違うので注意しましょう。

SKIO VC ホワイトピールセラムの使い方

SKIO VC ホワイトピールセラムの使い方は非常にユニークです。

一般的に美容液セラムをつける手順は、洗顔と化粧水の後のステップですが、SKIO VCホワイトピールセラムは洗顔直後の使用となります。

SKIO VC ホワイトピールセラムの基本的な使い方

  1. 洗顔する
  2. セラムをスポイト6~7滴ほど手に取る
  3. 化粧水のように顔全体になじませる

洗顔直後に美容液(セラム)を使う方法は、実は美容のプロたちの間では以前から活用されていました。

洗顔後にまずダイレクトに美容液を効かせる」というのが狙いとなっていますよ。

SKIO VCシリーズのラインナップは?

SKIO VCシリーズの紹介画像

SKIO VCシリーズには「SKIO VC ホワイトピールセラム」以外にも商品ラインナップがあります。

忙しい女性に嬉しい、無駄なくシンプルなスキンケアができるラインナップがポイントです。

  • SKIO VCブーストジェルウォッシュ
  • SKIO VCホワイトピールゲル
  • SKIO VCトーンアップUVエッセンス

ジェルタイプの「ブーストジェルウォッシュ」で毛穴ケア

「SKIO  VCブーストジェルウォッシュ」は泡立てないタイプの洗顔料。肌にやさしい弱酸性でありながら、なめらかなジェルが毛穴汚れや古い角質を洗浄していきます。

「ホワイトピールゲル」はセラム後のステップケアをオールクリア

SKIOステップケアのイメージ

オールインワンの美白美容ジェルとして使用できる「SKIO VCホワイトピールゲル」。セラム後にこれひとつで化粧水・乳液・クリームのステップスキンケアが完了します。

こちらは美白の有効成分として「L-アスコルビン酸2-グルコシド」が配合された医薬部外品です。

化粧下地がわりに「トーンアップUVエッセンス」を

「SKIO VCトーンアップUVエッセンス」は、日中の紫外線などの外部刺激をブロックするだけでなく、化粧下地として肌のトーンアップにも◎。

さらに肌にうるおいを与える水溶性の保湿成分と、肌をカバーしてうるおいが長時間持続する油溶性の保湿成分を配合されています。

SKIO VCブーストジェルウォッシュで簡単にオフできるのも魅力ですよ。

【肌質別】SKIO VCホワイトピールセラムの活用術

即効性のあるピュアビタミンCが配合された「SKIO VCホワイトピールセラム」。当然ながらなるべく早く、しみ・ソバカスにアプローチするスキンケアを探している方におすすめです。

しかしながら、「SKIO VC ホワイトピールセラム」の使い方は肌質別に注意したほうがよいでしょう。

敏感肌の方

刺激が気になる場合は、敏感肌用の化粧水などで肌を整えたあとに「SKIO VCホワイトピールセラム」を使用しましょう。

そもそもビタミンC系の美容液(セラム)は刺激がやや強めです。肌がゆらぎやすい月経前後や肌が荒れている、という方も化粧水との併用をおすすめします。

普通肌の方

普通肌の方は、「SKIO VCホワイトピールセラム」の後にお好みのスキンケアアイテムを使用してOK!

お気に入りのアイテムに美白用ブースターを1本追加する、という感覚でホワイトピールセラムをスタートしてもよいでしょう。

乾燥肌の方

@コスメやECショップなどの口コミをみると、「VCホワイトピールセラムだけでは皮膜感が少ない」・「冬場は保湿が物足りない」という声が見受けられます。

乾燥肌の方や乾燥が気になる季節では、保湿効果の高く、うるおいが持続するSKIO VCホワイトピールゲルやトーンアップUVエッセンスをシリーズ使いしましょう。

まとめ

ピュアビタミンC配合のセラムを試したい方におすすめの「SKIO VCホワイトピールセラム」。

通常価格2,980円(税込)の7日間トライアルセットを、公式サイトでは61%OFFの1,380円(税込)とおトクな価格でお申込できます!

SKIO VCホワイトピールゲル」のミニジャーと「SKIO VCブーストジェルウォッシュ」のサシェット×2包つき。ぜひこの機会にSKIO VCシーズをお試しくださいね。

このコラムをSHAREしよう!