贈り物におすすめの口紅10選! 日本のベニバナの口紅の歴史もご紹介

今では高級な紅は、口紅や染め物、器の飾りつけに使用されてきました。こちらの記事ではそういった本格的な紅花から作られるおすすめの紅を紹介しています。不思議な魅力のある玉虫色の紅や京紅をぜひ試してみてください。

口紅の歴史と原料のベニバナ(紅花)

日本の口紅の歴史や、原料のベニバナについて解説します。普段お使いの口紅と比べてみてください。

紅花ベニバナ

紅く色づく美しい口紅の色味は、昔は紅花という鮮やかな黄色の花を咲かす植物から作られていました。

紅花の色素は99%が黄色で、赤色は1%しかありません。その赤色を抽出するために発酵・乾燥を繰り返します。そしてできるのが紅餅と呼ばれる口紅の原料です。

この赤色は水に溶けにくいため、アルカリ性の灰汁(あく)を使用して赤色を取り出しやすい状態にします。さらに赤を吸いやすいと言われている麻を浸し、吸った液を絞ることで赤の色素が多い液体を作ります。

そこに烏梅(うばい)と呼ばれる梅の実の燻製を漬けた液を加えることで酸性になります。こういった化学反応を繰り返して最後に水分をとばすことでとろみのある紅が仕上がるのです。

口紅の歴史

京都にはじまり、全国に広まった口紅。原料の紅花は江戸時代から本格的な栽培が始まったと言われています。紅花は化粧品としてだけでなく、食器や漢方薬としても利用されていました。

はじめは上品にうっすらと塗るのが良しとされていた口紅ですが、やはりいつの時代も流行りがつきものです。なんと江戸時代後期には玉虫色(光沢のある緑色)の笹紅が流行しました。

純度が高いものしか玉虫色にならず、さらにたっぷりと塗り重ねなければいけません。紅花から少ししか取れない紅赤色を使っているので、ステータスとして使用されていました。

現代の口紅の原料

現代の口紅は、ワックスやタール(石油)系の色素などを原料として使用しているものが多く存在します。紅花やシアー油、ヤシ油などの植物由来の成分を使用している口紅もあります。

口紅を塗ると乾燥してしまう、という方はもしかして乾燥ではなく使用している口紅に合っていない原料が含まれている可能性もあるので、合わなかった口紅の成分表をチェックしておくのがおすすめです。

日本の歴史ある紅屋「伊勢半本店」

玉虫色の紅といえば伊勢半本店です。贈り物や特別な日のお化粧にもおすすめです。

伊勢半本店

伊勢半本店は、文政8年(1825年)創業の歴史ある紅屋です。昔ながらの製法で作られた口紅は、気品を感じさせる丁寧なお化粧にぴったりです。

伊勢半本店の口紅の購入は、東京都港区の青山にある紅ミュージアムか、オンラインショップでお買い求めいただけます

体験もできる紅ミュージアム

紅ミュージアムでは、紅のお試しや紅染体験、パーソナルカラー診断などさまざまなイベントを行っております。事前申し込みが必要なイベントもあるので、公式ページでご確認ください。

 

京都を代表する老舗よーじや

京都いえばよーじやを連想するほど知名度も人気も高い老舗ブランドです。

よーじや

よーじやは、明治37年(1904年)に京都は三条御幸町に舞台化粧屋として構えた國枝商店が始まりです。

よーじやときいて思い浮かべるのは看板商品のあぶらとり紙ですが、よーじやでは化粧水やファンデーション、化粧筆などさまざまな化粧品も販売しています。

よーじやの玉虫色の口紅「京紅」は、上品な木箱入りで特別な日の贈り物にもおすすめです。

よーじやの店舗情報

よーじやは京都を中心に常設店舗を展開しています。また、成田空港/羽田空港、ホテルにも入っているので国内外へのお土産にもおすすめです。

また、化粧品だけでなく京都に3店舗、成田空港に1店舗よーじやカフェも展開しています。

おすすめの紅8選【京紅・笹紅】

おすすめの紅を8選紹介します。結婚式やパーティーに、お子さまのお祝いごとに、贈り物におすすめです。

伊勢半本店 / 小町紅 桜

伊勢半本店 / 小町紅 桜
伊勢半本店 / 小町紅 桜

日本を代表する桜の花と流水文が描かれた有田焼のお猪口に紅をひいています。お祝い事にピッタリの華やかなデザインは贈り物にもおすすめです。

光による劣化や汚れの付着を防ぐため、伏せて置いたり箱の中などで保管しましょう。60回程度使用できます。

伊勢半本店 / 小町紅 藤

伊勢半本店 / 小町紅 藤
伊勢半本店 / 小町紅 藤

日本古来の花、紫の藤をあしらったデザインです。上品で高級感がある玉虫色の紅に、女性らしさの象徴である藤がマッチしています。

藤の花は長寿や子孫繁栄の象徴としても使われているので、そういったお祝いごとのお化粧にもおすすめです。30回程度使用できます。

伊勢半本店 / 小町紅 雪月花

伊勢半本店 / 小町紅 雪月花
伊勢半本店 / 小町紅 雪月花

紅板は江戸時代にも携帯用として使用されていました。その紅板を現代的なデザインにしたのが雪月花です。

金・黒両方にアワビの貝を使用した飾りがしこまれており、キラキラと反射する宝石のようです。持ち歩き用布袋もついています。20回程度使用可能です。

伊勢半本店 / 竹に青海波・撫子に麻の葉

伊勢半本店 / 竹に青海波/撫子に麻の葉
伊勢半本店 / 竹に青海波/撫子に麻の葉

使い捨てタイプの竹に青海波・撫子に麻の葉は、コンパクトでポーチにも収納しやすく持ち歩きにもおすすめです。

青の竹に青海波は笹紅らしい竹と波模様のデザイン。撫子に麻の葉はかわいい撫子のカラフルな花が特徴です。浴衣や着物に合わせて色選びをするのも素敵です。

伊勢半本店 / 紅板※数量限定

伊勢半本店 / 紅板
伊勢半本店 / 紅板

木枠におさめた紅板は、ふすまなどに使用される唐紙(からかみ)の老舗、雲母唐長(キラカラチョウ)とのコラボ商品のため数量限定です。

裁断した唐紙を使用するので、一つ一つ柄の位置が違うのも醍醐味です。中には鏡つきで、蓋をしめて保管できるので日にも当たりづらく日常使いしやすいデザインです。

伊勢半本店 / 小町紅 ギフトセット

伊勢半本店 / 小町紅 ギフトセット
伊勢半本店 / 小町紅 ギフトセット

小町紅のギフトセットは手鏡と筆がついています。結婚式や還暦祝いなどおめでたい日の贈り物・お化粧におすすめです。

器は桜・華・藤から選べるので、季節や行事にあったデザインがおすすめです。

桜は卒業・入学など、華やかでかわいらしい華はどんなお祝い事にも、長寿の象徴である藤は還暦などにおすすめです。

伊勢半本店 / 小町紅 唐花文紅蓋物

伊勢半本店 / 小町紅 唐花文紅蓋物
伊勢半本店 / 小町紅 唐花文紅蓋物

唐花文紅蓋物は、重要無形文化財「今右衛門窯」を使用した紅です。お祝いにふさわしい高級品です。

美しい唐花文様が特徴的で気品を感じさせます。他の紅よりも量が多いので100回程度使用可能です。

よーじや / 京紅

よーじや / 京紅
よーじや / 京紅

よーじやの京紅は、真っ白にかわいらしい紅花をあしらった容器の紅です。特別な日の贈り物にもふさわしい木箱に入っています。

自身のお手入れをきちんと行う美意識、気遣いを美しいと考えるよーじやの京化粧のクオリティを感じさせます。

他にもさまざまなメイク用品があるので、京メイクセットで揃えるのもおすすめです。

手軽に京紅を試したい方におすすめ2選

本格的な紅/京紅は高くて手が出しづらいという方におすすめの紅を紹介します。

資生堂 / 紅

資生堂 / 紅
資生堂 / 紅

和服にふさわしい色のスティックタイプの口紅です。紅花を使用した本格的なものではありませんが、水でといて色味を調節したりと使い方は同じです。

色みも華やかさの中に落ち着きがある古風でおくゆかしい雰囲気があります。舞台用として販売されており、色味の持ちもよいのが特徴です。1000円以下ととってもお買い得です。

よしとよ / 京紅

よしとよ / 京紅
よしとよ / 京紅

かわいらしい貝殻に紅を刺した京紅です。貝に描かれるデザインは、桜・桔梗・梅など他にも数種類あり、紅は赤とピンクの2種類が入っています。

食紅も使用していますが、国産の紅花も入っているので紅を試してみたい方にとてもおすすめです。筆付きなのもうれしいですね。

紅の使い方

現代で使われているリップスティックとは違う、どこか奥ゆかしさを感じる紅の使い方をみていきましょう。

紅の使い方

  1. 筆に水をつけ、余分な水分をとる
  2. 使用するところだけが濡れるように容器を傾けて端を水でとく
  3. 水に濡れ赤くなった紅を筆にとり、唇にのせる

ポイント

  • 水分が入ると玉虫色が消えてしまうので、余分な水分が入らないようにする
  • 水分の量で発色の濃さを決める

唇だけでなく、頬にチークとして使えます。唇と頬を同じ色にすることで統一感のあるメイクになります。

紅の保存

劣化につながるため、湿気や光を避けて保存しましょう。使用後は光の当たらない箱にいれたり、蓋をしめて保管してください。

湿気により鮮やかな玉虫色がなくなってしまったり、カビが生えてしまう恐れがあります。余分な水分をしっかりと取り除き、風通しの良いところに保管するか、お部屋の湿度が高い場合は除湿剤を一緒に入れるのがおすすめです。

人の雰囲気を作り出す紅

唇の色ひとつで、その人の雰囲気を大きく変えてしまう紅。今ではグロスタイプやティントリップなどさまざまなリップがお化粧品売り場に並んでいますが、ぜひ浴衣やお着物、白無垢や七五三など日本らしい服装のときには伝統的な紅花を使った紅を使ってみてください。

このコラムをSHAREしよう!