目が疲れる原因と解消する方法は? 疲れ目を緩和するスキンケアやケアグッズも紹介!

マスクをしていると目の周りの疲れが目立ってしまいますよね。今回は目の周りの疲れる原因と自分で解消する対処法について詳しくお伝えします。また疲れ目を緩和するスキンケアやメイクアイテム、ケアグッズも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目が疲れる原因とは?

目の周りがずっしりと重くなったり、目の奥が痛くなって頭痛がしたり、まぶたの下にクマができてしまうなど目の周りの疲れはなぜ起こるのでしょうか。ここからは目の周りが疲れる原因をくわしくみていきましょう。

目の使いすぎによる眼精疲労

いつも目を使いすぎていると、頭痛や首痛、肩こりなど体に影響が出てきます。その一つに眼精疲労というものがあります。家にこもってネットで映画を見たり遅くまでリモートで仕事したりなど、夜更ししてしまうこと、ありますよね。しかし、目を酷使するとやはり負担も大きくなってしまいます。

パソコンやスマホによるVDT症候群

テレビやパソコン、スマホなどのディスプレイをみて作業をしている時間が多いと、目の疲れはもちろん頭痛や腰痛、背中などの全身にいろいろな痛みやだるさがみられるのがVDT症候群です。どんどん疲れが蓄積していくと、作業効率も悪くなったりメンタル面でも沈みやすくなるなど、さまざまな悪影響があるとされています。

度のあわないメガネやコンタクトレンズ

度があわないメガネやコンタクトレンズを使っている場合は、無理に見ようとするため目の筋肉に負担がかかってしまいます。見えにくくなったのにもかかわらず同じメガネを使い続けている場合には、一度眼科で視力を計測してもらうようにしましょう。

ドライアイ

コンタクトレンズやエアコンの影響などで涙の量が少なくなったり、涙の流れが悪くなるのがドライアイです。ドライアイになると目の表面を保護している涙の涙液層が均等でなくなるため、くっきりと見えずにかすみ目や疲れ目の原因にもなります

寝不足やストレス

もともと疲れやすい体質だったり、寝不足や海外出張などでリズムが崩れたりすると目も疲れやすくなります。ストレスや疲れがたまると、まばたきの回数や涙の量が減るので、どんどん目の疲れも溜まっていくのです

目以外の病気

緑内障や白内障といった目の病気以外にも、脳神経疾患や高血圧、糖尿病、自律神経失調症、月経異常といった病気が疲れ目に影響してることもあります。なかなか自分で対処していても目の鈍痛や頭痛が改善されない場合には、医療機関に相談してみることが大切です。

 

疲れ目を解消する対処法は?

目の疲れを取るためにはどのような方法があるのでしょうか。ここからは疲れ目を緩和するために自分でできる対処法を説明していきます。

目を使いすぎず休ませる

読書や勉強、仕事などで集中して目を使ったら、休憩を取ることが大切。たとえば1時間の作業をしたら15分ほど休みをとったり、お茶を飲む、外を眺めるなど、なるべく目を休ませる工夫をしましょう。

パソコン作業の環境を見直す

パソコンでの作業が多いときには、作業する環境を見直してみましょう。ディスプレイと目の間隔は40cm以上離れていることが望ましいので、パソコンの配置を見直し正しい姿勢で作業をするようにします
またディスプレイの画面に太陽光が入り込まないようにカーテンをしめたり、室内の明るさにも配慮するのもおすすめです。

目薬や加湿器でドライアイを防ぐ

ドライアイが気になる方は、まばたきの回数を増やしたり目薬を使って目をうるおしましょう。また加湿器をおいたり、エアコンの風が直接当たらないようにして、乾燥を防ぐのがおすすめです。

目の周りの血行をよくする

目の周りの血行をよくすると疲れが取れやすくなります。眼球を直接押すのではなく、こめかみのあたりのつぼをマッサージして筋肉をほぐすようにします。蒸しタオルやホットアイマスクなどで目の周りを温めるのも効果的ですよ。

よく寝てストレスをためない

なるべく睡眠を取るようにしてゆっくりと目を休ませてあげましょう。軽いストレッチをして体をほぐせばストレスも発散できます。体を休めるのと同時に目の疲れにもよいとされる栄養を取るのも良いですよ。たとえばレバーやうなぎなどのビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEの豊富な食品や、抗酸化作用のあるブルーベリーなどもおすすめです。

目周りが疲れて見えないスキンケア

目の周りが疲れてみえてしまうのは、目の下のクマが大きな要因。クマにも血行不良による青いクマ、色素沈着による茶色いクマ、たるみによる黒いクマがありますが、目元は皮膚が薄く皮脂量が少ないため、保湿ケアが大切です
血行促進のマッサージなどを取り入れつつ、目元をケアできるアイクリームを使ったり、クマが目立たないようなメイクアイテムを取り入れるのもおすすめですよ

次は疲れ目におすすめのスキンケアやコスメなどのケアアイテムをご紹介してきますので、ぜひ参考にしてください。

疲れ目におすすめのスキンケアアイテム3選

POLA / B.Aアイゾーンクリーム

POLA / B.Aアイゾーンクリーム
POLA / B.Aアイゾーンクリーム

POLA B.Aのアイゾーンクリームは、頬の3分の1ほどの厚さしかない目元の皮膚構造を考えて作られた目元専用のクリーム。ポーラオリジナルの複合保湿成分を配合した濃密なクリームが、クマやたるみで疲れた印象の目元にイキイキとしたハリ感を与えてくれると人気の商品です。26g入りで約60日間分使えて、価格は19,800円(税込)。

ロクシタン / アクアレオティエ リフレッシングアイジェル

ロクシタン / アクアレオティエ リフレッシングアイジェル
ロクシタン / アクアレオティエ リフレッシングアイジェル

ロクシタンのアクアレオティエ リフレッシングアイジェルは、ミネラルとヒアルロン酸を配合したうるおいたっぷりの目元専用の湧き水ジェル先端にメタルボールがついたアプリケーターでマッサージをすると、目元がすっきりして引き締まると人気の商品です。冷蔵庫で冷やして使えるので、暑い季節にもぴったり。価格は15ml入りで3,410円。

なめらか本舗 / 目元ふっくらクリーム

なめらか本舗 / 目元ふっくらクリーム
なめらか本舗 / 目元ふっくらクリーム

なめらか本舗の目元ふっくらクリームは、乾燥しがちな目元にうるおいを与えてくれる豆乳発酵液とビタミンE誘導体を配合した目元集中ケアクリームトーンアップ効果が期待できる反射パウダーが入っており、クマやくすみもカバーしてくれると人気のある商品です。価格は20g入りで990円(税込)。

疲れ目におすすめのメイクアイテム3選

ケサランパサラン / アンダーアイブライトナー

ケサランパサラン / アンダーアイブライトナー
ケサランパサラン / アンダーアイブライトナー

ケサランパサランのアンダーアイブライトナーは、レフ板効果のあるオレンジとイエローの2色が入ったクマ専用のコンシーラー血行不良の青いクマも色素沈着やたるみによる茶色や黒いクマも、オレンジにイエローを重ねれば厚塗り感がなく自然にカバーしてくれるのが魅力です。価格は3,300円(税込)。

シャネル / ル コレクトゥール ドゥ シャネル

シャネル / ル コレクトゥール ドゥ シャネル
シャネル / ル コレクトゥール ドゥ シャネル

ル コレクトゥール ドゥ シャネルは、目元のクマやくすみを補正してくれるなめらかな付け心地のコンシーラーヨレにくく綺麗な仕上がりが続くので、メイク直しにも使えるのが便利。茶色いクマにはオレンジ色のコレクトゥール アブリコ、まぶたのくすみにはピンクのコレクトゥール ローズが最適です。価格は4,730円(税込)。

カクシマスト / ウルトラカバーコンシーラー

カクシマスト / ウルトラカバーコンシーラー
カクシマスト / ウルトラカバーコンシーラー

カクシマストのウルトラカバーコンシーラーは、光を反射するブロッキングパールを3色配合し、気になるクマを隠してくれるコンシーラーハイカバー3Dフィルム処方で崩れにくく、3種のヒアルロン酸やゴールデンカモミールなどの保湿成分が乾燥しやすい目元をメイクしながらうるおしてくれます。価格は12g入りで1,045円(税込)。

疲れ目におすすめのアイグッズ4選

桐灰 / あずきのチカラ 目元用

桐灰 / あずきのチカラ 目元用
桐灰 / あずきのチカラ 目元用

桐灰のあずきのチカラ 目元用は、中に水分を多く含むあずきが入っており、電子レンジでチンするだけでほっかほかの温熱ピローが完成ほどよい重みと天然の蒸気で、疲れた目元をじんわりとあたためてくれます。250回使えるのでコスパも優秀です。価格は858円(税込)。

めぐリズム / 蒸気でホットアイマスク

めぐリズム / 蒸気でホットアイマスク
めぐリズム / 蒸気でホットアイマスク

めぐリズムの蒸気でホットアイマスクは開封するだけであたたかくなり、40度の蒸気浴ができるホットアイマスク約20分間もほんわかした状態が続くので、場所を選ばずにどこでもいつでもリラックスタイムが満喫できるのが便利です。無香料タイプのほか、ラベンダーやカモミール、ローズ、完熟ゆずの香り、男性用、メントール入りのタイプもあります。価格は5枚入りで508円(税込)、12枚入りで1,190円(税込)。

Panasonic / 目元エステ EH-SW68

Panasonic / 目元エステ EH-SW68
Panasonic / 目元エステ EH-SW68

パナソニックの目元エステは、目元にうるおいを与えてハリ感がアップすると人気のホットスチーマー最高で約42度まで好きな温度が3段階から選べるほか、リズムタッチとスチームの組み合わせで3つのコースがあります。別売りのアロマタブレットも使えるので、リラックスタイムにぴったりです。価格はオープン価格でだいたい19,000円前後。

ELECOM / ECLEAR warm USBホットアイマスク

ELECOM / ECLEAR warm USBホットアイマスク
ELECOM / ECLEAR warm USBホットアイマスク

エレコムのECLEAR warm USBホットアイマスクは、最大で約40度の電熱ヒーターで目元をあたためることができるUSB接続のホットアイマスク。ヒーターは取り外しができ、カバーは丸洗いができるので衛生的に使えます。自動電源オフ機能もあるので、切り忘れも防止できて安心です。価格は5,632円(税込)。

おわりに

ここまで目の周りの疲れの原因と自宅でできる解消法についてくわしくお伝えしましたが、いかがでしたか?なるべく目を休めたり血行をよくするほか、スキンケアやコスメを使えばクマを隠して目元の印象を明るく変えることができそうでしたね。今回ご紹介した内容を参考にしながら、目の周りの疲れを緩和してくださいね。

このコラムをSHAREしよう!