石鹸ホルダーを活用して水回りをおしゃれで快適に! おすすめの種類や選び方

手洗いが習慣化され、石鹸ホルダーの需要が高まりつつある世の中。単に石鹸を置くためのものという印象がありがちですが、実は雑菌繁殖予防に効果があり、衛生的に保管できるというメリットがあります。今回はそんな石鹸ホルダーについてご紹介していきます。

石鹸ホルダーを使って清潔さを保とう

ソープディッシュ

普段の手洗いでハンドソープを使うという方が多い一方、汚れをしっかり落とせる石鹸の使用率も高くなってきています。また、石鹸は肌にやさしいということもあって、肌荒れが気になる方や子どもでも使いやすいのが魅力です。

そんな石鹸ですが、せっかく使うのであれば衛生的にかつ見た目もすっきりおしゃれに使いたいものですよね。

そこで今回は、デザイン面・衛生面ともに人気のある石鹸ホルダーをピックアップしました。従来からあるタイプのソープディッシュはもちろん、磁石を使って保管する新しいタイプのものもあるので、水回りのインテリアにあわせて選ぶのも楽しいですよ。

石鹸ホルダーの選び方|形状で選ぶ

ソープディッシュ

石鹸ホルダーは、主に置き型タイプと壁面タイプの2種類に分けられます。一般的なのは置き型タイプですが、壁面タイプの石鹸ホルダーも近年主流になってきているといえるでしょう。

置き型タイプ

置き型タイプの石鹸ホルダーは従来から見かけるタイプです。置いているスペース自体はある程度確保しなければならないものの、置く場所を気軽に変えられるというメリットがあります。また、石鹸の全面を石鹸ホルダーで支えているので、溶けやすい石鹸や崩れやすい石鹸でも型崩れせず使い続けられるというメリットも挙げられるでしょう。

しかしその一方で、石鹸の全面が石鹸ホルダーに付いているため、こまめなお手入れが必要という特徴も挙げられます。種類や取り扱い数に関しては壁面タイプより置き型タイプの方が豊富なので、さまざまな種類の石鹸ホルダーから選びたいという方は、置き型タイプから選ぶのがおすすめです。

壁面タイプ

壁面タイプは置き型タイプとは反対に、壁に取り付けて使うタイプの石鹸ホルダーです。主にマグネットや吸盤などを使って取り付けるので、設置が簡単かつ水切れや通気性がよく衛生的に石鹸を保管できるというメリットが挙げられます。また、壁に取り付けた状態なので、余分なスペースを取らずに済みます。

その一方、壁面タイプの石鹸ホルダーは壁に固定して使うことになるので、気軽に石鹸ホルダーの場所を移動するのが難しいという点や、マグネットや吸盤が使用できる壁でないと取り付けられないというデメリットもあります。

そのため、こまめに石鹸ホルダーを移動する必要性がないという方や、掃除をなるべく楽にしたいという方に特におすすめなタイプです。

石鹸ホルダーの選び方|素材で選ぶ

ソープディッシュ

石鹸ホルダーの素材の種類はとても豊富です。ここでは取り扱い数の多いステンレス・プラスチックに加え、スポンジ・天然木・陶器・ガラス・珪藻土などの素材を取りあげてみました。

ステンレス

石鹸ホルダーのなかでも特に多く使われている素材がステンレスです。さびにくく耐久性に優れている素材なので、水回りで使いやすいといえるでしょう。また、石鹸カスなどの汚れやぬるつき・臭いがつきにくいというメリットもあるので、石鹸ホルダーの掃除を簡単に済ませたい方に特におすすめです。

これだけでなく、ステンレスは清潔感やスタイリッシュさ・クールさが感じられる素材のため、水回りをシンプルな印象に見せたい方におすすめだといえます。

プラスチック

プラスチックもステンレス同様に石鹸ホルダーで多く使われている素材の1つです。価格がとても安く購入しやすいという魅力のほか、軽量で耐久性に優れているという特徴も挙げられるので、小さい子どもがいる家庭で使いやすい素材だといえるでしょう。ただし、石鹸カスなどの汚れが比較的つきやすい素材でもあるため、こまめにお手入れをしなければなりません。

スポンジ

スポンジはプラスチック同様にとても軽量なのが魅力ポイントです。それであって壊れにくく、仮に落としたとしても割れるなんていうこともありません。そのため、スポンジ素材も子どもがいる家庭に特におすすめな素材だといえます。ただしスポンジの場合、使用していくうちにだんだんとヘタってきてしまうので、石鹸同様に消耗品と考えて定期的に買い替える必要があります。

天然木

お部屋のインテリアやテイストにあわせて、石鹸ホルダーの素材もこだわりたいという方には天然木や陶器・ガラス・珪藻土などの素材もおすすめ。天然木は温かみがあって自然のぬくもりが感じられる素材で、スパや温泉のような雰囲気をだすことができます。しかしお手入れは難易度が高めで、カビの発生や色落ちが起こりやすいため、通気性をよくしたり色落ちしない加工が施されているものを選ぶようにするなど、工夫が大切です。

陶器・ガラス

陶器やガラスは、耐久性が弱く衝撃で割れやすい素材です。しかし個性的なデザインのものが多いので、高級感やおしゃれな空間づくりには理想的な素材だといえます。また、お手入れしやすいという魅力があるので、インテリアにこだわりたいという方に特におすすめです。

珪藻土

珪藻土は、主にバスマットで有名になった素材です。吸水性にとても優れているため、ここ数年で食器置きや歯ブラシ立て・石鹸ホルダーなど、水回りで活躍するありとあらゆるアイテムに取り入れられる素材になりました。耐久性に関しては落とすと割れてしまうため、取り扱い時の注意が必要ですが、石鹸をサラサラの状態のまま保管することができるので、ぬめりやぬるつきが気になるという方に、特におすすめだといえるでしょう。

石鹸ホルダーの選び方|その他で選ぶ

石鹸ホルダーは形状・素材のほかにも水切れやお手入れのしやすさ、そしてデザインなどの選ぶポイントが挙げられます。より自分の好みにあうものを選ぶために、チェックしてみてください。

水切れのよさで選ぶ

あまり水切れがよくない石鹸ホルダーを選ぶと、カビやぬめりが発生してしまうのはもちろん、石鹸がとけてドロドロになったものが溜まてしまうということも。こうなってしまうと、雑菌が繁殖してしまうので、衛生的によくありません。しかし、水切れがいい石鹸ホルダーを選んでおくと余分な水が溜まってしまうのを防げるので、衛生的に使うことができます。主に、傾斜がついているもの・穴が空いているもの・受け皿がついているものなどが、水切れのいい石鹸ホルダーとして挙げられるでしょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

石鹸ホルダーをより衛生的に保つためには、お手入れしやすいものを選んでおく方がいいでしょう。そもそも石鹸ホルダーは湿気の多い水回りに置くものなので、ぬめりやカビが発生しやすいです。そのため、こまめにお手入れするとなると、石鹸ホルダーを丸ごとさっと洗えるものが手軽でおすすめです。

デザインやカラーで選ぶ

石鹸ホルダーを置くことによってお部屋の雰囲気やイメージを崩したくないという方は、デザインやカラーを重視して選ぶといいでしょう。

デザインやカラーにこだわって選んだ場合、お部屋と石鹸ホルダーに統一感をもたせるというだけでなく、好みのデザイン・カラーなので愛着がわく場合が多いです。愛着がわく石鹸ホルダーを使っていると、手洗いが面倒であったとしても、手洗い時に気分を高めてくれる効果が期待できます。

石鹸ホルダーのおすすめ商品2選

最後に、石鹸ホルダーのなかでも特に人気があっておすすめなダルトンのマグネティックソープホルダーと無印良品の発砲ウレタン石けん置きの2商品をご紹介していきます。

ダルトン / マグネティックソープホルダー

ダルトン / マグネティックソープホルダー
ダルトン / マグネティックソープホルダー

従来、ソープディッシュに吸盤が付いていて壁に取り付けるというスタイルが多かったですが、ダルトンのマグネティックソープホルダー壁と石鹸にマグネットを取り付け、石鹸を浮かせた状態で保管するという今までの概念をくつがえした石鹸ホルダーです。

ぬめりや石鹸カスの汚れ・石鹸ホルダーの汚れなどを防げるので、お手入れの手間が省けるうえに置くスペースを確保する必要がなくすっきりした状態を保てます。また、デザインもシンプルなのでスタイリッシュに使えるという特徴も。さらにコスパの面でも優秀で、価格が1,000円以下、そして素材がステンレスなので長期的に使えるというメリットも挙げられるでしょう。

無印良品 / 発砲ウレタン石けん置き

無印良品 / 発砲ウレタン石けん置き
無印良品 / 発砲ウレタン石けん置き

無印良品の石鹸ホルダーはスポンジタイプのものになっています。石鹸はしっかりスポンジが支ええ、余分な水分はスポンジを経由して下のトレー部分に落ちてくれる仕組みです。スポンジ部分はスポンジ素材のなかでも特に水切れのいい発砲ウレタンが採用されているので、しっかり水をはけてくくれます。

また、無印良品ブランドであるからということもありますが、価格が200円代ととても購入しやすいのもうれしいポイント。そしてこの価格で替え用のスポンジが1つついてくるのもお得だといえるでしょう。

さらに、実際に使用した方の口コミを確認しても高評価が多く、水切れがいいという意見に加え、石鹸が型崩れせずきれいな状態を保てるという意見やスポンジの高さがちょうどいいという意見も多い印象でした。

石鹸ホルダーで手洗い時間を楽しく!

石けん

形状や素材はもちろん、デザイン・カラーともに豊富な石鹸ホルダーについてご紹介してきました。ただ石鹸を置くアイテムとしてではなく、使いやすさやお手入れのしやすさを意識して選んでみると、自分なりの愛着やこだわりが感じられるようになるのでおすすめです。

洗面スペースは毎日使うエリアなので、ぜひ手洗い時に気分を高めてくれる石鹸ホルダーを見つけてみてくださいね。

このコラムをSHAREしよう!