マスク生活で肌荒れしている方必見! 肌荒れが起こる原因と対策を徹底解説します

マスクは私たちの生活に欠かせないものとなりました。しかし、「マスクをつけると肌荒れする」と悩んでいる方も増えています。そこで今回は、マスクで肌荒れが起こる原因やその対策をまとめて解説。肌荒れ予防に役立つアイテムもご紹介します。ぜひご参考くださいね!

マスクで肌荒れが起こる原因とは?

なぜマスクをしていると肌荒れが起きてしまうのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

ムレて雑菌が増殖している

マスクをしたまま会話やくしゃみをすると、内側に雑菌が付着します。その雑菌がマスクの中で増殖することで、肌荒れの原因になっている可能性があります。ムレたマスクの中は高温多湿で、雑菌が増殖しやすい状態になっているのです。

さらに、マスクによるムレは、すでにできているニキビなどの炎症にも悪影響を及ぼします

マスクによる摩擦

マスクと顔の皮膚が擦れて起こる摩擦も、肌荒れの原因です。

摩擦で肌にダメージを与えると、本来持っているバリア機能が低下します。肌のバリア機能が低下した状態だと、紫外線や雑菌などのダメージを受けやすくなり肌荒れにつながってしまうのです。とくに、マスクの当たりやすい顎や頬に肌荒れが起こりやすいです。

乾燥

マスクが原因で、肌が乾燥した状態になり荒れることもあります。マスクをしている時は、吐いた息が水蒸気となり内側に充満し、湿度が高い状態になっています。しかし、マスクを外して中の水蒸気が蒸発するのと同時に、肌に付着した水分も奪われてしまうのです

マスクを上手に使おう!肌荒れ対策

肌荒れが起こるからといって、マスクを手放すわけにはいきませんよね。マスクと上手に付き合っていくために、肌荒れが起こりにくくなるマスクの使い方をご紹介します。簡単にできることばかりなので、是非試してみてくださいね。

マスクと肌のクッションになるものを挟む

まず、マスクによる摩擦を減らしましょう。肌触りのいいコットンやガーゼを、肌とマスクが当たる部分に挟んで使うとクッションのように刺激を吸収してくれます。顎や鼻筋に挟むのがおすすめです。

マスクに張って摩擦を減らすアイテムも販売されているので、チェックしてみてもよいですね。

フェイスパウダーを使う

ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーを使うだけでも、摩擦を減らす効果が期待できます。マスクと皮膚の間にフェイスパウダーの粒子が入り、肌へのダメージを軽減してくれるからです。

マスクによるメイク崩れも起こりにくくなり一石二鳥ですよ♪

ガーゼを挟む

ムレを減らすために、マスクの内側にガーゼを挟んで使用するのもおすすめです。マスク内の水蒸気を逃がし、ムレを予防できます

替えのガーゼを持ち歩いてこまめに取り換えると、より清潔に使うことが可能です。

マスクのサイズをチェックする

もし、サイズが小さいマスクを使っている場合は、自分に合ったサイズのものに変えましょう。マスクのサイズが小さいと肌に当たる面が増え、肌に与えるダメージが多くなります。

保湿をこまめにする

マスクによる乾燥を防ぐため、保湿をこまめに行いましょう。洗顔後はもちろん、可能であればマスクを外したタイミングでも保湿ができるとベストです。

のちほど、外出先でも手軽に保湿ができるアイテムもご紹介します♪

雑菌を増殖させない

雑菌を増殖させないことも、肌荒れ予防には重要です。マスクをして生活をしていると、どうしても内側に唾液がついて雑菌が増殖してしまいます。なので、予備のマスクを持ち歩き、1日のどこかで清潔なマスクに交換するとよいでしょう

また、汗も雑菌が増殖する原因になります。口周りにかいた汗はこまめにふき取りましょう。

マスクの素材を変えてみる

マスクに使用されている繊維が肌に合わず、肌荒れを起こしている可能性もあります。紙マスクに使われている不織布材が苦手な方は布マスクに、布に含まれている化学繊維などで肌が荒れる方は紙マスクに変えてみましょう。

マスク以外にも!肌荒れを防ぐ生活習慣のポイント

マスクの使い方を見直すだけでなく、生活習慣を整えて肌荒れが起こりにくい状態に近づけていくことも重要です。健やかな肌になるために、気を付けたい生活習慣のポイントを紹介します。

ストレスをためない

ストレスは自律神経のバランスを崩し、肌荒れが起こりやすい状態を作ってしまいます。できる限りストレスをため込まないように、自分がリラックスできる方法を見つけましょう。

たとえば、軽い運動や入浴、歌を歌うことなどがおすすめですよ。

食生活を見直す

食生活を見直して、内側からケアをすることも重要です。甘いものや油もの、アルコールなどを摂りすぎないように注意しつつ、バランスのよい食事を心がけましょう。

とくに、タンパク質ビタミン食物繊維は美肌には欠かせない栄養素です。肉や魚、緑黄色野菜、海藻などを積極的に摂取してくださいね。

睡眠時間を確保する

睡眠中に分泌される成長ホルモンは肌を再生させる働きがあり、美しい状態に導いてくれます。とくに、眠り始めて最初の3時間は美肌になるために重要な時間帯。寝る直前の食事やスマホ、テレビは避け、ぐっすりと眠れるように準備を整えておきましょう。

運動をする

外出する機会が減って運動不足だという方も多いのではないでしょうか。しかし、運動は代謝をアップさせ、老廃物の排出を促す効果が期待できます。さらに血行を良くする作用もあるので、肌荒れ予防をしたい方は週2~3回の頻度で身体を動かしましょう

ダンスや筋トレ、ストレッチなどは室内でも行える運動です。できる範囲で少しずつ運動量を増やしていきましょう。

紫外線対策はしっかりと

紫外線によるダメージは、肌荒れを悪化させる原因になります。低刺激の日焼け止め帽子日傘などを活用して、紫外線をカットしましょう

とくに、マスクをしている口周りは要注意です。マスクで遮られているからと口周りの紫外線予防を怠ると、その部分だけ日に焼けて黒くなってしまう可能性があります。ほとんどのマスクは紫外線を通すので気を付けましょう。

メイクは最低限に

肌荒れを隠そうと油分の多いリキッドファンデーションで覆ってしまうと、ニキビができやすくなってしまいます。メイクは最低限にとどめ、肌荒れを隠したい場合はコンシーラーをポイント使いするなどの工夫をしましょう

クレンジングをする時も、できるだけ手早く落として肌に刺激を与えないように心がけてくださいね。

マスクで肌荒れを起こしている時のスキンケア

マスクの中で繁殖した雑菌は、外した後も顔に付着しています。肌荒れで敏感になっている皮膚を刺激しないように注意しつつ、清潔にすることが重要です。肌荒れを起こしている時のスキンケア方法を解説します。

肌荒れをした皮膚にも優しいスキンケア方法

  1. 洗顔料を手に取る前に、たっぷりのぬるま湯で顔を予洗いしましょう。ぬるま湯は少し冷たいと感じるくらいの温度がおすすめです。
  2. 洗顔料をしっかりと泡立て、両手にのるくらいの泡を作ります。泡立ちが足りない場合は、ネットなどを使用しましょう。
  3. 指で泡を転がすように、優しく顔を洗います。
  4. 泡をすすぐ時は、手が肌に触れないように気を付けながらたっぷりのぬるま湯で流していきますすすぎ残しがないように注意してください。
  5. タオルで上から優しく押さえ、水分をふき取ります。
  6. 最後に、化粧水や乳液でしっかりと保湿しましょう。肌荒れを起こしている場合は、美容液などは一旦使用を中断し、保湿に徹したケアを心がけて

肌荒れ改善に役立つアイテム

マスクによる肌荒れ改善に役立つアイテムをご紹介します。ドラックストアやバラエティーショップ、通販などで手軽に買えるものを厳選しました。

相模カラーフォーム工業 / マスクにはるこちゃん

その名の通り、マスクに貼って使う便利アイテムです。柔らかく細長いスポンジの片面にマジックテープがついており、マスクと鼻が当たる部分に貼りつけます。スポンジがマスクによる肌ダメージを軽減し、ズレも防止してくれます

マジックテープなので、繰り返し使用できて経済的なのも嬉しいポイントですね♪

ミノン アミノモイスト / アミノフルシャワー

ミノン/アミノモイスト アミノフルシャワー
ミノン/アミノモイスト アミノフルシャワー

外出先で肌の保湿をしたい方におすすめのミスト化粧水です。顔に向かって噴射すると微細なミストがふわっと肌に乗り、優しく保湿してくれます。メイクの上からも使用することができるので、メイク直しの時にも活躍しますよ。

ミノンアルコールとパラベンが入っていない敏感肌の方向きのシリーズなので、肌荒れを起こしている時にも比較的安心して使うことが可能です。

d プログラム(d program) / モイストケア

マスクによる乾燥に悩んでいる方におすすめな化粧水。カサカサと乾燥する肌をうるおし、健やかな状態に導きます。

無香料で無着色、弱酸性という低刺激設計なのも肌荒れを起こしている肌に嬉しいポイントです。

マスクを正しく使って肌の健康もキープしよう

マスクを正しく使うことで、肌へのダメージを減らして健やかな状態に近づいていくことができます。

「マスクで肌荒れが起こるのは仕方がないこと」とあきらめずに、今回ご紹介した対策やアイテムを生活に取り入れてみてくださいね。

このコラムをSHAREしよう!