オイルケアで叶えるなめらかヘア! オイルの種類と使い方は? おすすめトリートメントも必見

ヘアミストや洗い流さないトリートメントなど、たくさんのヘアケアアイテムがある中、ヘアオイルが特に人気を集めています。しかし、ヘアオイルといっても種類が豊富で迷いがち。そこで今回はヘアオイルの魅力やおすすめ商品についてご紹介していきます。

ヘアオイルの効果やメリットとは?

まずはヘアオイルのメリットや魅力についてお伝えしていきます。単純に、髪をさらさらにしてくれるだけでなく、そのほかのメリットもたくさんあります。

うるおいやツヤを与える

ヘアオイルは保湿力がとても高いとされるヘアケアアイテムです。オイルという名前から油分のみが与えられると思われがちですが、実は水分も与えてくれるので、ツヤだけでなくうるおいもしっかり与えてくれる効果が期待できます。

特に夏の冷房や冬の暖房・外気などは乾燥を引き起こしてしまう可能性が高く、水分不足から髪のパさつきに繋がりがちなので、外出する際や入浴後などにヘアオイルでケアしてあげるのがおすすめです。

ダメージを防ぐ

ヘアオイルは髪の毛の表面をオイル、つまり油分でコーティングしてくれる効果も期待できます。そのため、枕の使用やタオルドライといった外部からの摩擦や、紫外線による外的ダメージなどから、髪を保護してくれる働きがあるのです。さらに、冬に起こりがちな乾燥からの静電気を防止する効果も期待できるといわれていますよ。

スタイリング剤として使える

スタイリング剤といえはヘアワックスがすぐに思い浮かびがちですが、実はヘアオイルもスタイリング剤として使うことができます。髪のボリューム感を抑えたいときや濡れ髪ヘアを作りたいときなど、ウエットなツヤ感や束感を出すのにヘアオイルが活躍してくれます。

また、寝癖やうねり・パサつきで広がってしまった髪であっても、ヘアオイルを使うことで毛先までしっかりまとまりある状態に整えられるという魅力も。ただし、重たいオイルを使いすぎてしまってはべっとり感がでてしまうので、注意が必要です。

リラックス効果が高い

ヘアオイルには香りつきのものと無香料のものがあります。無香料タイプは香りが苦手な方におすすめですが、そうでない方でも飽きずに使い続けられるという特徴があります。

一方香りがついているタイプのヘアオイルですが、爽やかな柑橘系をはじめ、バニラなどの甘い系・グリーンウッドなどのナチュラル系など、幅広く香りの取り扱いがあります。それぞれの香りの効果を基準に選ぶのもいいですが、基本的には自分が落ち着く好みの香りを選ぶことで、リラックス効果が期待できるでしょう。

ヘアオイルを種類に注目して選ぶなら?

一概にヘアオイルといってもその種類はさまざまで、主に、植物性のオイルと動物性のオイルに分けられます。ここでは代表的なオイルの種類を見ていきましょう。

ツバキ油

ツバキ油は椿から採取される植物性オイルです。保湿力の高いテオフィリン配合で、従来からあるヘアオイルによく使われており、カメリアオイルとも呼ばれています。また、ヘアオイルの中でも比較的重ためのオイルに分類されているので、髪が広がりやすい方やくせ毛の方に特におすすめなオイルです。

オリーブ油

食用でも馴染みのあるオリーブオイルは、オリーブの果実から採取することができる植物性オイルです。オイルの中でも比較的質のいいオイルといわれており、ビタミンやミネラル・ポリフェノールなどが豊富です。また、これらの成分により、抗酸化作用が期待できるので、アンチエイジングをしたい方やヘアオイルを初めて使うという方に特におすすめされています。

アルガンオイル

ツバキ油やオリーブオイル同様に植物性オイルとして分類されるのがアルガンオイルで、モロッコのアルガンから採取できるオイルです。ビタミンEやカロテン・サポニンなどが豊富に含まれるといわれており、抗酸化作用や毛質を柔らかくしてくれる効果が期待できるとされています。そのため、ヘアダメージが特に気になるという方におすすめです。

また、アルガンオイル自体のテクスチャーは軽めで、ベタつかずさらっと使えるという特徴が挙げられます。

馬油

馬油は馬の皮下脂肪から作られている動物性のヘアオイルです。主に、ツヤっぽい仕上がりにしたい方におすすめされており、ヘアケアだけなく肌のシミ予防にも効果が期待できるといわれています。

また、馬油は血流をよくしてくれる働きも期待できるといわれているため、頭皮マッサージをしながらヘアオイルをつけるのがおすすめです。

スクワラン

馬油同様に動物性のオイルに分類されているのがスクワランです。ヘアオイルに限らず、ボディオイルなどでもスクワランという名前をよく見かけることがあるかもしれませんが、その成分を把握している方は少ないはず。そんなスクワランですが、実はサメの肝臓に含まれている油脂を採取して作っています。

また、スクワランは髪の内側への浸透率がとても高いという特徴があるので、スクワラン以外のヘアオイルを使ってもあまり髪がまとまらなかったという方に、ぜひ試してもらいたいオイルです。

ヘアオイルをより効果的に使うポイント

実際にヘアオイルを使う際、どのようにして使えばより効果的に使えるのかをまとめてみました。特に髪質にあわせて選ぶというポイントはとても重要なので、確認するようにしてみてください。

適切な使用量を守る

これはヘアオイルに限らずいえることですが、適切な使用量を使うということを守るようにしましょう。ヘアオイルの場合、使用量が適量より少ないと効果が期待できないことがあります。その反対もしかりで、使用量が適量より多すぎるとべたつきが出てしまうことが考えられます。

そのため、使用前にパッケージに記載されている使用量を確認し、正しい量を使うように意識するのがおすすめです。

タオルドライ後に使用する

ヘアオイルを使用するおすすめなタイミングは、お風呂あがりです。さらにいうと、タオルドライをしてほどよく水分を吸収させたあと、ヘアオイルを馴染ませるのがより効果的とされています。このタイミングでヘアオイルを馴染ませると、ヘアオイルの吸収率がよかったりドライヤーからの熱ダメージを予防することができるというメリットが挙げられるのです。

毛質にあわせて選ぶ

髪の毛質にあわせてヘアオイルを選ぶと失敗しにくいので、毛質で選ぶというのもおすすめです。まずは細い髪の方ですが、髪が細い場合、ヘアトップが薄くなりがちで、ヘアオイルをぬるとへたってしまう可能性があります。そのため、比較的軽めのヘアオイルを選ぶのがおすすめ。

次にくせ毛ですが、乾燥やダメージなどをうけて髪の毛が全体的にパサつきがちという特徴があります。こ場合、髪の水分量を補ってあげる必要があるため、保湿効果が高く、なおかつダメージヘアをケアしてくれるヘアオイルがいいでしょう。

そして最後に剛毛の場合ですが、髪質が硬いため柔らかくしてくれる成分配合のもの、または不純物が含まれていない天然のものを使うのがおすすめです。このように、髪質ごとに馴染みやすいヘアオイルを使うことでツヤやまとまり感を出すことができます。

ただし、髪質にあわないヘアオイルを使ってしまうと、ベタつきが出たり髪の広がりがおさまらなかったりという状態に繋がるので、自分の髪質とあうものを選ぶようにしてみてください。

ヘアオイルのおすすめ商品といえば?

最後にヘアオイルのおすすめ商品をご紹介していきます。今回は、特に人気のナプラとCHOUCHOUのヘアオイルをピックアップしてみました。

ナプラ / N.シアオイル

ナプラ / N. シアオイルは、天然由来のシアバターを中心に、マルラオイル・超高圧処理した3種のシードオイルなどが配合されて作られています。また、フラーレンも配合されているため、うるおいを保ってくれるセラミドが減少してしまうのを予防できるという特徴も。

そして、肝心のヘアオイルの使い心地ですが、オイル自体は軽めです。それなのにも関わらず、しっかりとうるおいは与えてくれるので、髪質が細い方・柔らかい方に特におすすめだといえるでしょう。香りは爽やかなホワイトフローラルということなので、比較的クセがなくさっぱり使えますよ。

さらに、気になるのが価格。このN.シアオイルは通常サイズの場合、2,600円と少し高めの金額設定となっています。しかし、通常サイズのほかにもトライアルサイズが販売されており、こちらは250円で購入できるため、自分の髪質にあうかあらかじめ試したいという方は、まずトライアルサイズを利用してみるのがおすすめです。

 

CHOUCHOU / モロッカンオイルトリートメント

CHOUCHOU / モロッカンオイルトリートメントは、保湿成分であるアルガンオイルをベースに作られたヘアオイルです。美容成分としてはビタミンが配合されているため、指どおりがよくなめらかでまとまりやすい髪に仕上げてくれます。

また、価格は4,300円と、ヘアオイルのなかでも高い設定なのですが、世界中のモデルや女優といったセレブたちに愛されるほど人気があり、リピート率も高いです。そしてこのモロッカンオイルにあうおすすめの髪質ですが、普通~硬め・剛毛の方向きだとされています。ちなみに香りはバニラムスクなので、しっかり甘めの香りが好きという方におすすめです。

 

ヘアオイルでまとまりある髪に!

即効性が期待でき、ツヤツヤな髪を手に入れることができるヘアオイル。多くのメリットがありながらもケア時間は短時間で済むので、いつものヘアケアに取り入れやすいという特徴があります。

また、手ごろな価格で購入できるヘアオイルが数多くあるため、今まではトリートメントしか使ってこなかったという方も気軽に手を出しやすいので、ぜひ気になるヘアオイルを手に取ってみてくださいね。

このコラムをSHAREしよう!