どうして白髪が生えてくるの? 5つの原因と黒髪をキープする予防法を解説します!

いつの間にか生えている白髪。年齢のせいだと諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。しかし、白髪の原因はあなたの生活習慣に隠れているかもしれません。そこで今回は、白髪の原因や予防法、生えてきた場合の正しい対処法を解説します。

白髪が生えてくる仕組みとは?

そもそも、白髪はどのようにして生えてくるのでしょうか。白髪が生えてくる仕組みを見ていきましょう。

白髪が生えてくる仕組み

あまり知られていませんが、生えてくる前の髪は全て白い色をしています。髪が成長する際にメラニン色素の働きによって色がつき、通常の黒くなった毛が生えてくるのです。メラニン色素を生成するのは、髪を作り出す「毛母細胞」の近くに存在するメラノサイトという細胞。このメラノサイトが、毛母細胞にメラニン色素を渡す役割をしています

しかし、なんらかの原因でメラノサイトの働きが低下し、メラニン色素が毛母細胞に渡されなくなると、色のついていない白い髪が生えてきます。これが白髪の生えてくる仕組みです。

白髪が生えてくる原因5つ

メラノサイトの働きが低下してしまう原因に、加齢や遺伝があるといわれています。これらは自分では変えることができない要素ですが、他にも生活習慣の中に白髪の原因が隠れていることがあります。白髪が生えてくる原因を5つ見ていきましょう。

偏った食生活

偏った食生活が、白髪の原因になっている可能性があります。健やかな頭皮を保つためには、タンパク質やミネラルなどの栄養が不可欠です。

しかし、バランスの悪い食生活を続けたり、ダイエットで食事の量を減らしたりしていると、頭皮に必要な栄養が不足してしまいます。栄養が足りないと細胞の機能が低下し、白髪や他の頭皮トラブルの原因になってしまいます。

睡眠不足

睡眠不足も白髪の原因になるといわれています。健康な髪と頭皮のためには、眠っている間に分泌される成長ホルモンが不可欠です。成長ホルモンは、入眠後3時間程度で活発に分泌されるといわれています。睡眠時間が短かったり眠りの質が悪かったりすると、頭皮の環境が悪化して、結果的に白髪が生えやすい状態になってしまいます。

ストレス

「ストレスで白髪が増える」というウワサを聞いたことがある方も多いはず。ストレスは、頭皮の血流を悪化させ、細胞に栄養が行きわたりにくくしてしまいます

さらに、ストレスは睡眠の質も悪化させます。ストレスは白髪を予防したい方の大敵といえるでしょう。

紫外線

髪の分け目や頭のてっぺんなど、日差しが当たりやすい部分に白髪が集中して生えている場合は紫外線が原因かも。頭皮にたくさんの紫外線が当たると、メラニン色素を破壊してしまうのです。

さらに、メラノサイトがダメージを受けて正常に働くことができなくなってしまう可能性もあります。

眼精疲労

パソコンやスマホの見過ぎで眼精疲労がたまると、白髪の原因になるといわれています。目の疲れによって顔の筋肉が硬直すると、首や肩がこり、頭皮の血流も悪化します。血流が悪化すると、頭皮に栄養や酸素が行きわたりにくくなり、細胞も十分に働くことができなくなってしまうでしょう。

白髪を予防する方法

白髪は、身体の内側と外側から予防していくことが重要です。今日から実践できる、白髪の予防方法をチェックしましょう。

バランスのよい食事をとる

白髪を予防したい方は、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。とくに、以下の栄養素は健やかな頭皮な髪を育てるために重要です。積極的に摂るとよいですね。

  • タンパク質:髪の主成分です。肉や魚、大豆などに多く含まれます。
  • :メラニン色素を作り出す「チロシナーゼ」という酵素の働きを助けます。そばや玄米などの穀物類や、えごまや大豆などの豆類、ごぼうやかんぴょう、バジルなどに多く含まれます。
  • チロシン:メラニン色素のもとになる栄養素です。バナナやアボカドなどの果物や大豆、ナッツ、チーズなどに多く含まれます。
  • ヨード:メラノサイトの働きを高めます。海藻類やカツオ、ブリなどの海産物に多く含まれます。

紫外線対策をする

頭皮に当たる紫外線をカットすることも、白髪予防には重要です帽子日傘で紫外線対策をしましょう。スプレータイプの頭皮用日焼け止めを活用するのもよいですね。

また、紫外線は夏だけでなく1年中降り注いでいます。紫外線対策がおろそかになってしまいがちな寒い季節も注意が必要です。

頭皮マッサージをする

頭皮の血行が悪くなっている方には、頭皮マッサージがおすすめです。頭皮マッサージは、以下の手順で行いましょう。

  1.  頭を両手で抱えるようにして、親指で後頭部を指圧します。首から上にゆっくりと上がっていくようにほぐしましょう。
  2.  そのまま親指で、側頭部をマッサージします。こめかみから耳の後ろまで、親指で小さな円を描くように動かしましょう。
  3.  親指以外の4本指を使って、頭頂部をほぐします。髪の生え際から後頭部まで、頭皮を動かすようなイメージでマッサージしましょう。
  4. 握りこぶしをつくり、平たい面をおでこに当てて、くるくるとマッサージしたら完了です。

美容液でケアする

専用の美容液を使って頭皮を健康な状態に導くことも、白髪予防に役立ちます。ただし、頭皮ケアはこれから生えてくる髪の毛にアプローチするものなので、効果を実感できるまでに時間がかかることを覚えておきましょう。半年~1年程度、根気よくケアをする必要があります

のちほど、おすすめの頭皮用美容液をご紹介しますので、チェックしてくださいね♪

生えてきた白髪への対処法

予防を心がけていたとしても、白髪が生えてしまうこともありますよね。白髪が生えてきた時の正しい対処法をご紹介します。

根本から切る

白髪の本数が少ない場合は、切ってしまうのがおすすめです。目立たないように根本からカットしてくださいね。

白髪を見つけると抜く方がいますが、避けた方がよいでしょう。その理由は、無理やり抜くことで毛根が大きなダメージを受けるからです。毛根がダメージを受けると、癖のある髪が生えてきたり次の毛が育たなくなったりしてしまう可能性があります。白髪を抜く対処法は避け、頭皮に優しい切る方法を選択しましょう。

白髪染めで染める

白髪の本数が多い場合は、白髪染めで対処しましょう。ドラックストアには多くの白髪染めが販売されているので、手軽に対処したい方はセルフで染めるのがおすすめです。

自分で染めるのが心配な方は、美容院で染めてもらうことも可能です。美容師さんに相談してみましょう。

カラートリートメントを使う

白髪染めによる髪の痛みが気になる方には、カラートリートメントがおすすめ。通常のトリートメントのように、髪を補修しながら白髪を染めることができるので、髪が痛みにくいのが魅力です。

ただし、カラートリートメントは回数を重ねることにより徐々に染まっていくので、即効性はありません。すぐに白髪を染めたい方には不向きといえるでしょう。逆に、白髪を染めたことを周囲にバレたくないという方にはぴったりですね♪

頭皮や髪を健康に!おすすめのアイテム

白髪が気になる方におすすめしたいアイテムをご紹介します。

Product(プロダクト) / スキャルプリバイタライザー

頭皮マッサージをする時にぴったりな頭皮用のオイル美容液です。イブニングプリムローズ(月見草)エキスホホバオイルが頭皮にうるおいを与え、健やかな状態に導きます。

イブニングプリムローズエキスには血行を改善する効果も期待できるので、白髪を予防したい方にもおすすめです。

ネイチャーラボ / Bosley(ボズレー)ブラックプラスシリーズエッセンスプレミアム

Bosleyブラックプラスシリーズエッセンスプレミアムは、最先端技術であるブラックリバース処方がされた頭皮用美容液。ブラックリバース処方とは、頭皮環境を改善する成分の働きによって、健やかな状態に導く処方です。頭皮を健康にすることで、結果的に白髪を減らす効果が期待できるかもしれません。

半年使ったら白髪染めの回数が減ったという口コミも寄せられていますよ♪

LABOMO(ラボモ) / スカルプアロマ ヘアカラートリートメント メイリー

LABOMO(ラボモ) / スカルプアロマ ヘアカラートリートメント メイリー
LABOMO(ラボモ) / スカルプアロマ ヘアカラートリートメント メイリー

カラートリートメントをお探しの方には、LABOMO の「スカルプアロマ ヘアカラートリートメント メイリー」がおすすめです。

髪に塗ってたった3分待つだけで、手軽に白髪を染めることができます。モモ葉エキスやシアバターなどの美容保湿成分が18種類配合されているので、白髪ケアだけでなく美しい髪に導く効果も期待できるでしょう。

白髪を予防して若々しい髪をキープしよう!

白髪が生える原因や予防法を解説しました。「白髪が生えるのは年齢のせいだから仕方ない」と諦めずに、生活習慣を見直して予防を心がけましょう。すでに生えている白髪は、頭皮にダメージを与えないように、切ったり染めたりして対応することが重要です。白髪と上手に付き合って、若々しい髪をキープしましょう!

このコラムをSHAREしよう!